カテゴリ:ギター( 23 )

 

バスは走る


[PR]

by mokki_h | 2018-09-08 13:33 | ギター | Comments(0)  

ヤングセンス

b0100078_23211249.jpg
1972年 SUMMER 集英社 330円
クラシックギターを持ってジャーンプしているのは、相沢靖子/作詞、早川義夫/作曲のジャックスのナンバー「サルビアの花」を歌っていた岩渕リリさんです。
b0100078_2329834.jpg
表紙裏の目次のページ。水着姿であれこれとポーズをとっているのは坂口良子さん。「アイちゃんが行く!」でTVデビューしたのは、この年の9月です。

b0100078_23444450.jpgP.7は、夏休みフォークギター塾 井上陽水さんが教えるというかたちで1時間目は【ギター学入門】、2時間目【コードストローク】、3時間目【ベーシック・ストラム】ここでの練習曲は、拓郎さんの「結婚しようよ」、4時間目【アルペジオ1】練習曲は、なぜか「瀬戸の花嫁」5時間目【アルペジオ2】練習曲は、あがた森魚さんの「赤色エレジー」6時間目【スリー・フィンガー】練習曲は、及川恒平さんの「サーカス・ゲーム」(僕の恋人は サーカスの キラキラ衣装の 曲芸師〜っていうやつです)



b0100078_034299.jpgP.20は古井戸〉のギター遍歴 加奈崎芳太郎さんは、最初にギターを持ったのは中一の時で、3000円のクラシック・ギターで古賀メロディをやっていたらしいです。次に全音の4000円くらいのギターでコードを覚えたそうで、高校を卒業して歌をはじめた頃にフンパツしてモーリスの15000円のフォーク・ギターを買い、しばらくして念願のヤマハFG500を手にいれ、現在のハミング・バードと併用して使っていると語っておられます。チャボは最初がバーゲンで買った1480円のギターで、テスコの9050円のエレキも買ってビンビン鳴らしていたということです。

b0100078_0221999.jpgP.23からは、『フォークの旗手の私小説的』私生活のぞかせていただきます最初のページは【吉田拓郎×吉田佳子の新婚生活テンヤワンヤ】です。新婚ホヤホヤの拓郎家では、2DKのマンションに入りきらぬほどの家具などの整理でテンテコマイ〜てな事が書いてあります。吉田佳子さんというのは、六文銭の四角佳子さんのことですね。1972年の夏のことであります。






次のページの左上は【高田渡家のカレーライスを食べる会】吉祥寺の高田渡家では時たま仲間を集めて盛大な晩餐会が開かれるそうです。右上は【あがた森魚 遊園地で遊ぶ

b0100078_0374334.jpg左下は【杉田二郎&南高節 旅先でのバドミントン大会】一緒に旅まわりをすることが多いらしいのですが、旅にかかさず持っていくのがバドミントン・セット一式だそうです。杉田さんの得意技は『背面逆手打ち』で、高節さんは『跳びはね蹴り打ち』。公演の合い間には必ず「いっちょ、やるか?」てな具合に勝負がはじまるらしいです。

b0100078_981328.jpg遠藤賢司の〈猫狂い〉ねこっかわいがり】この猫は「寝図美よこれが太平洋だ」の寝図美くんではなくて、近所の猫だそうです。寝図美くんは狭山の細野晴臣さんのお家に預けられているとのこと。右はその狭山市のアメリカ村でのショット【小坂忠・狭山村での優雅な小作的生活】小坂さんの家の隣が細野さん家ですが写っておりません。




b0100078_191463.jpg
最後のページは、gutsの広告。ここで再び坂口良子さんの登場です。
娘十八 番茶も出花 

[PR]

by mokki_h | 2018-08-26 00:19 | ギター | Comments(6)  

長良RIVER


[PR]

by mokki_h | 2018-08-25 18:01 | ギター  

KANA-ZOO LADY


[PR]

by mokki_h | 2018-04-29 18:31 | ギター  

ニューフォークギター教室

b0100078_22262455.jpg
エレックレコードの通信講座『ニューフォークギター教室』の教則用17cmLP盤です。沢田駿吾先生の『ジャズギター教室』と同様に毎月2枚のレコードと各教程のテキストが6教程分、つまり6ヶ月にわたって送られてくるというわけですよ。『ニューフォークギター教室』では、はがとまる先生、『ギター作曲教室』では浅沼勇先生のありがたい御指導を、毎月わずか1000円という低料金(最初の入会金は500円)で自宅に居ながら好きな時間に受けることが出来るという夢のような企画でありました。

さて、こちらのレコードは第1教程の2枚のレコードの1枚目、「1-1」(A面)と「1-2」(B面)。デレレデレレデレレデレレデーンテンジーャラジャラいうミシシッピーなギターの調べに乗せて、はが先生のお話が始まります。

