人気ブログランキング |

怪傑黒頭巾

b0100078_895441.jpg
EB-1046 エレックレコード 500円 
A面 ワッパ人生  B面 怪傑黒頭巾
 
暗いジャングル 密林も ひるまず進め 突撃だ
行きつもどりつ くり返す 黒く輝くその姿 
正義の味方 黒頭巾 ぼくらの味方 怪傑黒頭巾


 1976年の2月25日に発売されたつボイノリオ先生のシングル盤「怪傑黒頭巾」ですよ。レーベル面の表示では、桐島重石さんの作詞、野々卓也さんの作曲によるタクシーの運転手さんの悲哀を歌った軽妙な「ワッパ人生」がいちおうA面で、ここのところ人気沸騰中の大注目曲「怪傑黒頭巾」がB面になっていますが、本官さんもパパと一緒に御登場のジャケット(吹き出しの「死にたいほど幸せな日本の春ですナ」が辛辣で面白いです)ではどちらのタイトルも同じ大きさで並べて書いてあるので、ここは両A面扱いということにしてしまいましょう、はいそうしましょう。さて、全部で四番まであるその歌の、一番と二番の間(=イ)、二番と三番の間(=ロ)、三番と四番の間(=ハ)、アウトロにそれぞれ、つボイさんの語りが挿入されているわけですが、歌詞カードにあるのは歌の部分だけで、語りは一切載っておりませぬ。

(イ)
ワーハッハッハッハハハ ワーハッハッハッハハ
わーたしの名は「怪傑黒頭巾」、悪者ども かかってこい。
そーらゼリー光線だっ! そーれー、イボイボキックだー!

(ロ)
なお、ただいま入りましたニュースによりますと、怪傑黒頭巾の正体は横丁の電器屋さん「近藤無線」のご主人、近藤武蔵さんと判明しました。しかしまあ、近藤武蔵さん。正体を隠してるところなんざ、ニクいねぇ。 
近藤武蔵、憎い 近藤武蔵憎い

(ハ)
まぁしかし、ここだけの話ですけどもねぇ。近藤さんという人は大変毛深い人でありまして、とくにまぁ胸毛がすごいのなんのって。だから時々ね、胸毛をむしっては投げ捨ててるんだそうです、はい。 
近藤、胸毛捨てる  近藤胸毛捨てる
b0100078_884830.jpg

by mokki_h | 2009-04-04 08:20 | つボイノリオ | Comments(6)  

Commented by (Y) at 2009-04-04 10:04 x
私も2006年5月8日にyaretoho.exblog.jp/3880759/で、軽ーく取り上げていますが、僕はてっきり怪傑黒頭巾がA面だと思っていました。というか思い込んでいました。確かにレーベルには「SIDE 2」とありますねー。発売当時には「ワッパ人生」聴いたこと無いです。しかし子供の頃(高校生か?)「怪傑黒頭巾」があれのこととは気がつかず聴いていましたっけ。いずれにせよ「金太の大冒険」「怪傑黒頭巾」「極付け! お万の方」つボイノリオ放送禁止3部作は歌謡界の金字塔ですね!
Commented by mokki_h at 2009-04-04 13:17
こんにちは、(Y)さん!
ポンコツミサイルが飛んで来るかもしれん、ということで本日は防空壕のなかでじっとしてますよ。
4月の1日から3日連続で「"フォーク" "近藤胸毛捨てる"」が検索ワード・ベストテンの首位をひた走っております。ここはやはり『お客様は神様です』の精神でイパネマの娘!はい、いってみました(そうそう、この「ワッパ人生」は放送禁止ではなかったのですよね。でもラジオでかけても全然OKの普通の歌はさほど面白くもないわけでさっぱり話題にもなりませんでしたわね)。
Commented by s-345mama369 at 2009-04-06 21:01
すごいっ!!
すっご~いっ!!
こんなに素晴らしいジャケだったのですね~!!
こんなにメジャーな・・・!!!(嬉涙)
さすが、つボイノリオ大先生ですね~!
歌詞もいつ聴いても素敵です!
新鮮ですぅ~!(笑)
Commented by mokki_h at 2009-04-06 21:38
こんばんは、345mamaさん!
ひさしぶりのつボイ先生ネタでございます。なにかの【誤探知】だったのかもしれませぬが、ここのところ検索ワードの第一位が「"フォーク" "近藤胸毛捨てる"」だったんですよ。それならばと、サービス精神を発揮いたしまして、この禁断の放禁ネタでいかせていただいたという次第なのでございます。そうそう、ジャケットのバカボンパパと本官さんの絵、よく見るとなんとなくヘタでしょ?じつはこれ赤塚先生でなくて長谷邦夫っていう人の絵なんですよ。いちおうフジオプロって入っているのでニセものではないみたいですが、本物でもないみたいなのだ、ですわ。
Commented by (Y) at 2009-04-06 23:37 x
長谷邦夫さんはフジオプロの主要作品の作画担当だったと記憶していますよ。それから面白いのは、もし手元に井上陽水のLP『氷の世界』があれば、収録曲のクレジットを見てみて下さい。なんとB面3曲目の「桜三月散歩道」の作詞に長谷邦夫さんの名前が! 最初別人かと思ったのですが、どうやらご本人の様です。70年代って不思議な時代ですねー。
Commented by mokki_h at 2009-04-07 00:02
どれどれ、「桜三月散歩道」と。おっ、ホントですね 長谷邦夫 作詞 とありますわ。いろんなつながりがあったんですね。ときに、この「桜三月散歩道」っていう歌、好きでしたわ。ねぇ、君 二人でどこへ行こうと 勝手なんだが の「なんだが」いうとこがまず好き。それでじょじょに盛り上がっていって、最後の三月のところで、あぁっ!と終るところがなんとも好きなんです。それから歌詞カードのにょろにょろした陽水さんの字がまた好き☆

<< サスペリア さよなら友よ >>