人気ブログランキング |

悪い星の下に

b0100078_1032462.jpg
b0100078_10332151.jpgDT-1087 
日本グラモフォン 400円

A面 悪い星の下に 
B面 クロスカット・ソー

Born under a bad sign.
I've been down since I began to crawl.
If it wasn't for bad luck,
I wouldn't have no luck at all.


 クラプトンさんもヘンドリックスさんもミック・テイラーさんもクリス・スペディングさんもスティーヴィー・レイ・ヴォーンさんもみんなみんなEverybody 大好きアルバート・キングさんの、日本で初めて発売されたシングル盤(1967年の作品ですが日本では1969年4月に発売)、クリームの秀逸なカヴァーで広く知られた「悪い星の下に」です。アルバートさんの溜めの効いた天下一品のブルースギターと、口籠ったような独特な歌声が、ゆったりした8ビートに乗ってグイグイ迫ってきます。バックのぶっとい演奏はブッカー・T&The MG's(ブッカー・T・ジョーンズ:キーボード、スティーヴ・クロッパー:ギター、ドナルド・ダック・ダン:ベース、アル・ジャクソン:ドラムス)、そしてメンフィス・ホーンズ。B面は、これまた振幅の大きなチョーキングと溜めに溜めたフレージングが無茶苦茶かっこいい「クロスカット・ソー」。これも真似して真似して真似しまくりましょう。(クラプトンさんも1983年2月発売のアルバム『マネー・アンド・シガレッツ』の中でこの「クロスカット・ソー」を完コピに近いアレンジでカヴァーされております。)

by mokki_h | 2007-05-06 00:36 | アルバート・キング | Comments(4)  

Commented by tsukimoto_natsumi at 2007-05-06 08:14
おはようございます。本日は雨でブルージィな気分であります。
『スリル・イズ・ゴーン』は聴いた当時「? これがB.Bか」という感じでしたが、今聴くと違うんでしょうね。(そう!赤のルシールですね)
「悪い星の下に」は、私はやはりクリームの方が先でした。
温故知新ですかね。ブッカー・T&The MG's、いいですよね、(すごいメンツ)軟派から硬派まで、こなせます。
Commented by mokki_h at 2007-05-06 09:30
ダッダダッダダッダダッダ(Ummm)レイニィデイ〜ドゥリ〜ムズアウェイ おはようございます、tsukimoto_natsumiさん!
赤のルシール、かっこよかったですね。335よりもゴージャスなやつ(345でしょうかね、それとも355でしょうか)、トーンとヴォリュームのつまみの横に黒くて大きめの別のつまみがついているやつ。あれいいですわぁ、最近はもっぱら黒のルシールみたいですが、B.B.には赤がよく似合うと思います。

「悪い星の下に」、私も『クリームの素晴らしき世界』で聴いたのが先でした。これとか、ワンサマデ〜イ シーウェンタウェイ〜の「トップ・オブ・ザ・ワールド」やドーデドーデドデドデディーディの「政治家」のようなヘヴィなブルースが殊の外好きでした。そして「十字路」。何度も何度も聴きましたわ。クラプトンさんにはストラトよりもハンバッカーのギブソンのほうが似合っているように思うんですが、一昨年のクリーム再結成でもストラトでしたねぇ、お遊びでSGとかファイアーバードなんて使ってみてほしかったです。

Commented by 123123ta at 2007-05-06 20:08
こんばんは、123123taです。
今日はコメント、TB有難うございました。
昨日のB・B・キング、今日のアルバート・キング、素晴らしいブルース・ギタリストですよね。
あと一人、フレディー・キングで「3キング」の揃い踏みですね。
Commented by mokki_h at 2007-05-06 22:33
こんばんは、123123taさん!
そうそう、フレディ・キングコング、でなくて、フレディ・キングさんも大好きですわ。これまたアルバート・キングさんと同じように、クラプトンさんやミック・テイラーさんのブルース・ブレイカーズでのカヴァーでフレディさんの名前を覚えました。「ハイダウェイ」とか「ドライヴィング・サイドウェイズ」なんかのインストものを中途半端にコピーしたりして。フレディさんのオリジナルはタイミングというかノリがちょっと違っていて、これがまたかっこいいですね。それから「ハヴ・ユー・エヴァー・ラヴド・ア・ウーマン」これもレイラが先でした。クラプトンさんと共演しておられた(フレディさんの追悼盤?RSOから出ていたやつです)で聴ける、お互いによく似たフレーズを応酬するくだりが面白かったですわ。(私、B.B.とアルバートのお二人は生で見たことがあるんですが、フレディさんは結局見ることが出来ませんでした。)

<< ブルー・ライト・ヨコハマ スリル・イズ・ゴーン >>