孤独のマラソン・ランナー

b0100078_1945891.jpg
ETP-10212 東芝EMI 600円 

A面 孤独のマラソン・ランナー  B面 風に消えたあいつ

自転車が通って行く 自動車が追いかける
機関車が横切るよ 飛行機がかすめる
長い髪の女の子 花束をホラかざして
野原へ出かけましょうと 肩をたたいて行く
 

 言葉の魔術師=北山修先生が自切俳人(ジキルハイド)を名乗られて、1977年の初夏のある日に発売されたシングル盤「孤独のマラソン・ランナー」っス。バックのバンドはヒューマン・ズー。はい、ヒューマンズ(HUMANS)でなくてヒューマン・ズー(HUMAN ZOO)だすよ、人間動物園ざます。その人間動物園の園長さんであられるところのジキルハイドさんによる、知っている人は知っている、高らかな『HUMAN SOUND宣言』をお聞きあそばせ。

“人間の音楽”をつくります。それは生き生きとした音楽です。
人間が毎日の生活の中で知らず知らずのうちに、うたっているような音楽です。
私たちにとって、笑いや溜息が人間のもっとも基本的な歌だと思います。
私たちにとって、足音や心臓の鼓動が人間のリズムだと思います。
そんなものを、そのまま音楽にしてみたい。
こんな私たちの願いがレコードの音の中に実現されるかどうかは、
私たち自身が本当に生きているかどうかにかかっているでしょう。
私たちはプロの音楽家ではないかも知れません。
でも、これだけははっきりと言えます。
私たちは、人間としてはプロフェッショナルでありたいのです。
私たち自身が音楽の中に生きるのです。
私たちは、新しい音楽をつくるつもりはありません。
私たちは、シンプルな音楽をつくるのです。
ハ、ハ、ハ、ハ、ハ、

b0100078_19462993.jpg


ほーほー、なるほど、やっぱりお医者さんは違いますな。先生の仰る事が、すうっと頭の中に入ってきますです、はいはい。それはそれとして、この「孤独のマラソン・ランナー」は北山先生の作詞・作曲、金田一耕三(これまたひねったペンネームですな)さんの編曲。時のジョギングブームに乗って一部の熱狂的な信者さん達に愛唱され続けている名曲、やそうですわ。B面は、北山先生の作詞・作曲、斎藤茂兵衛とアコースチック・サーカスの編曲&演奏によるカントリー・ソング「風に消えたあいつ」。軽やかなバンジョーの調べが心地よいのぢゃ。

黒いマントを風になびかせ 涙を笑いにかくして消えた
白い舗道にひびく足音 風に消えたあいつ
b0100078_1947498.jpg

[PR]

by mokki_h | 2010-04-07 19:49 | ザ・フォーク・クルセダーズ | Comments(0)  

<< 前略おふくろ様 桜 >>