みなさん、おはようございます。あ、こんにちは。はー、こんばんは。いろんなー時間にあなたはギターを習っているでしょうね。朝でも昼でも夜でも常にあなたのそばにギターがある、素晴らしいことですね。ニューフォークは、そうです皆さんの音楽ですね。仲間で作り、仲間で楽しむ、そしていつかその歌が全国に広がっていくわけです。この講座は、ニューフォーク運動の先駆者を育てて今後のポピュラーミュージックに大きな新しい世界を開こうという、とっても素晴らしい企画のもとに構成されています。したがって目的としての第一は、「あなたをバランスのとれたミュージッシャンにすること」です。いいですね、つまりギターは弾けるんだけれども歌はどうも得意じゃない、とか、ソロなら出来るんだけどもコーラスはダメ、とか、レコードどおりには出来るんだけども、どうも自分のアレンジはいけないとか、作曲にいたってはもうお先真っ暗だとか、まぁいろいろあると思います。それぞれの問題をどんどん解決して、いわゆるバランスのとれたミュージッシャンになるように。そのために一部のひとの中には、とても難しいところや、反対にとても易しいなんていうところもあるかもしれませんね。例えば、一ヶ月目は易しい曲ばかりですけれども、この目的はこの易しい単純な曲が、何故こんなに愛され歌い続けられているかを考えてほしい、そういうところにあるわけですねぇ。第二の目的は、「ギターのテクニックを思い切って高度な水準に持っていくこと」です。二ヶ月目に、PPMですとか、それから、えー、トム・パクストン、ジョーン・バエズ、こういった人達のモダンフォーク・ギター奏法、これがほとんど出てきます。三ヶ月目はフラット・ピッキング。ドック・ワトソン、それから、カーター・ファミリー・スタイル、こういったものが出てきますね。皆さんの憧れのボサノバギターもこのへんになってくると出てきます。こういったところは遅れないようにしてですね、一生懸命努力してもらいたいと思います。それから四ヶ月目には、クラシックやポピュラーのギター・ソロも学ぶことが出来ますね。第三の目的は、「アレンジや作曲の能力を開発しよう」。アレンジとか作曲の能力を開発して、いよいよニューフォークへの足固め、足固めを作ろうと、こういうことですね。えーそれから五ヶ月目になりますと、アレンジの、おー、講座が組まれていますよ。ひとつの曲がアレンジを出来て、そしてどんどんどんどん変わっていく様子、ね、こういったものをしっかりと身に付けてほしいと思います。えーそれから後は名曲分析、そういったものを加えながら作曲、アレンジ、ギター奏法、歌とギターとの対話、こういったものが続きますね。それぞれの自習曲にはその背景や訴えを詳しくお話していくつもりです。さあ、レッスンに取り組んで下さいね。毎日5分でも10分でもいいですよ、5分でも10分でもいいです。毎日ギターと親しむ、毎日ギターを手にする、ということが大切ですね。ニューフォークのために時間をちょっとください。難しくても絶対に投げ出さないでくださいね。私達、講師全員がどんどんどんどん引っぱっていきますから、そのへんは御安心してください。
b0100078_22271433.jpg

[PR]

by mokki_h | 2013-01-05 21:24 | ギター | Comments(4)  

ロックンロール・カフェ

10月9日、関市のライブハウス『ロックンロール・カフェ』で行われた『是方博邦SUPER JAM』。最高にかっこいい演奏にシビれただす。
b0100078_19391259.jpg

b0100078_19391228.jpg

b0100078_19391249.jpg

b0100078_19391236.jpg

b0100078_19391266.jpg

[PR]

by mokki_h | 2011-10-10 19:39 | ギター | Comments(2)  

M.Otake

b0100078_2185670.jpg

メーカー不明のこの古びたエレキギターのピックガードのところに

b0100078_21124079.jpg

M.Otake(MとOが掠れてしまって見辛いですが、じーっと目をこらして観察すると、そのように書いてあるのがわかるのです)の文字があります。M.大竹さん、おそらく男性であるであろう、このM.大竹さんというのは誰なのか?大竹で名前が「ま、み、む、め、も」のいずれかで始まる男の人といえば、おぉっ!それはきっと大竹まことさんのことであろう。うん、そうだ、そうに違いない。他に思いつく大竹さんなどいない。間違いない、以前の(その時期はまったく不明なのであるが)所有者は大竹まこと氏で間違いない。というのが最新の勝手な鑑定による結論であります。

b0100078_2117359.jpg

ギブソンに似せた小振りなヘッドはつるつるで何も書かれておりませず。

b0100078_21195299.jpg

ピックアップもブリッジもテールピースもボリュームとトーンのコントロールつまみも全部オリジナルぽくってじつにかっこいいんですが、残念ながらピックアップが不良で音が出ませぬ。
[PR]

by mokki_h | 2009-08-16 21:38 | ギター | Comments(6)  

OD-3

b0100078_1739511.jpg
b0100078_1741968.jpgBOSSの定番エフェクター『Over Drive OD-3』に似せて作られた程よい弾力のある柔らかウレタン製のこれは、はて何でしょうか?どう使ったらいいものかさっぱりわかりませぬ。当然ながら、この子のどこをどう触ろうとギターの音がぎゅわーと歪むなんてことはないわけで、ただの置き物、あるいはせいぜい文鎮風の使い方しか思いつきませぬが、ま、文鎮にはちょと軽すぎる(持ったところだいたいテニスボールくらいの質量ですわ)ので、これはやはり『ぼんやり眺めてニヤニヤしたり、気が向いた時にぎゅっぎゅっとつまんでその触感を楽しんだりするおもちゃの一種』あたりに分類しておくのが妥当なのでせうね、きっと。
[PR]

by mokki_h | 2009-01-10 17:51 | ギター | Comments(4)  

満まる

b0100078_10501812.jpg
b0100078_10514652.jpg
b0100078_1052105.jpg

[PR]

by mokki_h | 2008-12-28 10:53 | ギター | Comments(2)  

ピック

b0100078_16262792.jpg
朋友ヒロプトンさんからいただいたありがたいピックですわ。そのままですとちょっと小さくてあれなので拡大させていただきました。いつもいろいろいただいてホント感謝しております。
b0100078_1628980.jpg
b0100078_163815100.jpg

[PR]

by mokki_h | 2008-12-27 16:39 | ギター | Comments(5)