愛の絆

b0100078_218361.jpg
TP-2828 東芝音楽工業 500円
A面 愛の絆  B面 いつか何処かで

たそがれせまる街へ出て 涙の中を何処ゆくの
あんなに愛した仲なのに 二人の恋はシャボン玉


 ブルコメ解散後の1972年に、三原綱木さんがパイナップル・プリンセス田代みどりさんと結婚して組んだデュオつなき&みどりの1973年4月発売のシングル盤「愛の絆」です。綱木さんのギターも入ったムーディーな「愛の絆」もいいですが、それよりも平山三紀さんの「希望の旅」(1972年6月)のB面曲のカヴァー「いつか何処かで」のほうが面白いですね。フィフス・ディメンションのヒット曲「ビートでジャンプ」のカラオケに適当なメロディーと日本語の歌詞をつけたような素晴らしい楽曲。似ているというよりも、イントロのパーパパパッパパ〜からしてほとんどそのまま同じです。A・B面共に橋本淳さんの作詞、筒美京平さんの作・編曲。
[PR]

by mokki_h | 2007-09-06 21:14 | ブルー・コメッツ | Comments(2)  

Commented by Nob at 2007-09-07 12:28 x
この2人の曲は1曲しか知らないんですが、

もしかして、
♪ 古い ピアノがある 店の片隅で ♪
っていう曲ですか?
もう、すっかり題名も忘れているもんで・・・(汗)
Commented by mokki_h at 2007-09-07 22:08
こんばんは、Nobさん!
古いピアノがある 店の片隅で〜は、ひとつ前の「愛の挽歌」です。こちらも田代みどりさんの歌が綱木さんのそれに勝ってますね。そして阪神は今夜も勝ってます。桧山バンザ〜イ!

<< ギターは泣いている それはキッスで始まった >>