霧のマウンテン

b0100078_20481666.jpg

LL-2090-C 日本コロムビア 370円
A面 霧のマウンテン  B面 砂と泡

b0100078_125794.jpg1967年10月発売のドノヴァンのシングル「霧のマウンテン」です。陽気なラテンっぽいリズムにのせて歌われるのは「最初に山があって次には山がなくなってそれからまた山があって」といったわかったようなわからないような歌詞
フォフォフォフォフォーフォフォッと鳴る笛の音がとってもラブリーです。

最初に[A]ジャンジャン[E]ジャジャン[A]ジャンとやって、後はずっとAオンリーでジャーツクジャーツク楽し気に延々と弾き続けましょう。

(ダッツライッ!)
ダロッカポンマイ ガードゥンゲイツァ 
スネーイルダッツ ワッティティズ
ダロッカポンマイ ガードゥンゲイツァ 
スネーイルダッツ ワッティティズ
ファーストデアリザ マウンテンデンデア 
イズノウマウンテン デンデイズ
ファーストデアリザ マウンテンデンデア 
イズノウマウンテン デンデイズ
(オーイェ ダッツライッ!)

キャータピラ シェズヒズスキントゥ 
ファインダ バタ フライウィズィン
キャータピラ シェズヒズスキントゥ 
ファインダ バタ フライウィズィン
ファーストデアリザ マウンテンデンデア 
イズノウマウンテン デンデイズ
ファーストデアリザ マウンテンデンデア 
イズノウマウンテン 

オゥワニータ! オゥワニータ!
オゥワニータ アイコーリョーネイ〜ム 
             (裏声でファ〜ッ)
call your nameのnameのところでF♯m
ここが大好きです!ふたたびAを繰り返します。

オゥ ダスノウイルビーア ブラインディンサイト 
トゥーシーアジットライズオンヤンダー ヒルサ〜イド

ダロッカポンマイ ガードゥンゲイツァ 
スネーイルダッツ ワッティティズ
ファーストデアリザ マウンテンデンデア 
イズノウマウンテン デンデイズ
            (エッブリバディ!)

ファーストデアリザ マウンテンデンデア 
イズノウマウンテン デンデイズ
ファーストデアリザ マウンテンデンデア 
イズノウマウンテン デンデイズ

b0100078_20492940.jpgこの「霧のマウンテン」をテーマにした、オールマンの「マウンテン・ジャム」(2枚組アルバム『イート・ア・ピーチ』のside2とside4 全部を使って繰りひろげられる、演奏時間34分43秒の長〜いジャム)も最高にかっこいいですね。左チャンネルのデュアンさんと右チャンネルのディッキーさんの2本のレス・ポールが「霧のマウンテン」の主題を至福のアンサンブルで奏でた後の、デュアンさんの最初のソロが始まって25秒くらいのところから10秒間ほど聴くことが出来る、ちょっと変わったフレーズは、やはりよくいわれるようにタンタンタララ〜ンのラ〜を「あらー」っていうくらい外してしまったのをそのままインド音楽風というかラーガっぽく弾いて誤魔化したものなのでしょうかね。
[PR]

by mokki_h | 2007-03-28 21:01 | ドノヴァン | Comments(2)  

Commented by Nob at 2007-03-29 22:30 x
ドノヴァン♪ 名前はとっても記憶にあるんですが、曲が全然思い出せなかったです。
何だか、不思議な存在って感じでした。
「ドナドナ」も歌っていたんですね!  この「霧のマウンテン」っていう曲にしても・・・民族音楽系の人だったんでしょうか?
Commented by mokki_h at 2007-03-29 23:34
そうですねぇ、初期の頃は『イギリスのディラン』っていわれたように、所謂フォーク歌手の範疇に入るひとでしたが、もともと音楽的な幅の広いひとで、サイケっぽくてブルージーかつグルーヴィーなヒット曲「サンシャイン・スーパーマン」とかスティーヴン・スティルスがスーパー・セッションでカヴァーした「魔女の季節」や「メロー・イエロー」なんていう怪しい魅力のかっこいいナンバーもありました。
よし、明日は「サンシャイン・スーパーマン」の入ったコンパクト盤でいってみますわ!

<< もう春です ドンナ・ドンナ >>