人気ブログランキング |

<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

シー・シー・シー

b0100078_0483662.jpg

SDP-2025 日本グラモフォン 400円
A面 シー・シー・シー C-C-C
B面 白夜の騎士 Knight in the night

 「シー・シー・シー」はワイルドワンズの加瀬邦彦作曲の、軽快なロックン・ロール・ナンバーです。ジャケットのジュリーが「シーッ」のポーズをしています。ンパパッパパッ ンパパッパパッのハンドクリッピングも小気味よいですね。終わったかな?と思うと、再びシーシーシーという音が聞こえてきてドラムのドコドコドコドコを合図に演奏が再開されるという構成です。ジャケット写真はジュリーとピー以外のメンバーの顔が黒い影になっていて、5人のはずが全部で6人いますが、これは何かを暗示しているのでしょう。加瀬邦彦氏を入れて6人とか、スタジオ・ミュージシャンを入れて6人、あるいは、ジュリーの歌とピーのドラム以外の演奏者は、黒い影4人=誰か他の人達によるもの、ということかもしれません。
 1968年7月22日付のオリコンチャートで2週連続首位だったテンプターズの「エメラルドの伝説」を抜いて第1位に立ち、これを4週連続でキープしました。8月19日にまたしても千昌夫の「星影のワルツ」に首位を明け渡すものの、8月26日にはすぐに第1位に返り咲き、2週連続の首位。(9月9日に「シー・シー・シー」を抜いてトップに立ったのは、サイモンとガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」。同じ週の17位にはローリング・ストーンズの「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」が、18位にはオーティス・レディングの「ドック・オブ・ベイ」がそれぞれランクされています)

 「白夜の騎士」は優雅な室内楽を取り入れた勇壮かつ華麗な作品ですが、曲・詞共にグッと歌謡曲度が高いですね。CX-TV「ヤァ・ヤァ・ヤング」募集歌とあるように、一般人が書いた歌詞を基本に、橋本淳氏が補作して体裁を整えたもので、少女趣味丸出しの気恥ずかしい中世ヨーロッパの王子様的雰囲気の漂う歌詞ではあります。

愛のピエロが(かぞえた)愛のこころを(かぞえた)

by mokki_h | 2006-07-31 00:58 | ザ・タイガース | Comments(0)  

マサチューセッツ

b0100078_1255857.jpg

DP-1554 日本グラモフォン 400円
A面 マサチューセッツ Massachusetts(2分13秒)
B面 ホリデイ Holiday(2分53秒)

b0100078_12575810.jpg「ニューヨーク炭坑の悲劇」、「ラブ・サムバディ」に続くザ・ビー・ジーズのシングル盤です。A面の「マサチューセッツ」は親しみやすいメロディで日本でも大ヒットしました。
 1968年3月11日付のオリコンチャートで伊東ゆかりさんの「恋のしずく」に次いで第2位、同年4月1日付のチャートでは、歌謡曲群を抑えて見事第1位に輝きました。その後も高い人気を保ち続け、4月22日にはザ・タイガースの「花の首飾り/銀河のロマンス」に次いで再び第2位になるなど、約3ヶ月間にわたってチャートの上位にランクされました。B面の「ホリデイ」は、トッポこと加橋かつみさんがライブでお得意にしていた静かなムードの語りかけるような曲。


ピーピーピピピーピー サッチャホリィデイ〜

by mokki_h | 2006-07-30 12:59 | ザ・ビー・ジーズ | Comments(2)  

銀河のロマンス/花の首飾り

b0100078_1862893.jpg

SDP-2022 日本グラモフォン 370円
A面 銀河のロマンス ROMANCE IN THE MILKY WAY
B面 花の首飾り FLOWER NECKLACE

 ザ・タイガースの第5弾は、いちおうA面が「銀河のロマンス(東宝映画「ザ・タイガース/世界はボクラを待っている」主題歌)」B面が「花の首飾り(明星募集歌)」となっていますが、ジャケットのタイトルは、同じサイズで並列に表記されています。これはビートルズの「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー/ペニー・レイン」のような、所謂両A面扱いのシングルなのですね。「花の首飾り/銀河のロマンス」は1968年4月8日付オリコンチャートで第3位に登場(第1位は伊東ゆかりさんの「恋のしずく」第2位は小川知子さんの「ゆうべの秘密」)、翌週4月15日付チャートで第1位を獲得(第2位「恋のしずく」、第3位「ゆうべの秘密」、第4位にビー・ジーズの「マサチューセッツ」、b0100078_18102211.jpg第5位にテンプターズの「神様お願い!」、そして第7位にはモンキーズの「デイドリーム」がランクされています)6月3日付チャートで、千昌夫さんの「星影のワルツ」に抜かれるまで、7週連続で首位の座をキープしました。


