グッバイガール

b0100078_20182022.jpg

06SH 412 CBSソニー 600円
A面 グッバイガール  B面 Good-bye Girl

 ちょっとドキっとするお色気ジャケットが嬉しい、1978年10月21日発売のシンシアのラスト・シングル「グッバイガール」は、元ブレッドデヴィッド・ゲイツさんが作詞・作曲して自ら歌った、1977年の映画「グッバイ・ガール」の主題歌の日本語によるカヴァーです。訳詞は中里綴さん。外国の歌を日本語に訳して歌ったものを聴く場合、外国の映画を吹き替えで見る(聴く)ときのような気持ちの悪なんかヘンな感じがすることが多いのですが、シンシアは違います。じつに自然ないい感じに仕上がっています。B面の英語バージョンもgood。最後のシングルに「グッバイガール」を選んだのはシンシア自身だったのでしょうか、センスの良さが光っておりますね。
b0100078_20193420.jpg
P-281E ワーナー・パイオニア 600円
A面 グッバイ・ガール  B面 サンデイ・ライダー

オリジナルのゲイツさんの出だしは
(1フレット目にカポで)
D]オールヨーライフユーヴ[F♯m]ウェイティド
フォー[Bm]ラ〜ヴトゥカムアン[F♯m]ステイ
アン[Em]ナウダッタイハヴ[Bm]ファウンジュー
ユー[G]マストナッ スリッパ[A7]ウェイ

シンシアの日本語バージョンの出だしは
(5フレット目にカポで)
D]お~もいで[F♯m]さえ
と[Bm]か~すよう[F♯m]な
や[Em]さしい~ひ[Bm]と~み
こ[G]えの~ひび[A7]き~

サビはこんな感じ
コズベビグッ[D]バ~イ[A]ダ〜ズノットミーンフォ[G]レヴァ~

シンシア日本語バージョンは
なみだはグッ[D]バ~イ[A]も~う 泣か[G]ない~
[PR]

by mokki_h | 2007-03-16 20:31 | 南沙織 | Comments(6)  

Commented by Nob at 2007-03-16 22:11 x
おっと、色っぽいですね! 初めて見ましたが、撮影は篠山さんでしょうか(笑)
そう、これは映画も良かったんですよね。 カバーされているとは知りませんでした。 沙織さんのカバーというと、ローズガーデンが一番印象的ですが、基本的に歌唱力があるので、何でも歌える人でしたよね♪
Commented by mokki_h at 2007-03-16 23:13
いつもはジャケットの右下あたりに小さく『写真-篠山紀信』とあるのに、このジャケットには何故かそれがないですねぇ。でも、当然、篠山さんに決まってますわね。これはファンへの最後のサービス・ショットでしょうかね。ありがたい心尽くしです。

A面の日本語バージョンもいいのですが、シンシアの得意の英語で歌われるB面がまたいいんですよ。ハートがこもっている感じ。
Commented by 240_8 at 2007-03-17 01:13
こんばんは!
「グッバイガール」の日本語カバーなんてあったんですね。しかも南沙織とは!!
デヴィッド・ゲイツ・ヴァージョンのほろ苦いメロディラインが大好きです。
今回もコードを起こして頂き感謝です。早速弾いてみます。
(サビがいいんですよね~)
Commented by mokki_h at 2007-03-17 15:54
こんにちは、240_8さん!
センチメンタルなメロディーがいいですよねぇ。EmからBmへいくところをEmからF♯mと間違えて書いておりましたので、直しときました。サビを繰り返してからメインに戻るところで何気なく出てくるC9がかっこいいですね!
Commented by 240_8 at 2007-03-18 16:34
TBする前にコメントいただき有難うございます。
ギターマンもいいアルバムですね。
「オーブリー」が入っているやつですね。
ゲイツの泣きのメロディが大好きです!
Commented by mokki_h at 2007-03-18 16:57
こんにちは、240_8さん!
私もトラックバックならびに文中リンクさせていただきました。
そうです「オーブレー」の入っているやつです。ラストに入っている「名前すらも知らないで」も好きなんですよ。これがまたなんともいいメロディと演奏で、グっときます。

<< ひとつぶの涙 エリカの花散るとき >>