<   2008年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 

ひとりの時も

b0100078_2145482.jpg
b0100078_21465658.jpgSV-587 ビクターレコード 330円
A面 ひとりの時も  
B面 こんなに愛しているのに

ひとりの時も 幸せはあるさ
だから涙をすてて 夢を探そうよ
二人の時も 悲しみはあるさ
だから手をとり合って 愛を語ろうよ
 

 1967年の7月に発売された吉永小百合さんと荒木一郎さんの夢のデュエット・シングルひとりの時も」です。作詞・作曲は荒木一郎さん、編曲は服部克久さん。快調なテンポで歌われる明るい曲調のナンバー。タイトルの上のほうに日活映画『協奏曲』の主題歌とありますよ。B面は小百合さんのソロ「こんなに愛しているのに」。こちらも荒木一郎さんの作詞・作曲で、服部克久さんの編曲。愁いを含んだ小百合さんの表情が素敵ですわ☆
b0100078_21472377.jpg

こんなに愛しているのに あなたは知らんぷりよ
夜空の星のように 冷たく光るだけ

こんなに想っているのに あなたは知らんぷりよ
水辺の風のように 冷たく歌うだけ
[PR]

by mokki_h | 2008-06-30 21:50 | 吉永小百合 | Comments(2)  

ゴールデン・テナー・サックス

b0100078_2021325.jpg
b0100078_203776.jpgSWG-12 日本ビクター 600円

A1 ハーレム・ノクターン
A2 ナイト・トレーン  

B1 エストレリータ
B2 煙が目にしみる
B3 アル・ディ・ラ  

 魅惑のテナー・サックス演奏を収録した、ビクターのゴールデン・コンパクト・シリーズの第12集『ゴールデン・テナー・サックス』です。A面の1曲目はお色気ムード・テナーの定番「ハーレム・ノクターン」。「ハーレム・ノクターン」といえば、サム・テイラーさん、サム・テイラーさんといえば「ハーレム・ノクターン」ときますが、このA1と2曲目の「ナイト・トレーン」は、R&Bサックスの第一人者、キング・カーティスさんの演奏です。「ナイト・トレーン」は映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の ”魅惑の深海パーティー”の最初のほうでちらっと聴くことの出来る、タッタタッタタッタッタッタいうあの曲ですよ。B面の1曲目は、ロマンチックな南国のムードを描いた夜のテナーの代表的なナンバー「エストレリータ」。演奏はウィリス・ジャクソンさん。2曲目は、エディー・ロックジョー・デイビスさんの演奏による美しいスタンダード・ナンバー「煙が目にしみる」。ラストの3曲目は再びウィリス・ジャクソンさんの演奏で「アル・ディ・ラ」。アコースティック・ギターの伴奏がお洒落でイカしてます。うーん、テナー・サックス集なのにテナーの王者サム・テイラーさんが聴けないなんてぷんぷん、いう時はこちら。同じ写真をジャケットに使ったビクターのゴールデン・カップル・シリーズ「裸足のボレロ/アナスタシア」がありますわ。
b0100078_2033844.jpg
SJET-1103 日本ビクター 400円
A面 裸足のボレロ  B面 アナスタシア 
[PR]

by mokki_h | 2008-06-29 20:11 | Comments(0)  

セクシィ

b0100078_156228.jpg
b0100078_156513.jpg06SH 5 CBS・ソニー 600円
A面 セクシィ  
B面 ちいさなため息  

子供みたいに 笑うあなたが
急に黙って セクシィ
旅に出るなら 夜の飛行機
つぶやくあなた セクシィ


 1976年の6月に発売された下田逸郎さんのシングル盤「セクシィ」です(タイトル表記は「セクシイ」でなくて「セクシィ」。b0100078_1572384.jpgセクシィの「ィ」の字をちゃんと小さく書いてくださいね。はい「セクシー」も違いますよ、シーと伸ばしてはいけませぬ。「シィ」ですよ「シィ」。色香恋次郎さんのセクスィー部長も馬鹿馬鹿しくて大好きですが、残念ながら「セクスィー」も却下です)。逸郎さんの作詞、作曲、そして編曲。ポリドールからCBS・ソニーへ移籍されてからの最初のアルバム『さりげない夜』(25AH 4)からのシングルカット。夜の深さに ふたり溶けてゆくのね の「溶けてゆく」のゆよーんとしたC7の響きがまたセクシィなんですわ☆
[PR]

by mokki_h | 2008-06-28 15:13 | 下田逸郎 | Comments(2)  

街はボサノバ

b0100078_20335359.jpg
b0100078_20345275.jpgECLB-31 エピック 500円
A面 街はボサノバ  
B面 二人だけの無人島  

