人気ブログランキング |

<   2007年 01月 ( 29 )   > この月の画像一覧

 

女はそれをがまんできない

b0100078_22244746.jpg

SONA 86180 CBS・ソニーレコード 400円
A面 女はそれをがまんできない  B面 それがどうした

 大信田礼子さんの1971年5月発売のお色気満点のシングル盤「女はそれをがまんできない」です。同棲時代もよかったですが、やはり礼子さんはこういうのが断然いいですね。ジャケットのポーズもいい。阿久悠さん作の歌詞も、礼子さんの歌いっぷりもエッチ度100%で、申し分なしでございます。

No No No だめだから No No No ここまでよ
3回目のNoは、ノ〜ウッ あるいは ノ〜ハッ 
辺見マリさんの「やめてヘッ」みたいな感じ。
まるで子猫を いたぶるように
いたぶるようにの「ように」は「よおおんにぃ〜」と鼻がつまった風に。
じらしつづけて 楽しむ男
「男」は「おとんこぉ〜」
くわえたばこは だめよ だめだめ
「たばこは」の後に甘えた感じの「あ〜ん」が入ります。
「だめだめ」はさらに、べちゃ〜っと甘える風に鼻を鳴らしながら「ダメダメ」
よそ見するのは だめよ
もう一発ダメ押しで「ダメよぉ〜ん」
女はそれを それを がまんできない
「がまん」で、ウンと力んで「ぐぁまんでっきぃないぃ〜」

B面は梶芽衣子さん風のヤサグレ演歌「それがどうした」。『ずべ公番長シリーズ』より。ずべ公っていうのがまたあれですね。「ずべ」って何なんでしょう、ずべ、ズベ。フランス語でしょうかね?「Oui, ズベ ビアン ムッシュ!」
b0100078_12232742.jpg

by mokki_h | 2007-01-31 22:35 | 大信田礼子 | Comments(4)  

ひがみブルース

b0100078_2122150.jpg

AIS-21 エレックレコード 500円
A面 ひがみブルース B面 尾崎家の祖母

b0100078_21234215.jpg 1975年3月25日発売のまりちゃんズのおちゃらけソング「ひがみブルース」です。少年サンデーに連載されていた古谷三敏さんのヒット漫画「ダメおやじ」のイラストにメンバーの顔をはめ込んだジャケットの雰囲気そのままのしょーもな可笑しな歌です。B面の「尾崎家の祖母」もやはりコミックソングの類いですが、いきなり入ってくる、やたらと上手いギターは、チャーが弾いているそうです。シャキシャキした音(やはりムスタングなんでしょうか)と小気味よいフレーズがとってもかっこいいです。

 エレックレコードからはへーんなレコードが沢山出ておりましたね。あーる日金太が歩いていると・・のつボイノリオさんの「金太の大冒険」とか、いやらし〜い「吉田松陰物語」、まったく全国3万人の相撲ファンの皆様は 意外な事実を知ってしまったのだ デカイ体にゃふふふんふん〜と歌って大ヒットしたなぎら健壱さんの「悲惨な戦い」、こら!鉄矢の海援隊の「母に捧げるバラード」も意外なほど売れましたが、この種のレコードといえるでしょう。ケメの「バイオリンのおけいこ」も面白かったですね。バイオリン教室の先生は ろくに聞きもしないで 僕におっしゃるのです 今日はたいへんおじょーずですねぇ〜 の「おじょうず」の歌い方が憎ったらしくて面白いのです。

by mokki_h | 2007-01-30 21:33 | まりちゃんズ | Comments(2)  

勾玉

b0100078_21325556.jpg

 鈴鹿市考古博物館のお土産勾玉を作ってみようセットをいただきました。いとうれしきかな。セットの内容は、滑石と80番のサンドペーパー、1000番の耐水ペーパーに革製の紐。勾玉というと材料には翡翠とか瑪瑙なんかの所謂『玉髄』を使ったものが知られていますね。でも玉髄は値段も高いし、その上うんと硬いので加工するのもたいへんです。その点、滑石はいいです。石といっても硬度1〜1.5ですから、爪でギュっとやってもへこんだりします。チョークみたいな筆記道具にも使われているくらいですからね、やらかくて勾玉作りにはもってこいです。白っぽい色も品があってよろしい。この滑石に鉛筆か何かで作りたい勾玉の形を描いて、サンドペーパーの上でギュッギュギュッギュとやるわけですが、最初にあんまりはっきりした形を決めてしまうと往々にして上手くいきません。大雑把なほうがいいでしょうね。まずはカマボコ形をめざしてギュッギュギュッギュ。だいたいの形が出来てきたら、今度は穴です。ドリルがあれば楽チンですが、邪道です。縄文時代や古墳時代にはそんな便利なものはなかったわけですから、ここは能率が悪くても、手が痛くなってもトラディショナルな「竹串」でグリュグリュとやりましょう。なんとか穴をあけることが出来たら、今度は形を整える作業です。サンドパーパーで角を取って丸みをつけていきます。断面が四角形→八角形→十六角形となっていくように角を落としていきましょう。角が取れてきたら、指にサンドペーパーを巻きつけたり、手のひらの窪みでペーパーをU字状にしたりして、こすりつけるようにして丸みを出します。狭いところは細い棒か鉛筆などにペーパーを巻きつけてゴシゴシやるとよいでしょう。最後の仕上げは、耐水ペーパーを使って水に濡らしながら磨いていきます。ツルッツルのピッカピカになるまで磨き上げましょう。

