自由に歩いて愛して

b0100078_140190.jpg

DR 1633 日本グラモフォン 400円
A面 自由に歩いて愛して  B面 淋しさをわかりかけた時

 1971年7月21日発売のPYGの最高傑作シングル「自由に歩いて愛して」です。ショーケンとジュリーの夢のツイン・ヴォーカルが楽しめます。作曲は井上堯之さん、作詞は安井かずみさん。まずはイントロ、堯之さんのギターのかっこよすぎるリフ。簡単なローポジションのAmのフォームでドンドンティララタータララタータンを4回繰り返します。
 
 5弦開放でドンドン、2弦1フレットを人さし指を押さえたまま→離してティラ、3弦2フレットを薬指で押さえたままで、2弦1フレットを人さし指を離したままでター、3弦2フレットを薬指で押さえて離すでタラ、4弦2フレットを中指で押さえたまま、3弦2フレットを薬指を離してター押さえてタンと弾くとそれっぽく聞こえます。b0100078_14305236.jpgリフに続いて「誰れかが〜 いま!ドアをたた〜いた!」のコーラスではジュリーの声が目立っておりますね。ここはとってもタイガースです。リフをもう一度挟んでジャッジャーツクジャージャのコードストロークに変わりますが、変わり目でのショーケンの「うぅ〜っ!」がキター!いう感じ。ショーケンはやっぱかっこいいですね。「こーのーこーころのーとーびらーをーあーけろーと いーま やーさしーい きーせつーが きーたんだー」の低く沈んだ暗めのパートはショーケンのリード・ヴォーカルでファルセットの高音バック・コーラスがつきます。続く「そーらーはみんなーのー あーいーはあなたーのー もーのーになるとーきー いまこそー」はジュリー。華やかなジュリー節です。「みんなの」と「あなたの」の後にそれぞれ追っかけコーラスが入りますが、このコーラスのショーケンがまた非常にハスキーでかっこいい。「いまこそ」をみんなで歌って「誰かがいま」以降を繰り返し、途中に大野克夫さんのオルガン・ソロを挟んで、最後に「ナウ ダ タイム フォ ラーヴ」を4回歌って、オーイェ!で終了です。演奏時間は3分09秒。
 
 アルバムには「ラブ・オブ・ピース・アンド・ホープ」のタイトルでリンダ・リーさんの歌詞による英語バージョンが収録されていましたが、シングルで「Now the time for love」と歌っていたところが「Now the time to love」になっていました。最後のオーイェ!も英語バージョンではMy love!で、こちらには残念ながらショーケンの「うぅ〜っ!」が入っておりません。
b0100078_1454833.jpg
b0100078_15515529.jpg
b0100078_15551229.jpg やっぱりこのジャケットは見開きの状態でないといけませんわね。ショーケンとジュリーが真ん中で仲良く並んで座っている図、っていうのが非常に美しいわけですよ、はい。これは録音スタジオの廊下かどこかに置いてあるソファーにメンバー全員でぞろぞろっと腰を下ろしているところをパシャっと撮ったもののようですが、こんな感じの待合室ジャケで思い浮かぶのがクリームの「ホワイト・ルーム」(DP-1601 日本グラモフォン)。ふてぶてしい態度のクラプトンさんがなーんか凄いんですわ。
[PR]

by mokki_h | 2007-02-04 14:15 | PYG | Comments(2)  

Commented by Nob at 2007-02-04 18:25 x
PYG! 懐かしいです。 今思えば凄いメンバーですよね。
GS時代はジュリーとショーケンが同じグループに・・・なんて考えられなかったです。
井上氏、大野氏の音楽センスもピカ一でしたね!
実際、活動期間は短かったのかな~。 あまり、いろんな曲の印象がないです。
Commented by mokki_h at 2007-02-04 22:23
テンプターズとタイガースとスパイダースの合体ですもんね!所謂「スーパー・グループ」っていうやつです。ブラインド・フェイスみたいなもんですね。どうせ1年くらいで消滅してしまうのなら、マチャアキやムッシュにも参加してもらって、もっとワイワイガヤガヤとやっても面白かったかもしれませんねぇ。

<< バイオリンのおけいこ 勾玉その2 >>