カメラなんか持って来ない
証拠残しちゃやばいから
誰も見ているものはない
二人で裸でホイホイホイのホイホイっ


 「はじらい」に続いて、1976年の1月に発売された長谷直美さんのシングル盤「街はボサノバ」です。じゅん順弥さんの作詞、浜口庫之介先生の作曲、川口真さんの編曲。ぐっとアダルトな雰囲気のジャケット写真のイメージ通りのお洒落なサウンドが妖しく響くA面ももちろんいいですが、なんといっても素晴らしいのは、その弾けっぷりが尋常でないB面の「二人だけの無人島」(浜口先生の作詞・作曲、川口真さんの編曲)。適当に思いついたようなメロディーとアホらしさ満開の歌詞、そしてホイホイいうヘンな掛声が、もうたまりませんわ☆

ちょっと小遣いためて(ホイっ)
テントかついで行きましょう(ソレっ)
金曜、土曜、日曜日(ハイっ) 
三日もあれば ホイホイホイのホイホイっ
無人島(ホイっ)無人島 無人島
[PR]

by mokki_h | 2008-06-26 20:37 | 長谷直美 | Comments(2)  

はじらい

b0100078_2242166.jpg
b0100078_2245913.jpgECLB-17 エピック 500円
A面 はじらい  
B面 誰にもないしょ  

心の服を 
みんな脱ぎすて
生まれたまんまの
私になるの


 1975年の4月に発売された長谷直美さんのシングル盤「はじらい」です。作詞は、なかにし礼さん、作曲は村井邦彦さん、編曲は馬飼野康二さん。ジャケット写真の直美さんのちょっとビーバーな口元がなんとも可愛らしいですわ☆ でも恥ずかしい ちょっと恥ずかしい お部屋の灯り 消して B面「誰にもないしょ」も、なかにし礼さんの作詞、村井邦彦さんの作曲、馬飼野康二さんの編曲による恥ずかしソング。R&B風の味付けがちょっとかっこいいんです。

誰にもないしょなの 秘密なの
キスをかわしたこと
その場所ないしょなの 秘密なの
[PR]

by mokki_h | 2008-06-25 22:09 | 長谷直美 | Comments(2)  

私は好奇心の強い女

b0100078_21245276.jpg
b0100078_21263336.jpgETP-2782 東芝音楽工業 500円
A面 私は好奇心の強い女  
B面 青春  

私は20才の 嫁入り前の女の子
いつも町で 男をあさるのよ
今日の彼は とってもいい男
だーけど頭が 少々足りないの



b0100078_21275034.jpg 
 1972年の12月20日に発売されたイルカこと保坂としえさんとカメ吉くんこと神部和夫さんの男女フォークデュオシュリークスのシングル盤「私は好奇心の強い女」です。観客席からの「としえちゃーん!」の声に「はいヨ」と答えるところから始まる楽しいライブ録音で、作詞・作曲は神部和夫さん、編曲は瀬尾一三さん。1971年の4月に公開されたスウェーデン映画『私は好奇心の強い女』からとられたその衝撃的なタイトルとちょっとエッチな歌詞が面白いですわ☆

今日の彼は 筋肉モリモリと 
だーけど フフーフフン フンフンだめなのよー
はぁ 残念ね 残念ね ホントにくやしいわぁー 
またの明日に 私はもだえるの

B面はスタジオ録音で、神部さんのボーカルにイルカさんがハモリをつける軽快なナンバー「青春」。
b0100078_21303983.jpg

赤いフンドシ きりりとしめて
あの娘と楽しい 水浴びしよう
雷ゴロゴロ 雨々ザザザ
楽しい夏の 夕立ちの時
[PR]

by mokki_h | 2008-06-24 21:45 | シュリークス | Comments(4)  

さよならをいう気もない

b0100078_21493640.jpg
b0100078_21503665.jpgDR 6070 ポリドール 600円
A面 さよならをいう気もない  
B面 つめたい抱擁  

ハイヒールのかかとが折れて歩けない
ああ この先へは進めない歩けない
はしゃぎ過ぎた子供がベソをかくように
ああ 私ついてない 運がない


 1977年の2月1日に発売されたジュリーのシングル盤「さよならをいう気もない」です。作詞は阿久悠さん、作曲は大野克夫さん、編曲は船山基紀さん。ジュリーにしては珍しい男が歌う女歌。阿久悠さんのドラマチックな歌詞がホントかっこいいです。それでこの「かかとの折れたハイヒール」のフレーズでピン!とくるのが、約半年前の1976年の8月25日に発売された、同じ阿久悠さんと大野克夫さんのコンビによる、桜田淳子さんのヒットシングル「ねえ気がついてよ」のB面曲「かかとの折れた靴をさげ」。淳子さんは、かかとの折れたハイヒールなら左手に下げて帰ると歌い、ジュリーは2番の出だしで、ハイヒールを両手に下げて歩き出すと歌っています。そして淳子さんが、映画にあったシーンのように噴水の広場を走り、くるくるまわって踊ってみたいと心が思っているのは、おかしいかしら?と尋ねるところを、ジュリーはミュージカルの場面のようにおかしいけれど私、歌えない踊れない。はい、そこでこの2曲を『かかとの折れたハイヒール 二部作』と呼ぶことに決めましたよ。
b0100078_2153181.jpg
b0100078_21545745.jpgSV-6094 ビクター音楽産業 600円
A面 ねえ気がついてよ  
B面 かかとの折れた靴をさげ  

