勾玉その3

b0100078_16584521.jpg

ラピスで瑠璃色勾玉をつくるつもりだったのですが、あっさり降参して、やはり簡単に細工の出来る滑石でつくることにしました。軟弱。材料は、ちょっと桃色の入った白いやつ。他に抹茶みたいなのと白黒のマーブル状のを用意しましたが、いちばんやらかいちょっと桃色を選んで、全体のフォルムは8分音符のイメージでいってみました。題して「勾玉音符」。あんまり音符っぽくないのと、「これを勾玉とよぶのはいかがなものか」というあれもありますが、まあ、あれです。桃色ちゃんはとってもやらかいので、細工するには好都合ですが、ちょっとしたはずみですぐに微細な傷がついてしまうナイーブな子であります。
[PR]

by mokki_h | 2007-02-10 17:38 | 勾玉 | Comments(0)  

<< アテンション・プリーズ 白い蝶のサンバ >>