人気ブログランキング |

<   2007年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

甘い経験

b0100078_2363518.jpg

SV-1186 ビクターレコード 500円
A面 甘い経験  B面 昼さがりの秘密

そこからジュースを 飲んだらだめよ〜
私が口を つけたとこよ〜


1974年6月25日発売のシェリーさんのシングル盤「甘い経験」です。デビュー時の愛称はレコちゃんだったそうです(本名は安部玲子さん)。レコちゃんってレコスケくんみたいで可愛いですね。とってもハイテンションな弾けるような歌いっぷりが気持ちいいですわ。あまい けいけう〜んとよく伸びる声もいい。山上路夫さんの作詞、馬飼野康二さんの作・編曲です。
b0100078_15354184.jpg

by mokki_h | 2007-03-31 23:10 | シェリー | Comments(6)  

サンシャイン・スーパーマン

b0100078_2083074.jpg

SONE 7005SB CBS・ソニー 600円
A 1 ハーディー・ガーディー・マン  2 メロー・イエロー
B 1 ジェニファー・ジュニパー 2 サンシャイン・スーパーマン

CBS・ソニーの『ホール・オブ・フェイム・シリーズ』と題されたコンパクト盤『ドノバン・グレーテスト・ヒット』です。同名のアルバムから4曲だけ選んで収録してあります。ハーディーガーディハーディーガーディガーディヒサ〜ングふわふわした曲にバックをつけているグワ〜ングワ〜ンとうるさく歪んだサイケなギターはジミー・ペイジさん、ダダダダダダダドドカドカドンのドラムスはボンゾです、かっこいい!。デイコーミメロイェロ〜メローイエロー そういえば『メローイエロー』っていうなかなか美味しい黄色い炭酸飲料がありましたね。b0100078_2092249.jpgでもとっても訳しきれない味のメローイエローはスペルが[mellow yellow]でなくて[mello yello]でした。(wがついておりませぬ。)ジェニッファ〜ジュニッパ〜ジェニファジュニパ〜もメルヘンチックで可愛くてとってもいいですが、ちょっと真似をしたくなるのは、やはりグルーヴィーでイカすサンシャイン・スーパーマンです。

(ディンディンドゥディ ディーディドゥディッ)
C7]サンシャインケイムソッフトリ ヤスルーマ〜 
アウィンドゥトゥデ〜イ
C7]クッルトリップタウティージー バラ〜ヴ 
アチェンジマウェ〜イ
F]イルテイクタ〜ムアイ ノウイット 
バリンナワイ〜ル
C7]ヨーゴナビーマイン アイノウイット 
ウィドゥイリンスタ〜イル

G7]コーズアイ メイドマイ マ〜インダップヨー
F]ゴーイントゥビーマイン アイテリューライナウッ!

by mokki_h | 2007-03-30 20:15 | ドノヴァン | Comments(0)  

もう春です

b0100078_18202075.jpg

おお春が来た 窓を開けよう
新しい空気が 空いっぱいに
おもかじいっぱい 夢もいっぱいのせて

                斉藤哲夫「もう春です」
        
b0100078_188118.jpg今日は朝からお弁当を持って近所にある『ファミリーパーク』に遊びに行ってきました。けっこうむき出しのてんとう虫くんモノレールにガタゴト揺られて、白鳥さんのかたちをした足漕ぎボートをキコキコして、ゴーカートにびゃ〜っと乗って、お尻の痛いローラー滑り台で悲鳴上げて、芝生にゴロンと寝ころんで、楽しい楽しい春休み。

by mokki_h | 2007-03-29 18:14 | Comments(2)  

霧のマウンテン

b0100078_20481666.jpg

LL-2090-C 日本コロムビア 370円
A面 霧のマウンテン  B面 砂と泡

b0100078_125794.jpg1967年10月発売のドノヴァンのシングル「霧のマウンテン」です。陽気なラテンっぽいリズムにのせて歌われるのは「最初に山があって次には山がなくなってそれからまた山があって」といったわかったようなわからないような歌詞
フォフォフォフォフォーフォフォッと鳴る笛の音がとってもラブリーです。

最初に[A]ジャンジャン[E]ジャジャン[A]ジャンとやって、後はずっとAオンリーでジャーツクジャーツク楽し気に延々と弾き続けましょう。

(ダッツライッ!)
ダロッカポンマイ ガードゥンゲイツァ 
スネーイルダッツ ワッティティズ
ダロッカポンマイ ガードゥンゲイツァ 
スネーイルダッツ ワッティティズ
ファーストデアリザ マウンテンデンデア 
イズノウマウンテン デンデイズ
ファーストデアリザ マウンテンデンデア 
イズノウマウンテン デンデイズ
(オーイェ ダッツライッ!)