★銀河のロマンス
 数あるザ・タイガースの名曲の中でも、
【これ好きっ度】★★★★★(五つ星です、五つ星)ですね。じつにロマンチック。
銀河にうかべた(Dm→Gm) 白い小舟(A7→Dm)とマイナーコードで進行するわけですが、なんといっても美しいのは、シルビー マイラヴ シャラララララ(F→B♭) シルビー マイラブ マ〜イラーブ(Am→Am7→B♭→F)の部分、天の川を渡っているかのような、ラブのAm7の響きが素敵です。続くサビのアイラブ ユー 燃えるほほに(Am→Dm)は、静かな中にも熱く燃える情熱を感じさせます。

★花の首飾り
トッポこと加橋かつみさんの初のリード・ヴォーカル曲です。美しいテナー・ヴォイスで歌われる、これまた実に美しい曲。ギターで伴奏する場合、Amで3→2→1→2弦の順にトテテトトテテトとつま弾く簡単なアルペジオで始まり、花咲く 娘たちは(Am→Em→Am)花咲く 野辺で(Am→Em→Am)とマイナーコードで展開するのですが、レコードでは、娘たちは と 野辺で の直後のラドミソファ#ミレミーのヴァイオリン(チェロ?)が、すこぶる甘美です。ひな菊の 花の 首飾り は(G→F→Em)です。ここも簡単ですね。 おお愛のしるし の部分で「ん?」となるかもしれませんが、ここはFM7→F6→E7と弾いてみましょう。

b0100078_18284358.jpg
b0100078_18342652.jpg
b0100078_18345242.jpg




メイジャーセブンスの靄のかかったような響きと6thのふわふわした感じが、このメルヘンチックな曲のカラーを決定づける重要なポイントになっています。
私の首に かけておくれよ は(G→C→E7→Am)です。あなたの 腕が からみつく よーにー(F→Fm→C→E7→Am)といきます。このF→Fm→Cの進行はビートルズっぽくて気持ちがいいですね。次に 花摘む 娘たちは(Am→Em→Am)と最初のコード進行を繰り返しましょう。
b0100078_204571.jpg

b0100078_20454862.jpg
 
青い雫は 月の涙 恋するぼくらの ため息に揺れる〜

by mokki_h | 2006-07-29 18:42 | ザ・タイガース | Comments(4)  

君だけに愛を

b0100078_2050593.jpg

SDP-2016 日本グラモフォン 370円
A面 君だけに愛を LOVE ONLY FOR YOU
B面 落葉の物語 THE STORY OF THE FALLING LEAVES

 ザ・タイガースの第4弾は最高にかっこいいロック・チューン「君だけに愛を」です。冒頭部分は、トッポのチャイィンというギターの音で静かに始まり、心臓の鼓動のようなボンボンボンというサリーのベースと、控えめなタローのアルペジオをバックに「オー プリ〜ズ オー プリ〜ズ 僕のハートを 君にあげた〜い」というジュリーの語るようなソロが聞こえてきます。そして、トッポの緊張感を煽るトリルリ ルリルリルリ・・に、静寂を撃ち破るようなピーのダドゥンッ! ダドゥンッ!というドラムが続いた後、突然「君だけにぃ〜、君だけにぃ〜」とカーッコよく曲に入ります。この時、もちろんジュリーはあの指差しポーズをキメています。サリーのベースが唸り、トッポのギターがジュリーの情熱的なヴォーカルにチャイ〜ン チャイ〜ンと呼応します。途中のスケール練習のようなギター・ソロもイカしています。1968年1月4日から始まったオリコンチャートでの最高位は1月18日付チャートの第2位(第1位は黒沢明とロス・プリモスの「ラブユー東京」)と、2月8日付チャートの第2位(第1位はザ・フォーク・クルセダースの「帰ってきたヨッパライ」)。
 B面の「落葉の物語」は、優美なストリングスを取り入れた格調に満ちた作品。ラ ラ ラ・・の見事なコーラスの部分は、その旋律がスモール・フェイセズの「My Mind's Eye=心のひとみ」を思わせます。