b0100078_2137740.jpg 滑石で上手く勾玉が出来たら、次は大好きなラピスラズリで試してみようと思うております。ラピスも比較的やらかい石ですが、それでも硬度は5〜5.5あります。滑石のように簡単にはいかないでしょうが、美しい瑠璃色の勾玉は想像しただけでもなかなかなかなか魅力的でござりまする。

by mokki_h | 2007-01-29 21:41 | 勾玉 | Comments(0)  

山平和彦BOX

b0100078_20273126.jpg

BZCS-9036〜9039 Bellwood Records 4800円

衆院参院 百鬼夜行 失言放言 珍粉漢粉 農業公約 
有害無益 贈賄収賄 不言実行 脱税小者 戦々恐々 
汚職大者 天下泰平 七転八倒 人生流転 七転八起 
厚顔無恥 放送禁止 一目瞭然 奇妙奇天烈 摩訶不思議
 

2004年6月30日発売の、孤高のフォークシンガー山平和彦さんの4枚組CDボックスです。収録されているのは、ベルウッドからリリースされたファースト・アルバムの「放送禁止歌」、セカンド・アルバムの「風景」、名古屋市公会堂における「ライブ!」(2枚のCDに分かれています)の4枚。

放送禁止歌
1.放送禁止歌
2.お山コ三里
3.ヒゲのソネットb0100078_20361434.jpg
4.男について
5.仙北荷方節
6.一応男として生まれて来たが
7.秋田馬子唄
8.春
9.そういうわけ
10.途中
11.お仕置き歌
12.変化

シングル・カットされた1曲目「放送禁止歌」はタイトルどおり放送禁止。発売禁止となった「大島節」と「月経」が収録されていたオリジナル盤ではなくて、この2曲を8曲目の「春」、9曲目の「そういうわけ」に差し替えた改訂版として再発されたアルバム「途中」のリイシューです。「そういうわけ」はモーリスのフォーク・ギターのCMに使われていました。アコースティック・ギター演奏は原茂さん。オリジナル・リリースは1972年4月25日。山平さんが東海ラジオの深夜番組「ミッドナイト東海」のDJを始められたのは1972年10月のことです。

風景
1.たまねぎ
2.風景
3.蠅b0100078_20393720.jpg
4.秋田草刈唄
5.秋田甚句
6.抱擁
7.君が好き
8.貝
9.秋
10.街の君
11.どうやら私は街が好きらしい
12.ぼうやの五寸くぎ

1曲目「たまねぎ」は白石ありすさんの歌詞に山平さんが曲をつけたもので、11曲目の「どうやら私は街が好きらしい」をB面にもってきてシングル・カットされました。4曲目と5曲目は、秋田出身の山平さんお得意の秋田民謡。7曲目「君が好き」は、いい曲揃いのこのアルバムの中でも最高の曲。瀬尾一三さんのアレンジも光っております。10曲目の西岡恭蔵さん作詞・作曲の「街の君」もいいです。12曲目「ぼうやの五寸くぎ」は、その歌詞が残酷すぎて、またまた放送禁止。オリジナル・リリースは1973年7月25日。
だれかさんのおなかに 五寸くぎ一本
 (中略) 
はらわたをみんな取っちゃって
 (中略)
はらの黒い人 おりませんか


ライブ! 
Disc1
1.オーバーチュア〜希い
2.鳥
3.君が好きb0100078_20442624.jpg
4.秋田草刈唄
5.どうやら私は街が好きらしい
6.抒情飛行
7.チェックの縞馬
8.死んだ太陽
9.赤い魚と白い魚
10.うたう

Disc2
1.たまねぎ
2.蠅
3.仙北荷方節
4.そういうわけ〜想い出〜わかる
5.街の君
6.途中
7.秋
8.男について
9.秋田竹刀打ち唄
10.数え唄
11.愛の詩(12月22日のために)