キャータピラ シェズヒズスキントゥ 
ファインダ バタ フライウィズィン
キャータピラ シェズヒズスキントゥ 
ファインダ バタ フライウィズィン
ファーストデアリザ マウンテンデンデア 
イズノウマウンテン デンデイズ
ファーストデアリザ マウンテンデンデア 
イズノウマウンテン 

オゥワニータ! オゥワニータ!
オゥワニータ アイコーリョーネイ〜ム 
             (裏声でファ〜ッ)
call your nameのnameのところでF♯m
ここが大好きです!ふたたびAを繰り返します。

オゥ ダスノウイルビーア ブラインディンサイト 
トゥーシーアジットライズオンヤンダー ヒルサ〜イド

ダロッカポンマイ ガードゥンゲイツァ 
スネーイルダッツ ワッティティズ
ファーストデアリザ マウンテンデンデア 
イズノウマウンテン デンデイズ
            (エッブリバディ!)

ファーストデアリザ マウンテンデンデア 
イズノウマウンテン デンデイズ
ファーストデアリザ マウンテンデンデア 
イズノウマウンテン デンデイズ

b0100078_20492940.jpgこの「霧のマウンテン」をテーマにした、オールマンの「マウンテン・ジャム」(2枚組アルバム『イート・ア・ピーチ』のside2とside4 全部を使って繰りひろげられる、演奏時間34分43秒の長〜いジャム)も最高にかっこいいですね。左チャンネルのデュアンさんと右チャンネルのディッキーさんの2本のレス・ポールが「霧のマウンテン」の主題を至福のアンサンブルで奏でた後の、デュアンさんの最初のソロが始まって25秒くらいのところから10秒間ほど聴くことが出来る、ちょっと変わったフレーズは、やはりよくいわれるようにタンタンタララ〜ンのラ〜を「あらー」っていうくらい外してしまったのをそのままインド音楽風というかラーガっぽく弾いて誤魔化したものなのでしょうかね。

by mokki_h | 2007-03-28 21:01 | ドノヴァン | Comments(2)  

ドンナ・ドンナ

b0100078_21553141.jpg

b0100078_21565648.jpg45S-238-Y 
日本コロムビア 370円
A面 ドンナ・ドンナ
B面 キャッチ・ザ・ウィンド

英国の吟遊詩人ドノヴァンの1966年の10月に発売されたシングル「ドンナ・ドンナ」です。
ジョーン・バエズさんの澱みなく美しいバージョンとは趣を異にする、ゴツゴツとした手触りのプリミティヴな味わい。歌詞もちょっとだけ変えて歌われています。

