紅の渚

b0100078_2252797.jpg
b0100078_22524034.jpgVS-535 ビクターレコード 330円
A面 紅の渚
B面 ディンバ・ティンバ
 
赤い夕陽が 海の彼方に
消えたあの夜空を ひとりみつめる
はるかに遠く燃える
イサリ火がさそう 淋しさよ


 1967年の2月15日に発売された荒木一郎さんのシングル盤「紅の渚」です。荒木一郎さんの作詞・作曲、寺岡真三さんの編曲。荒木さんが手にしておられるフェンダーのアコースティック・ギターがいいですね。こういう角度から撮られたフェンダーのヘッドはホントかっこいい。もちろん曲のほうも最高です!優しくそして詩情豊かに盛り上がるサビのメロディーラインがもうたまりませんわ。はい、これ好きっ度★★★★★。B面は荒木さんの作詞・作曲、服部克久さんの編曲による、ダンサブルな「ディンバ・ティンバ」。

苦しみだけなの(ディンバ・ティンバ)
私の心は(ディンバ・ティンバ)
悲しみだけなの(ディンバ・ティンバ)
私の行く道(ディンバ・ティンバ、ティンバ・ディン)
[PR]

by mokki_h | 2008-07-15 23:02 | 荒木一郎 | Comments(0)  

<< 十七の夏 潮来笠 >>