夕暮れ時はさびしそう

b0100078_0435314.jpg
AV-34 キャニオン・レコード 500円 
A面 夕暮れ時はさびしそう  
B面 コンクリートの壁にはさまれて
 
夕焼け雲さん伝えてくれよ あの娘のお部屋の窓ぎわへ
虫にさされるのはいやだけど 肩をならべていたいよと


 1974年の7月10日に発売されたN.S.P.のヒットシングル「夕暮れ時はさびしそう」です。天野滋さんの作詞・作曲、福井崚さんの編曲。横井精さんが描かれたほのぼのとしたやさしいタッチのジャケットのイラストがこの曲のイメージにしっくり合ってますわ☆B面は、ジェフ・ベック先生を彷彿とさせるチャーの天真爛漫なゴキゲンフレーズがあちこちで炸裂するかっこいいロックナンバー「コンクリートの壁にはさまれて」。天野さんの作詞・作曲、N.S.P.の編曲。

コンクリートの壁にはさまれて
君とボクはじっとりぬれる
はあはあいいながらボクとキスする君は
コンクリートに咲いた花
b0100078_0441698.jpg
b0100078_11243779.jpg N.S.P.のデビュー・アルバム『N.S.P. FIRST』です。1973年6月26日、仙台の電力ホールにて収録されたライブ盤。パチパチ拍手の後に、なんとも歪んだ音のエレキギターが聞こえてくるロックな短いナンバー「N.S.P Cry」から始まって、2曲目がつぶつぶのつぶつぶの「あせ」。MCを挿んでまたもや歪みに歪んだエレキギターの入った3曲目「いい」、4曲目が美しいメロディーの「おひるねの季節」、楽し気でちょっと長めのメンバー紹介のあと5曲目がまたもや、ぐちゃっとしたエレキギター入りのハードなナンバー「ボーカルなんていらないよ」、そのまま歪んだギターが続いて6曲目「ちょうちょ」でA面おしまい。B面1曲目は天野節炸裂のウーウーウー「新青春」、NSPの意味をあれこれ説明のあと2曲目ジャカジャカジャン「がんばれ やせがえる」、3曲目冗談ソングの「便所虫」、4曲目「ぼくの夏休み」5曲目「昨日からの逃げ道」ときてラストが「さようなら」です。全体にアマチュアっぽさ満開の面白いアルバムです☆

(2007年の10月12日にオロ9さんのブログ『あなたに粗茶と音楽を』にコメントさせていただいたものをほとんどそのまままるっと転載)
[PR]

by mokki_h | 2009-02-13 00:52 | N.S.P. | Comments(6)  

Commented by John at 2009-02-13 13:05 x
♪ おうちの人に~怒られるから~呼び出したりしてごめんごめん

初めて聴いた時は一瞬呆然とし、そして大笑いしちゃった記憶があります
でもこれほど味がある曲はないですよね
おいらはこの曲を含めて数枚シングル持っていますが独自の世界を持っているN.S.P.好きだなぁ~(^^♪

しかしチャーはいろんな所に出てきますよね^^
クラフトとふきのとう楽しみだなぁ~
「僕に~」と「白い~」はよく弾き語りで歌ってたんです(*^^)v
ワクワクo(^o^)o
Commented by mokki_h at 2009-02-14 05:11
おはようございます、Johnさん!
私もN.S.P.がけっこう好きなんですが、シングル盤はこれとあと1、2枚しか持っておりませんのです。LPなら傑作ライブ盤のデビューアルバムからずっと7枚目あたりまであるのですが、LPの紹介はなかなかしんどいのでごくたまーに気力&体力が充実した時にやらせていただいております。

天野さんとチャーはとっても仲がよろしかったのですよね、たしか。チャーのために何曲か歌詞も書いておられました。B面の「コンクリートの壁にはさまれて」は美しい友情出演といったところでしょうかね。それにしてもチャーのギターはホント垢抜けていて抜群にかっこいいですわ☆

あ、ふきのとうもクラフトも変化球なしのあたりまえの定番でいく予定(お察しの通り、それとそれ、ですわ)でございます。
Commented by slowhand-hiro at 2009-02-15 17:46
このアルバム持ってました。
Commented by mokki_h at 2009-02-15 20:33
先日から『定番スペシャル』と題しまして、誰もが知っている懐かしいあのグループこのグループ、というのを取り上げているのざます。
Commented by カバン持ち at 2009-02-17 11:38 x
「N.S.P」と~っても好きでした。懐かしいです。
Commented by mokki_h at 2009-02-18 01:13
「N.S.P」お好きだったのですね!私も好きでした。またの機会にN.S.P.さんに登場していただこうかなと思っております。またよろしくお願いします!

<< 八十八夜 東京 >>