ボロだけに(唄 タイガージャー) ♪

長い坂道の 落葉の丘に 優しいあの人は 住んでいるのです〜

by mokki_h | 2006-07-28 20:59 | ザ・タイガース | Comments(2)  

モナリザの微笑

b0100078_20111870.jpg

SLKP-1134 日本グラモフォン 450円
A面 1. モナリザの微笑(2分30秒) 2. 僕のマリー(2分24秒)
B面 1. シーサイド・バウンド(2分47秒) 2. 星のプリンス(3分28秒)

 雨がシトシト日曜日 

 第一声から「雨」です。「モナリザの微笑」は「僕のマリー」と似たタイプの雨の日の情景を歌ったウェットな曲ですが、モナリザという誰もが知っている固有名詞を使うことによって、聞き手により強いインパクトを与え、その物悲しい旋律と共にこの曲を忘れ難いものにしています。世界中で最もよく知られた名画「モナリザ」を見る時、思い浮かべる時、話題にする時、エブリタイム、日出づる国の民の約33.3パーセント(推定)は、同時に”雨がシトシト日曜日”というジュリーの悲し気な歌声が、頭の中から胸の中へとかけめぐることでしょう。

b0100078_20175137.jpg このEP盤では、ジャケットに、絶妙なアングルで撮られたステージでの演奏シーンが使われています。スポットライトはジュリーにあたっていますが、このショットの主役は世界で2番目にヘフナーの似合うベースマン岸部修三さんであります。現在の岸部一徳さんも個性的でイカしてますが、サリーこと岸部修三さんは、やはりかっこいいです。のっぽのサリーの立ち位置は、ポールと同じで一番左なのですね。全員揃いの、細身の白いスーツもかっこよくキマってます。


壁に飾ったモナリザも なぜか今夜は〜

by mokki_h | 2006-07-27 20:54 | ザ・タイガース | Comments(0)  

シーサイド・バウンド

b0100078_20145070.jpg

SDP-2004 日本グラモフォン 370円
A面 シーサイド・バウンド Seaside Bound(2分47秒)
B面 星のプリンス Prince In The Heaven(3分28秒)

 ザ・タイガースのシングル第2弾は、「ペイパーバック・ライター」風の軽快なビート・ナンバー(サイド・ギターの、ンチャー ンチャーが「シーズ・ア・ウーマン」っぽくてgood!)「シーサイド・バウンド」です。カラカラトコトコと鳴るパーカッションは、ジュリーが担当しています。曲の後半で聞くことのできる「レッツ・ゴー・タイガース!」とか「ヘイ、もう一丁!」といった掛声が面白いですね。

 ジャケット写真は、メンバーが海辺で実際にかっこよく「バウンド」しています。この「飛び跳ねるタイガースの図」はEP盤「Twist and Shout」のジャンプするビートルズを参考にしているのかもしれません。b0100078_20204495.jpg
全体的な雰囲気も似ているのですが、メンバーを個別に見ていくと一番左のピーは、座ってドラムを叩いているので置いておくとして、次のタローの右足の曲げ具合と走っているような両足の形が、一番左のリンゴと似ています。ジュリーとジョージの両足の間隔はちょっと違いますが、まあまあ似た雰囲気でしょうか。右から2番目のトッポの高く上げた左手がパーを作っているところが、一番右のジョンと同じ。両脚の感じも、アングルは違いますがよく似ています。サリーの左腕の角度とポールのそれが45度くらいでほぼ同じ、右の膝が前に出ているところも、同じです。


シーサイド・バウンド後半 ♪

踊りに行こうよ 青い海のもとへ 二人で唄おう 明るい恋のリズム

by mokki_h | 2006-07-26 20:28 | ザ・タイガース | Comments(2)  

僕のマリー

b0100078_2085170.jpg

SDP-2001 日本グラモフォン 370円
A面 僕のマリー My Mary(2分24秒)
B面 こっちを向いて Let me see you baby(3分03秒)

 「僕のマリー」は、ザ・タイガースのデビュー曲です。マイナー・コードに物悲しいメロディをのせて、ジュリーが甘美に歌います。この曲のキーワードは「雨」です。

さみしい さみしい 雨の朝

 「雨」は、もうそれだけで哀しくさみしい感情を表現していますが、さきに歌われるこの「雨」のイメージが、後に出てくる「ひとりぽっち」「つらい想い」「悲しい夢」といった感傷的な言葉を、より強く印象付けています。
 