かかとの折れたハイヒールなら
左手に下げて帰ります
右手はあなたの握手のぬくみが
今でも残っているのです

[PR]

by mokki_h | 2008-06-23 22:02 | ザ・タイガース | Comments(0)  

さらば

b0100078_1642421.jpg
b0100078_1644472.jpg06SH 383 CBS・ソニー 600円
A面 さらば  B面 いいじゃないか  

赤々と咲く 曼珠沙華
ひゅるひゅると泣く 秋の風
今男ひとり たたずみ
唇に煙草くわえて
過ぎた恋を 思い出す


 1978年の9月1日に発売された清水健太郎さんのシングル盤「さらば」です。作詞は阿久悠さん、作曲は吉田拓郎さん、編曲は拓郎さんと石川鷹彦さん。もともとは藤公之介さんの歌詞に拓郎さんが曲をつけた、ショーケンのために用意された素晴らしい楽曲「君うるわしのかんばせ」が、b0100078_1654821.jpgどういうわけかボツになり(作詞をされた藤さんがイメージに合わないと却下されたのか、それともショーケン・サイドからこの曲ではダメっ、ていう判断をされたのか、はたまた拓郎さんが「やっぱりショーケンにこの曲はあげないもんね」と意地悪されたのか、トンとわかりませぬが)藤さんの歌詞はそのままで拓郎さんに代わって森田公一さんが曲をつけた「美わしのかんばせ」が、ショーケンの1975年の8月に発売されたアルバム『惚れた』(ワーナー・パイオニア L-10009E)のA面トップに収録され、ボツになった拓郎さんの曲はそのままで、阿久悠さんが新たに歌詞を書いて出来上がったのが、健太郎さんの「さらば」というわけです。あー、ややこしややこし。
b0100078_168588.jpg

君 うるわしのかんばせを
わが枕辺に 近づけて
熱きくちびる 重ねよや
時うつろいて 過ぎぬ間に

[PR]

by mokki_h | 2008-06-22 16:23 | 清水健太郎 | Comments(2)  

一匹狼(ローン・ウルフ)

b0100078_2191557.jpg
b0100078_21102186.jpgN-34 キャニオン・レコード 600円
A面 一匹狼(ローン・ウルフ)  
B面 ターン・テーブル  

明日からは ひとりじゃないよ
バラのよな 笑顔を見せてよ
明日からは ひとりじゃないよ
哀しみを 分けておくれよ


 「無鉄砲」に続くツッパリ路線第3弾シングルとして1978年の9月21日に発売された「一匹狼(ローン・ウルフ)」(東海林良さんの作詞、大野克夫さんの作曲、大村雅朗さんの編曲)は、木之内みどり様の最後のシングル盤になってしまいました。はぁー残念、うー残念。くやしいのでコカコーラの黒いTシャツがかっこいい、みどり様の「Gパンのポケットがとっても気になる」79年の秘蔵生ショット3連発を☆
b0100078_21112522.jpg
b0100078_21121416.jpg
b0100078_21122897.jpg

[PR]

by mokki_h | 2008-06-20 21:26 | 木之内みどり | Comments(0)  

無鉄砲

b0100078_21515871.jpg
b0100078_21525762.jpgN-30 キャニオン・レコード 600円

A面 無鉄砲  
B面 ひと夏の兄妹  

男のくせに クドクドと
泣き言なんか よしてよと
あたしは首のネックレス
ちぎって鏡へ 投げつけた





b0100078_21535235.jpg 1978年の6月25日に発売された木之内みどり様のシングル盤「無鉄砲」です。東海林良さんの作詞、大野克夫さんの作曲、船山基紀さんの編曲。2月25日に発売された前作「横浜いれぶん」から始まったプチツッパリ路線の第2作目で、カントリータッチのイントロのギターもバッチリ決まった可愛くてかっこいいナンバー。とくにBメロの「五つも年上の あの人が あたしの無鉄砲さに オロオロしてく」の「く」のとこが、たまらんですわ。オロオロしてくぅ♪ B面は、感傷的なナンバー「ひと夏の兄妹」。兄妹は「あにいもうと」と読んでくださいね。メロディーラインがちょっとだけ竜童さんっぽいですが、こちらもA面と同じ大野克夫さんの作曲、東海林良さんの作詞、船山基紀さんの編曲です。
[PR]

by mokki_h | 2008-06-19 22:17 | 木之内みどり | Comments(0)