続東京ワッショイ

b0100078_21404321.jpg

b0100078_2141589.jpgGK-8077 ベルウッド 600円
A面 続東京ワッショイ
B面 哀愁の東京タワー

はけよいはけよい国技館
ファッショ原宿公園通り
パンダ上野のアメ横西郷
忠犬八公ワルツでワッショイ


 1979年7月発売の遠藤賢司さんのシングル盤「続東京ワッショイ」です。ドンドンドンドコ快調なロックンロール・ソングのバックには四人囃子のリズム隊=佐久間正英さんのベースに岡井大二さんのドラムス(佐久間さんはシンセとエレキギターもプレイしておられます)と、ワッショイ軍団の「ワッショイワッショイ」、そして中村美苗さんのハトUFOバスガイドがついてます。エンケンの作詞、作曲。編曲はエンケンと佐久間さん。B面はクラフトワークみたいなピコピコ・サウンドの「哀愁の東京タワー」。かっこいいジャケットデザインは御存知横尾忠則さん。白レーベルの見本盤。

ご購入はこちらでどうぞ
[PR]

by mokki_h | 2013-09-08 07:12 | 遠藤賢司 | Comments(2)  

Commented by tsukimoto_natsumi at 2007-04-13 22:18
こんばんは、エンケンですね!
やはり、なにはともあれ史上最大のロックン・ローラー、エンケンです!!
新幹線のハナっちょのキングレコードのロゴが泣けますです。
私は、エンケン主演映画『ヘリウッド』という史上極悪の映画の宣伝の仕事をやっていたことを思い出し、さらに泣けます。
蛇足ながら、「ワルツでワッショイ」の歌詞、渋谷明治通りでエンケンさんが、やっていた店「ワルツ」です。
ピラミッド・カレーが名物でした。何度も足を運んだものです。
トッドやクラフトワークがよくかかっていましたっけ。(涙)
Commented by mokki_h at 2007-04-13 22:39
こんばんは、tsukimoto_natsumiさん!
なるほど、なぜ「ワルツでワッショイ」なのか、単に語呂がよかったから?と思っておりましたが、エンケンさんのお店の名前だったんですね!あぁ、知る喜び。ありがとうございます、月本さん!

レコードの内袋にあるベルウッドの白い木のマークも好きですわ。

<< ビートルズはもう聞かない ELVIN BISHOP GROUP >>