大都会の恋人たち

b0100078_20431518.jpg

b0100078_20462040.jpgSAS-1043 日本コロムビア 
330円

A面 大都会の恋人たち  
B面 雨をうけたら

「たのしいかい?」
「とっても」
「歩こうか」
「歩きたい」


1968年の2月に発売された永遠の清純派女優酒井和歌子様の初レコーディング曲(たぶん)は江夏圭介さんとのデュエット「大都会の恋人たち」です。和歌子様のお相手は、やはり真面目で清潔感溢れる好青年でなければなりませぬ。だらしなかったり不良っぽかったりするのは世間が許しませんわ。曲も流行りのエレキはダメダメ、こーいうオーソドックスなロスプリモス風のムーディーなものがいいんです。イントロに続くふたりの短い語りも素敵。作曲は戸塚三博さんの作曲で、万里村ゆき子さん作の歌詞もどこか古風な趣があります。

ペーブメントに 雨が降る
白くおしゃれな 雨が降る
寒くはないかい コートをあげる
寒くはないのよ あなたといれば
ふたりでひとつの コート着て
甘い小走り にわか雨


見開きジャケットになっていますが、どちらかというと夜景をバックにした裏の写真のほうがいい感じでしょうか。B面の「雨をうけたら」は江夏さんのソロ。
b0100078_20542065.jpg

[PR]

by mokki_h | 2007-04-05 20:57 | 酒井和歌子 | Comments(2)  

Commented by Nob at 2007-04-06 12:30 x
知ってます♪ どっちかというと、下のジャケットをよく覚えています。
酒井さんって今も変わらないですよね~
江夏さんは俳優だったんでしたっけ?
Commented by mokki_h at 2007-04-06 20:58
江夏さんというひと、この歌でしか知らないんですが、歌手だったんじゃないでしょうかね。「江夏」っていうと阪神の豪速球投手をすぐに思い浮かべてしまうのですが、たぶん江夏圭介という芸名もそこらへんからいただいたのですよ、時代から推察するに、きっとたぶん。

そうそう、「枯葉の街」のシングルありましたよ、由紀さおりさんの。少々お待ち下さいませ。

<< リトル・マン 新宿そだち >>