1973年12月22日、名古屋市公会堂での実況録音。バックの演奏はマイペース、センチメンタル・シティ・ロマンス、新東京弦楽四重奏団。Disc2の4曲目には、「ナンセンス・ソング 花のメドレー」の副題がついております。その2曲目「想い出」は、時には母のない子の ように〜という歌が聞こえてくれば カルメン・マキを思い出す〜というホントにくだらないもの。5曲目「街の君」では西岡恭蔵さんとの共演を楽しむことができます。

by mokki_h | 2007-01-28 20:52 | 山平和彦 | Comments(2)  

各駅停車

b0100078_21571238.jpg

SOLB 111-OD CBS・ソニー 500円
A面 各駅停車  B面 さびしい魔法使い

あのひとと もう二度と 旅をすることもない

 1974年の3月21日に発売されたのシングル盤「各駅停車」です。1972年の「地下鉄にのって」の時の田口清さん、常富喜雄さん、内山修さん、石山恵三さんの四人のメンバーに、のちに正やんと組んだフォークデュオ「風」で活躍された大久保一久さん(左から二人目)が加わった五人組になっています。

b0100078_21574378.jpg風といえば、昨夜あたりからちょっとだけ喉がおかしくて、ひょっとしたら風邪ひいたかな?と。ちょっと油断するといけませんね。風邪かなと思ったら、私はすかさず新小児ジキニンシロップ24mlをキュッと飲むことにしております。効き目が(たぶん)あるうえに、小さい頃にお医者さんでもらって飲んだシロップの懐かしい味がして、これがけっこう好きなんです。

by mokki_h | 2007-01-27 22:01 | | Comments(8)  

地下鉄にのって

b0100078_2205975.jpg

SOLA67-OD CBS・ソニーレコード 400円
A面 地下鉄にのって  B面 片想いのブルース

1972年の11月21日に発売されたのシングル盤「地下鉄にのって」です。作曲は拓郎さん、作詞は岡本おさみさん。イントロのティヤ〜ティヤティヤティヤ〜ティヤティヤ〜いうギターのフレーズからして拓郎節全開ですね。そこかしこで拓郎さんらしいメロディーが聴けるとっても素敵な曲です。

とくに いまF赤坂見附Dmを 過ぎF
A7ばかDmB♭宿までC7は まだFA7だだねDmえ〜
のくだりがいいですね。地方在住者には「赤坂見附」の響きがたまらなくスウィートなわけで、ここの一節をくりかえし歌っては、しばし都会のひとになったつもりになるのであります。

by mokki_h | 2007-01-25 22:30 | | Comments(10)  

浮世絵の街

b0100078_21445861.jpg

SOLB-50 CBS・ソニーレコード 500円
A面 浮世絵の街  B面 恋のさいはて

内田あかりさんの「浮世絵の街」のジャケットにも同棲時代の上村一夫さんのイラストが使われています。ハラりと垂れた2本の髪が哀し気です。顎から首にかけての滑らかな曲線を眺めていると、アドビ イラストレーターでトレースしている時に、ガタガタカクカクとつなげた線を上からふにょんっとなぞってスムーズなラインに直す、ぐるぐるした模様のついた鉛筆のあれb0100078_21525478.gifが思い浮かびます。一発でピタっと決まった時は快感ですが、そんなことは滅多にないですね。稀です。たいていは納得いくラインが出来ずに何度もスムーズをやり直してみたり、アンカーポイントを増やしてみたり、ハンドルで微妙に修正してみたりして98%くらいの満足度で「よし」とするわけです。まあ時間も限られているわけだし、1600%くらいの拡大倍率でのほんの少しのズレなど、100%に戻した時には誰も気がつかないことはわかるんですが、気に入ったラインが出ないとなーんか気持ちが悪くて、ついつい執着してしまうんですよ、これが。

by mokki_h | 2007-01-24 22:00 | 内田あかり | Comments(4)  

同棲時代

b0100078_2143856.jpg

SLOB 5 CBS・ソニーレコード 500円
A面 同棲時代  B面 今日子と次郎

 うー寒い。暖冬とはいえ、今夜はけっこう寒いです。さーむいさーむいと呪文を唱えていると さーむい へやで まぼろしを見て ふんふんふふんいう大信田礼子さんのヒット曲「同棲時代」の一節が口をつきます。さむいついでに久しぶりに聴く礼子さんの歌は、あんまりお上手ではありませんが、甘ったれたようなその歌い方がなかなかよいです。ほどよい拙さがこの曲のイメージに似合っているような気も、します。原作者の上村一夫さんの、春を待つ今日子と次郎のイラストもいいですね。礼子さんのぐっとくる小型ポスターのおまけ付きですわ☆
b0100078_19144984.jpg
b0100078_19173174.jpg

by mokki_h | 2007-01-23 21:46 | 大信田礼子 | Comments(2)  

