小さな日記

b0100078_21594553.jpg
EP-1123 東芝音楽工業 400円
A面 小さな日記  B面 ふりかえらないで

小さな日記に つづられた
小さな過去の ことでした

 
 誰もが、たぶん一度は歌ったことのある、カレッジ・フォークの最高峰フォー・セインツの1968年の10月に発売された、とっても物悲しい大ヒットシングル「小さな日記」です。作詞は原田晴子さん、作曲は落合和徳さん、編曲は青木望さん。メンバーは左→右の順に、加賀一兄(かずえ)さん、どこから見ても断トツにハンサムな荒木生徳さん(後の仮面ライダー俳優荒木しげるさん。1975年に放映されていた『仮面ライダーストロンガー』の主演だそうです)、ダニー石尾さん、リーダーの上原徹さん、宮川昌浩さん。フォー・セインツは加賀さんが抜けて四人になりレコード会社も東芝から日本コロムビアに移ってグループ名もフォー・クローバースに変わり、1972年11月に発売されたシングル盤が、知っている人は知っている、阿久悠さん作詞、坂田晃一さん作・編曲のテレビドラマ『冬物語』の主題歌「冬物語」です。
b0100078_2204857.jpg

X-24 日本コロムビア 500円
A面 冬物語  B面 時のいたずら

愛のためにいつも うつむいて生きているのか
春は近い 春は近い 足音が近い
b0100078_2212225.jpg

B面「時のいたずら」も阿久悠さんの作詞、坂田晃一さんの作・編曲。これまたしっとりしたいい曲ですわ。

海の音が いつまでもきこえ
風は窓をうつ
外はとても つらいよな寒さ
だから手紙を書きます

[PR]

by mokki_h | 2007-09-20 22:03 | フォー・セインツ | Comments(10)  

Commented by Nob at 2007-09-21 12:34 x
え~! そうだったんですか!
フォー・セインツがフォー・クローバーズで、しかも荒木しげるさんがいたとは、初耳~ ビックリですよ。
それに、フォー・セインツはずっと4人だと思っていたんです・・・
勿論両曲とも大好き♪ 
「冬物語」 の浅丘ルリ子さんも素敵でしたよね~
Commented by mokki_h at 2007-09-21 21:08
フォー・セインツのメンバーのプロフィールによりますと、加賀さんという人が、お医者さんになるのが希望ということですので、学業に専念するためにグループを抜けられたのだと思います。
どちらもしっとりとしたいい曲ですよね〜☆ちょっぴりすねて 横むいて 黙ったままで いつまでも〜 
Commented by Nob at 2007-10-09 14:06 x
再びこちらに参上~(笑)
実は久々に今日記事にしたサリナ・ジョーンズを聴いたんですが、その中の曲がどうも「冬物語」 のB面のカバーみたいなんですよ~
私の記事に一応試聴があるので、確認していただけると嬉しいのですが・・・
「時のいたずら」は、さんざん試聴を探したのですが見つからなかったのです。
Commented by mokki_h at 2007-10-09 19:16
こんばんは、Nobさん!
ほうほう「冬物語」のB面曲ですか。OK、さっそく試聴に伺わせていただきます!
Commented by オロ9 at 2007-12-14 22:27 x
トラックバッキングありがとうございました♪
1968年の新聞を読んでいたら、東芝から「カレッジ・ポップス」のレーベルでレコードが出るようなことが書いてあり、実際にレコードには「カレッジポップス」と書かれているのに、今では「カレッジ・フォーク」と呼ぶのが一般的なようですね。「ポップス」が「フォーク」に言い換えられた経緯をご存じですか?私はこれが気になって夜も眠れません(笑)
フォー・セインツ、5人だったのですね(笑)5人なのになぜ「フォー・セインツ」?私はこれが気になって夜も眠れません。
チャンバラ・トリオが4人なのに「トリオ」というのと同じなのでしょうか(笑)
Commented by mokki_h at 2007-12-14 23:27
こんばんは、オロ9さん!たぶん「カレッジ・ポップス」は東芝さんだけの登録商標みたいなものだったんじゃないですかね。フォークっぽいのもコーラスグループもみんなジャケットの上のほうに「若者の唄!カレッジ・ポップス!」って書いてありますよ。私の好きな広川あけみさんのデビュー・シングルも「カレッジ・ポップス!」です☆68年頃にはまだ「フォーク」っていう言葉が今ほど一般的ではなかったんじゃないでしょうかね?若者向けの音楽といえばやはり「ポップス」だったんでしょう、たぶん。そして圧倒的に「フォーク」が好まれる時代がきて、フォークギターを持って歌えばポップスみたいなのも演歌っぽいのもなんでもかんでもフォークと呼ばれるようになり、やがて貧乏くさいフォークはぽつぽつ敬遠されるようになっていきました。グループ結成時には4人だったのかもしれませんね「フォー・セインツ」。はじめは4人でグループ名も決まっていたところに、加賀さんか誰かが「僕も入れて欲しいなぁ」とか言って急遽参加されたものの、せっかく気にいった名前を変えるのもなんだわね、ってな理由でそのまま「フォー・セインツ」を名乗られた、というのはいかがでしょう。
Commented by オロ9 at 2007-12-14 23:39 x
こんにちは、アゲイン、です。
なるほど、なるほど、「登録商標」だと、他のレコード会社の曲を一つのジャンルとして語るのは支障がありますものね。スッキリです♪
フォー・セインツ、なるほど、なるほど。
ちょっとケースが違いますが、メンバーが2人になっても、「ビジー・フォー」という名前は変わりませんでした。メンバーが変わっていちいち名前を変えていたら、確かにやってられませんね(笑)
どうもありがとうございました~♪
Commented by mokki_h at 2007-12-15 00:31
ハローアゲイン、オロ9さん!
おー「ビジー・フォー」。最近とんとお見かけしなくなったウガンダとらさんともうひとりのひとは何と言う人でしたっけ?忘れてしまったのか初めから知らなかったのかも忘れてしまいました、あー。
そうそう、名前が変わると、ポスターとか印刷物とか郵便物とか全部書き換えなければなりませんものね。せっかく名前を覚えてもらったのにまた初めからというのもあれですし、経費がかさむのもちと痛いですもんね。
Commented by Nob at 2008-02-20 14:43 x
しつこく、参上です~(笑)
私も入手いたしました。
早速、トラックバッキングでございます♪
Commented by mokki_h at 2008-02-20 20:03
おっ!オリビアさんもこれを☆ さっそく伺わせていただきますぞ!

<< 秋止符 ウォーキング・オン・シン・アイス >>