イントロはAmEを4回繰り返して

Am]オンナ[E]ワーゴン
Am]バウンフォ[E]マーケッ
Am]デアザ[F]カーフウィダ
Am]モーン[E]フォー[Am]ライ

Am]ハイア[E]バーヴイム
Am]デアザ[E]スワーロウ
Am]ウィンギン[Dm]スィフトリイ
Am]スルー[E]ダ[Am]スカイ

G]ハウダウィンザー[C]ラーフィン 
G]デイラーフウィズオールデア[Am]マーイト

G]ラヴアンラーフダ[C]ホール
E7]デイ[Am]スルーアン
E]ハーフダサマーズ[Am]ナーイト

E]ドナドナドーナ[Am]ドーナ
G]ドナドナドーナ[Am]ドーン
E]ドナドナドーナ[Am]ドーナ
E]ドナドナ[Am]ドー
E]ナ[Am]ドーオーオーン

Am]スタップコン[E]プレイニン
Am]セッダ[E]ファーマー
Am]フートー[F]ルージューア
Am]カーフ[E]トゥ[Am]ビー

Am]ワイキャント[E]ユーハヴ
Am]ウィングストゥ[E]フラーイウィズ
Am]ライクダ[Dm]スワーロウソ
Am]プラウ[E]ダン[Am]フリー

G]ハウダウィンザー[C]ラーフィン 
G]デイラーフウィズオールデア[Am]マーイト

G]ラヴアンラーフダ[C]ホール
E7]デイ[Am]スルーアン
E]ハーフダサマーズ[Am]ナーイト

E]ドナドナドーナ[Am]ドーナ
G]ドナドナドーナ[Am]ドーン
E]ドナドナドーナ[Am]ドーナ
E]ドナドナ[Am]ドー
E]ナ[Am]ドーオーオーン


Am]カーヴズアー[E]イジリー
Am]バウンダン[E]スロウタード
Am]ネヴァ[F]ノウイングダ
Am]リー[E]ズン[Am]ワーイ

Am]オーワイキャント[E]ユーハヴ
Am]ウィングストゥ[E]フラーイウィズ
Am]ライクダ[Dm]スワーロウユ
Am]ラーンド[E]トゥ[Am]フラーイ

G]ハウダウィンザー[C]ラーフィン 
G]デイラフウィズオールデア[Am]マーイト

G]ラヴアンラーフダ[C]ホール
E7]デイ[Am]スルーアン
E]ハーフダサマーズ[Am]ナーイト

E]ドナドナドーナ[Am]ドーナ
G]ドナドナドーナ[Am]ドーン
E]ドナドナドーナ[Am]ドーナ
E]ドナドナ[Am]ドー
E]ナ[Am]ドーン

b0100078_2293114.jpgB面は、曲想、歌い方、ギター、ハーモニカ、どれをとってもディラン度満点の「キャッチ・ザ・ウィンド」。イギリスのディランここにあり!ですね。

by mokki_h | 2007-03-27 22:16 | ドノヴァン | Comments(2)  

ドンナ・ドンナ

b0100078_21264799.jpg

PP-44 キングレコード 450円
A1 ドンナ・ドンナ  A2 ハウス・オブ・ライジング・サン
B1 オルフェの歌  B2 リパブリック讃歌

1965年に発売されたフォークの女王ジョーン・バエズさんのコンパクト盤『ジョーン・バエズ・ベスト4』です。

ドンナ・ドンナ
ある晴れた 昼さがり いちばへ 続く道という安井かずみさんの訳詞で、日本でも広く知られている悲しい悲しい歌「ドナドナ」です。原曲の作詞はアアロン・ザイトリン、作曲はシュロム・セクンダという共にユダヤの人によるもので、ジョーン・バエズさんが1961年に歌って大ヒット、日本では1964年にリリースされました。

市場に向う馬車の上で、一頭の子牛が悲しそうに空を見上げる
空にはツバメがスイスイと飛び、風が笑うように吹いている
農夫は子牛に言った「グチをいうなよ。子牛に生れて来たのが悪いんだからな。どうして、あの自由なツバメのように羽を持って生まれなかったんだ。」子牛は簡単に殺されてしまう その理由さえ分からずに。しかし、一体誰が、ツバメが空を飛べるようなそんな自由を持っているのだろうか


ハウス・オブ・ザ・ライジング・サン
「朝日のあたる家」。ディランも歌っていますが、なんといってもアニマルズのバージョンが有名ですね。高田渡さんも「朝日楼」のタイトルで歌っていた売春宿の歌。ちあきなおみさんによる浅川マキさん版「朝日楼」のカヴァーも秀逸でした。

オルフェの歌
1959年の映画「黒いオルフェ」の主題歌で、原題は「Manha De Carnaval=カーニヴァルの朝」。

リパブリック讃歌
「グローリグロリハレル〜ヤ」です。日本では「太郎さんの赤ちゃんが風邪ひいた〜」や「おたまじゃくしはカエルの子〜」といったヘンな歌詞で広く親しまれていますね。

by mokki_h | 2007-03-26 21:39 | ジョーン・バエズ | Comments(2)  