アイドルを探せ

b0100078_20354419.jpg

SS-1476 VICTOR COMPANY OF JAPAN 330円
A面 アイドルを探せ  B面 恋のショック

ふらんすへ行きたしと思へども
ふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背広をきて
きままなる旅にいでてみん


 萩原朔太郎さんがこう歌われたのは1913年のこと。100年近くたった現在でもまだまだフランスは遠いところですよ、朔太郎さん。なかなか「ちょっとパリまで行ってきまーす」という調子にはまいりません。「きままなる旅」に出ることすら、ままならんです。こんな時は『パリの妖精シルヴィ・バルタンさんの「アイドルを探せ」をちょっと真似して、束の間のおフランス気分に浸るといたしませう。

ス[A]スワジュセレ ラップリュベル[F♯m]プアレドンセーェ[D][E7]ドンセーェ

ポ[A]ミュージヴァンセ トゥットセル[F♯m]クットゥアゼ メーェ[D][E7][A]エメーェ

ス[A]スワジュセレ ラップリュトンドレ[F♯m]クッテュムディラーァ[D][E7]ディラーアァ

トゥ[A]リムンクジュ ブザトンドレ[F♯m]ムニュネパクトゥワーァ[D][E7][A]パクトゥワアア

D]ジュフォンドレ スポワークラ[C♯m]ブクジェ ブリュ
D]エクジェクズュ ポワンポ[A]ポワーァン

D]スラシフォネ レシュ[C♯m]ブクジェ クワペ
D]デコワフェ パクテ[E7]マァーン

クワ[A]レニュリフェ メッセーズジェス[F♯m]ベホェベエーェ
D][E7]ホェベーェ

ク[A]ダンラスワ ラッドンテラ[F♯m]スワルジェセレ ラップリュベル[E7]ラップリュベル プアレドン[A]セーェ

タタタ[F♯m]タッタタタンタン タタタ[D]タッタタタンタン

ウ〜ン[E7]ラップリュベル プアレドン[A]セーエェ

タタタ[F♯m]タッタタタンタン タタタ[D]タッタタタンタン

E7]ラップリュベル プアレドン[A]セー

by mokki_h | 2007-01-22 20:58 | シルヴィ・バルタン | Comments(6)  

圭子の夢は夜ひらく

b0100078_12331237.jpg

JRT-1077 日本ビクター 400円
A面 圭子の夢は夜ひらく  B面 東京流れもの

十五、十六、十七と 私の人生暗かった
過去はどんなに暗くとも 夢は夜ひらく


曽根幸明さん作曲の「夢は夜ひらく」は、さまざまな歌手によって歌われて(曽根さんは「今までこの曲によって多くの歌手や、又、いろいろな詞によって歌われてきたものだけでも80種類以上にはなるだろう」と語っておられます)いますが、なかでもよく知られているのは1966年の園まりさん、1971年の三上寛さんのおどろおどろしいバージョン(放送禁止歌ということですが歌詞のなかに、包丁でどうの、とか出てきますし、これはやはり適切な判断かと)、そして最も有名なのが石坂まさをさんが詞をつけた1970年の藤圭子さんの「圭子の夢は夜ひらく」でしょう(オリコンチャートでは1970年5月25日付から7月27日まで10週連続の第1位)。こういう不幸感が濃厚に漂う暗〜い歌を歌わせたら圭子さんの右に出るものはおりますまい。作曲者の曽根さんも、「この『圭子の夢は夜ひらく』ほど心に強く印象に残ったものはない。歌い手といい歌詞といい後世いつまでも残るであろう」と絶賛されております。b0100078_21145990.jpgB面は「東京流れもの」。「東京流れもの」というと 流れ流れて東京を そぞろ歩きは軟派でもという歌詞のついた竹越ひろ子さんのバージョンがよく知られています。作曲者不詳ということですが、もともとは「流し」のひとたちによって広く歌われていた所謂やくざ歌らしいですね。圭子さんも「流し」時代には、この「東京流れもの」を得意にされていたのでしょう。ここでは石坂さんがつけた別の歌詞で歌っておられます。

風が吹いたら吹かれます 雨が降ったら濡れまする 
馬鹿な男と云わりょうと 馬鹿は承知の一本気 
あゝ東京流れもの


圭子さんのドスのきいた歌いまわし、そしてハスキーな声がぐっとくるほどかっこいいです。

by mokki_h | 2007-01-21 13:08 | 藤圭子 | Comments(2)