 B面の「こっちを向いて」は、シングル盤では後にも先にもこれだけというサリーこと岸辺修三のリード・ヴォーカルを聞くことが出来る珍しいもので、A面とはガラリとムードの違った、50年代アメリカン・ポップス風の楽しい曲です。


ぼくが マリーと 逢ったのは〜

by mokki_h | 2006-07-25 20:16 | ザ・タイガース | Comments(0)  

天地創造ものがたり

b0100078_20403068.jpg

ザ・タイガーズレコードシート 明治製菓株式会社企画 非売品
A面 アダムとイブ
B面 ジュリーをかこんでザ・タイガース
 
1968年冬の販売促進キャンペーン
タイガース・プレゼント・天地創造ものがたりでの企画盤ソノシートです。


b0100078_2048218.jpg
バーバーチョッコバーバーバーバー
バーバーチョッコバーバーバーバー
バーバーチョッコバーバーバーバー
(ちょいと息継ぎ)
バーバーチョッコバーバーバーバー
バーバーチョッコバーバーバーバー
(ここでまた息継ぎ)
バーバーバーバーバーバーバーバー バー!

Ah〜Ah〜Ah〜Ah〜(ホワイトルーム風)

ラ〜ラ〜ラ〜
b0100078_20542285.jpgコーコナッツ コーコナッツ

コ〜コナッツ コーコナッツ
コ〜コナッツ コーコナッツ
コーコナッツ       コーコナッツ!


アダムとイブ ♪
トースト・ココナッツ・バー ♪

by mokki_h | 2006-07-24 20:57 | ザ・タイガース | Comments(2)  

愛の伝説

b0100078_1915918.jpg
ECPB255 CBS・ソニー 500円
A面 愛の伝説 I LOVE YOU BECAUSE(4分20秒)
B面 ロージーからの手紙 ROSY(1分55秒)

 一種異様な感じがパワーアップしたポルナレフさんです。空手で鍛えたという、「燃えよドラゴン」のブルース・リーのようなグっと締まった自慢の筋肉を誇らしげに披露しておられます。b0100078_19135.jpg愛の伝説」は73年10月に発売されました。一連の「愛」シリーズ同様のロマンチックな曲なのですが、ポルナレフさんにしては、やや凡庸な出来で、オリコンの最高位は27位止まり。レコード売上げは10万枚弱とまあまあの中ヒットでしたが、この曲以降ポルナレフさんの人気は下降線を辿り続けます。
 
 同じ年の12月、日本のあちこちで青少年がアチョー アチョーと奇声を発しながら跳びまわる、奇妙な現象がおこり始めました。ヌンチャクと呼ばれる、長さ30センチ程の2本の棒を紐で繋いだものを(ほとんどが自作の、ヌンチャクらしきもの或いは、それっぽいものであったと推測されます)振り回して、物を壊したり自分の頭にぶつけて軽いケガをしたりするおっちょこちょいも多数いたようです。

by mokki_h | 2006-07-23 01:27 | ミッシェル・ポルナレフ | Comments(0)  

愛の休日

b0100078_15573025.jpg

ECPA47 CBS・ソニー 400円
A面 愛の休日 HPLIDAYS(3分20秒)
B面 愛の物語 NOS, MOTS D'AMOUR(3分15秒)

 This is ポルナレフさん、です。おもちゃのようなサングラスにプードルのような頭、同時期のT・レックスやデビッド・ボウイなどのグラムロックに対抗したのでしょうか、見た目では充分勝ってます、たぶん。「愛の休日」は当時のキャッチコピー「ロックとロマンの出逢い」にふさわしい、とてもロマンチックな曲です。オリコンチャートの最高位は6位、26万枚の売り上げと「シェリーに口づけ」と並ぶ大ヒットを記録し、ポルナレフさんの代名詞となりました。B面の「愛の物語」も、ポルナレフさんならではの素敵なメロディと甘い歌声が聞けます。こういったロマンチックなムードの曲には、やたらと「愛のなんとか」といった邦題がつけられていますが、ちょっと前に流行した「冬のソナタ」のオリジナル版には、「白い恋人たち」や「ダンシング・クィーン」などと一緒に、ポルナレフさんの「愛のコレクション」が(インストですが)、チュンサンのお母さんの「カン・ミヒのテーマ」として効果的に使われておりました。

ホリデイズ オォ ホリデイズ セラビョ〜ン キド ソンデシェ〜ル

by mokki_h | 2006-07-22 16:06 | ミッシェル・ポルナレフ | Comments(4)