悲しき天使

b0100078_12434522.jpg

b0100078_12452571.jpgEP-1131 東芝音楽工業 400円
A面 悲しき天使  
B面 ヘイ・ジュード

木枯しのまちをゆく
ひとりぽっちのわたし
思い出の広場で
おもわず足を止める


和製メリー・ホプキン広川あけみ様の1968年12月発売のシングル盤「悲しき天使」です。「悲しき天使」を日本語で歌ったものというと森山良子さんのそれがよく知られているわけですが、私は断然アッペ派です。テンガロンハットを被ってガットギターを手にしたジャケット写真も可愛くてvery good☆ 森山さん版と同じく漣健児さんの訳詞で、編曲は青木望さん。B面の「ヘイ・ジュード」も日本語で歌われていますが、こちらは片桐和子さんの訳詞で、青木望さんの編曲。日本語のビートルズ・ソングもなかなか趣がございますね。嬉しさ2倍の赤盤ですわ。

ヘイ ジュード こころの とびらを 広くあ〜け〜て〜
悲しい うたを忘れて〜 しあわせを みつけよう〜

by mokki_h | 2007-03-25 13:07 | 広川あけみ | Comments(6)  

ワイルドでいこう!

b0100078_14432162.jpg

HR-2457 東芝音楽工業 400円
A面 ワイルドでいこう!  B面 ザ・プッシャー

ゲッチョモララ〜ニン
 1969年のアメリカ映画『イージー・ライダー』(日本公開は70年1月)のサウンド・トラック盤荒野の狼ステッペンウルフの「ワイルドでいこう!」です。ジャケットのキャプテン・アメリカことピーター・フォンダさんがかっこいいですね。映画の中ではザ・バンドの「ウェイト」やジミヘンの「もしももしも=If six was nine」、それから大好きなバーズの「イージーライダーのバラード」など素晴らしい曲が沢山使われていましたが、なんといっても冒頭のシーンで使われたこの「ワイルドでいこう!」が印象的でしたね。さて、ちょっと真似をしてみましょうか。

 ジャーッジャッジャージャジャーッジャンジャンは人さし指で7フレット目をバレーするEコードを[EC♯D]と移動させて弾くのが簡単でそれらしい雰囲気が出ます。6弦を押さえずにEの開放のまま鳴らしっぱなしで弾くのもなかなか気持ちいいですよ。レコードのかっこいいドライブ感を出すにはジャーの後のツクツクカッティングをかっこよくきめること。ツクツクは右手でミュートすると同時に左手の弦を押さえる力を緩める要領で充分リズムにのりましょう。

E]ゲッチョモララ〜ニン
C♯DE]ヘラロンダハイウェイ
C♯DE]ルッキンフォアドベンチャ〜 
C♯DE]インワレバカムザウェ〜イ

G]イェア[A]ゴラゴナ[E]メイキトハプン 
G]テッカ[A]ワールディナ[E]ラビンブレイス
G]ファー[A]オーロビョ[E]ガンズアットワンスアン 
G]イクス[A]プロー[E]ディントゥスペイス

E]アィライクスモウカンライニン 
C♯DE]ヘビメラルサンダ〜
C♯DE]レイシンギンダウィ〜ンド 
アンダ[C♯DE]フィーリンライムアンダ〜

G]イェア[A]ゴラゴナ[E]メイキトハプン 
G]テッカ[A]ワールディナ[E]ラビンブレイス
G]ファー[A]オーロビョ[E]ガンズアットワンスアン 
G]イクス[A]プロー[E]ディントゥスペイス

E]ライカトゥルーネイチャチャイルド ウイワー
G]ボ〜ン ボーントゥビワ〜イルド ウイキャン
A]クライムソハイ[G]アイネバウォンル[E]ダ〜イ

そして ボ〜ントゥビーワ〜アァイ〜
もういっちょ ボ〜ントゥビーワ〜アァイ〜
Eでボーン、Dに下がってワ〜ア、4弦7フレットと3弦6フレットと2弦5フレットを押さえてアアイ〜 とやりましょう。

b0100078_14441486.jpg

HR-2236 東芝音楽工業 400円
A面 ロック・ミー  B面 ワイルドでいこう!

