人気ブログランキング |

一週間ギター独習

b0100078_17152664.jpg
 1972年の9月20日にシンコー・ミュージックさんから発行された、A5判よりもちょっと大きい150mm×220mmの所謂菊判サイズの持ち運びに便利な初心者向けのギター教則本『ミニmini一週間ギター独習』です。b0100078_6563618.jpgレッスン曲の1曲目が滝廉太郎先生の「工場の月」でなくて「荒城の月」、その次がロシア民謡の「トロイカ」で、3曲目は「ほたるの光」ですわ。あれま、もう卒業かいな?というのは早計で、4曲目に「駅馬車」、5曲目に「クレメンタイン」ときて、おーアメリカだがねアメリカ、なーんて思っていると次はあっと驚く「まつの木小唄」。あなたまつのも まつのーうーちー、と。ずいぶんずいぶんバラエティーに富んでますわぁ、ホント。7曲目にじっくり聞かせる「忘れな草をあなたに」ときて最後が定番「愛のロマンス」のための練習曲。講師は13才の頃からクラシック・ギターを学び、20才の頃にはジャズ・ギターに転向、NHK定期音楽教室やステージにと演奏活動を行われ、現在まで全国のギター・ファンのための教本、曲集、レコード等、多数を手掛け、その普及と育成に情熱を注がれていらっしゃる児島美ゆき様、でなくて斉藤まもるさんというお方。美ゆき様は表紙だけの御登場でございますよ、シャララーン☆300円也。

by mokki_h | 2009-03-29 17:22 | 児島美ゆき | Comments(4)  

Commented by (Y) at 2009-04-01 22:35 x
mokki様、こんばんは!
児島美ゆき様のちょっとひねった登場ですね。意外とちゃんとした左手のCのコードの押指、右手の親指の5弦へのタッチから見るに、美ゆき様は撮影時にレッスンを受けたのか、はたまた意外にも達者に演奏されるのでしょうか。全くぎこちなさを感じさせませんね。それにしても当時はクラシックギターを抱えれば、誰も彼も「愛のロマンス」、「禁じられた遊びのテーマ」でしたね。今はほとんど耳にすることは無くなってしまいましたが。そう言えば僕が一番最初にテレビのNHK「ギター教室」でお世話になったのは阿部保夫さんでしたね。そのあと「ギターをひこう」では荘村清志さんの回を随分見ましたっけ。
Commented by mokki_h at 2009-04-01 23:16
こんばんは、荘村清志先生!
「禁じられた遊び」といえばイエペス先生、イエペス先生といえば荘村清志先生、荘村清志先生といえば岐阜市本荘出身、そう荘村先生はまさしく我らが郷土岐阜の誇りでなのであります。私も明星の歌本の裏表紙に載っていた『東京音楽アカデミー』のクラシックギター通信教育、あれを是非受講してみたいもんだといつも思ってはいたのですが、結局思っただけで終ってしまいました。あの頃にちゃんと受けておけばよかったかなぁ、とちょっと後悔しております。そうそう、クラシックギターといえば、ケメのプロデューサーの浅沼勇さんはなかなかの名手でしたね。何かで聴いた浅沼さんの演奏が妙にかっこよくてあんな風に弾けたらいいなぁ、と憧れたのを思い出しました。
Commented by (Y) at 2009-04-01 23:39 x
再び今晩は、東京音楽アカデミー様!
東京音楽アカデミーといえば必ず通信教育の申し込みハガキが明星だの平凡だのヤングギターだのに付いてましたよね。当然僕も試聴盤申し込みをしましたとも! 解説:前田武彦氏のナレーションに乗っかって、クラシックギターの名曲のさわりが紹介されていましたっけ。タイトルは『楽しいギター』、ええもちろん今も手元にありますよ。「やれとほ」でも紹介したのですが、いつ掲載したのか自分で忘れてしまっています(笑)。
Commented by mokki_h at 2009-04-02 00:21
様々な種類のギターの通信教育ものが雑誌に載ってましたよね。それでその東京音楽アカデミーの講座ももちろん魅力的だったのですが、結局私はエレックさんの通信講座のうちのひとつである『沢田駿吾ジャズギター教室』を選んで受講いたしましたよ(2006年の10月28日にこれを記事にしております)。沢田駿吾先生のお声とギターが録音された17cmLPレコードが2枚と30ページくらいのテキストが一ヶ月ごとに送られてくる仕組み。これが充実の内容で、とっても勉強になりましたんです。

<< そよ風にキッス グッド・ナイト・ベイビー >>