今では誰でも知っている「ワイルドでいこう!」ですが、『イージー・ライダー』で脚光を浴びる前に[ニュー・ロック・ベスト・ヒット・シリーズ]としてシングル・カットされた時は、誰も知らない「ロック・ミー」のB面でした。メンバーの風体がワイルドすぎるくらいワイルドですね。そしてタイトルの下に☆(コーラス)ステッペンウルフの文字。

by mokki_h | 2007-03-24 15:01 | ステッペンウルフ | Comments(4)  

まことちゃん

b0100078_19481338.jpg

SCS-338 日本コロムビア 500円
A面 まことちゃん  B面 ビチグソロック

さんかく しかく まる ばってん
さんかく しかく まる ぞうさん
はなですうもの なんれしょう


 ぞうさん!ざんねんれした、そうじきら。1977年3月に発売されたシングル盤「まことちゃん」です。作詞は楳図かずおさん、作曲はイルカさん、編曲は石川鷹彦さん。歌っているのは劇団若草所属の無名子役、野下まことくん、台詞は山口奈々さんですよ。
b0100078_1913214.jpg

 B面はサノバビッチなタイトルがイカす、とってもくだらないロックンロール調の冗談ソング「ビチグソロック」。作詞・作曲は楳図さん、編曲はの内山修さん。快調なテンポで気持ち良さそうに歌う楳図さんに華麗なバック・コーラスをつけているのは竹内まりこさん、竹内ゆりこさん、竹内えりこさんの三姉妹グループザ・チャープス

ビチグソロックで いちにち  きょうも ビチビチ
トンカチ ものさし バッチリ ぶたれる


b0100078_23142014.jpg ギャグ漫画の『まことちゃん』も面白かったのですが、やはり楳図かずおさんというと『黒いねこ面』や『まだらの恐怖』に代表される一連の恐怖漫画が忘れられません(短篇の『肉面』とか『半魚人』なんかもよかったです)。なかでも赤んぼう少女タマミちゃんが大活躍する『のろいの館』が、映画のようにダイナミックでドキドキするストーリー展開と、タマミちゃんの独特のキャラクターが最高に怖くて大好きでした。b0100078_20561712.jpg納涼シーズンになるとよくTVでやっていた『ザ・ガードマン』や『キイハンター』の[怪談シリーズ]と同じくらい怖かったですわ、タマミちゃん。

by mokki_h | 2007-03-23 21:03 | 楳図かずお | Comments(10)  

ホワッド・アイ・セイ

b0100078_20373712.jpg

HIT-1202 キングレコード 330円
A面 ホワッド・アイ・セイ  B面 愛さずにいられない

b0100078_20571136.jpg偉大なるR&Bシンガーレイ・チャールズさんの1959年の最高傑作「ホワッド・アイ・セイ」と1962年の世界的なヒット曲「愛さずにいられない」のカップリングで1965年に発売されたシングル盤です。かっこいい「ホワッド・アイ・セイ」は簡単なKey in Eの12小節ブルース進行ですから、すぐに真似できますね。イントロのティンティントンテンティンティトントテンはローコードのEのフォームで[6弦→5弦→4弦の薬指をゆっくりハンマリングオン]を繰り返しましょう。レイレッツとの愉快な掛け合いう〜ぅ(う〜ぅ)お〜ぉ(お〜ぉ)うーほうーほーふほへほひふへほも忘れずに。誰かさんが近くにいたらレイレッツの代わりに是非参加していただきませう。「ホワッド・アイ・セイ」は1966年のブルースブレイカーズのアルバムでも聴くことができますね。クラプトンさんが途中で「デイトリッパー」の有名なフレーズを挟むところがお茶目でいいです。「ハイダウェイ」や「オール・ユア・ラブ」の真似に飽きたら、b0100078_20513857.jpgこっちも真似してみましょう。お茶目といえば1971年6月発売の拓郎さんのライブ盤たくろうオンステージ/ともだち』のB面3曲目、「レイチャールズをやります」と言って始まり、すぐに終わる「わっちゃいせい」も忘れられません。

ジャケット裏には1965年当時にキングレコードから発売されていたシングル盤の宣伝が載っているんですが、これがじつに豪華絢爛であります。[映画音楽特集]の中にナルシソ・イエペス先生の「禁じられた遊び」を見つけました。
b0100078_20574811.jpg

by mokki_h | 2007-03-22 21:06 | レイ・チャールズ | Comments(10)