もう遅すぎる

b0100078_1934564.jpg
DP 1947 ポリドールレコード 500円 
A面 もう遅すぎる  B面 希望

僕が眠っている間に 僕が夢みている間に
時計の針は回った もう遅すぎる

 
 おフランスの吟遊詩人、ジョルジュ・ムスタキさんの1974年(たぶん)に発売されたシングル盤「もう遅すぎる」です。原題は「IL EST TROP TARD」。ウィ、マダーム!そうです、ジャパニーズ・シャンソン歌手の最高峰、金子由香利さんが「時は過ぎてゆく」のタイトルで日本語で歌っておられたあれですわ。さあ、さっそくこの素晴らしいフォーク調シャンソンの名曲を、いつものように『なんちゃっておフランス語』でそれっぽく、そして気持ちよく真似して歌ってみましょうよ。

パンダン クジェ ダルメイ  パンダン クジェ レヴェ
レジグリ オントルネ イレトロタ
モナファン セシ ロエン  イレ デジャドメン
パセパ セルトン イルニュナ プリュ ポレ ロントン

パンダン クジェ テメイ  パンダン クジェ テヴェ
ラムール シネッタレ イレトロタ
トゥーテ シジョリ ジュシセ ドンモリ
パセパ セルトン イルニュナ プリュ ポレ ロントン

パンダン クジェションテ  マシェリ ベルテ
ドートル トンシャネ イレトロタ
セルタン ソソバトゥ モワジュネ ジャメス
パセパ セルトン イルニュナ プリュ ポレ ロントン

ポルトン ジュヴィトゥジュール ポルトン ジュセラムール
マリーヴェ ムンデシャンテ スーマギター 
プラシャン クジュテ プラシャン クジュフェ
パセパ セルトン イルニュナ プリュ ポレ ロントン

パンダン クジェ ションテ
パンダン クジェ テメイ
パンダン クジェ レヴェ
イレテ トンコールトン

b0100078_19413211.jpg

[PR]

# by mokki_h | 2010-03-31 19:46 | ジョルジュ・ムスタキ | Comments(2)  

化石の森

1973年
b0100078_5244118.jpg
b0100078_5252264.jpg
b0100078_526156.jpg
b0100078_5265565.jpg
b0100078_5275524.jpg


クリックで拡大するざますよ
[PR]

# by mokki_h | 2010-03-24 13:59 | 萩原健一 | Comments(0)  

春よ来い

b0100078_22453698.jpg
b0100078_23473561.jpg
お正月といえば
炬燵を囲んで 
お雑煮を食べながら 
歌留多をしていたものです


 大瀧さんが「春よ来い」で歌っておられました。歌留多は、やりませんでしたが、ビール飲んで、ピザ食べて、ハム食べて、黄色のジュース飲んで、するめ食べて、ポテチ食べて、コーラ飲んで、豆食べて、ワイン飲んで、エレピ弾いて、ドラム叩かずチャンチキおけーさー、ギター弾いて、ワウワウ使って、コーラス使って、ヘイジュード歌って、フールオンザヒル歌って、ドントレットミーダウン歌って、ひとりぼっちのあいつ歌って、ホワイルマイギタージェントリーウィープス歌って、ヘルプ歌わず、レットイットビー歌って、オクトパスガーデン歌って、楽しい楽しいお正月。
[PR]

# by mokki_h | 2010-01-02 22:47 | はっぴいえんど | Comments(8)  

自由への長い旅

b0100078_8341669.jpg
URT-52 URCレコード 400円 

A面 自由への長い旅  B面 今日をこえて

いつのまにか私が
私でないような
枯葉が風に舞うように
小舟が漂うように
 

 1971年の6月5日にURCレコードから発売された岡林信康さんのシングル盤「自由への長い旅」ざんす。録音されたのは1971年の3月12日(Oh!愛しの愛しの詔子ちゃんのお誕生日だわさ☆)ビクタースタジオにて。バックの演奏とコーラスは、ご存知はっぴいえんど!(大滝詠一:Guitar/鈴木茂:Lead Guitar/細野晴臣:Bass/松本隆:Drums 敬称略あいすみませんです)茂さんのカラカラのリードギターの刺すようなフレーズがシビレるほどかっこいいのだ。B面も、はっぴいえんどがバックを務める「今日をこえて」。ジャケット裏のレコーディング・データでは、1971年4月21日にアオイスタジオで録音とありますが、これは書き間違いといいますか誤植で、録音日は1970年の4月21日が正解らしいです。

何とでも言うがいいさ
よい子でいたいお利口さん
あんたにゃわかるまい
今日をのりこえて
明日に生きることなんか

b0100078_8344064.jpg

[PR]

# by mokki_h | 2009-12-29 08:38 | 岡林信康 | Comments(6)  

木枯しの少女

b0100078_11463085.jpg
b0100078_13154958.jpg EPIC83025 CBSソニーレコード 400円

A面 木枯しの少女 SHE'S MY KIND OF GIRL
B面 インガのテーマ INGA THEME

 1972年の冬に大ヒットしたスウェーデンの男性デュオ=ビョルンとベニーの「木枯しの少女」ざんす。美しいメロディーときれいなコーラスが印象的な北欧グループならではの哀愁ポップスですが、内容は、彼女は素敵な顔をしている、とか、とっても好みの娘だ、とか、そんな彼女と公園でお散歩して手をつないで云々、といった他愛無い彼女礼讃の歌のようで「木枯し」は全然関係なさそうですね。もともとはマリー・リシュダール主演の成人向けスウェーデン映画「Inga」(邦題=ただれた関係)の主題歌として出来たものらしいです。それはそうとして、さっそく歌ってみましょうかね。

(前奏)トカラチンテトン トカラチンテトン
トカラチンテトン トカラチンテトン

ルッカラフェイス イツァ 
ワンダホフェイス アンディッミーンズ 
サムティンスペシャルズ フォーミィ
ルッカダウェイ ダッシ
スマイル ウェンシシーズミハウ
ラッキキャン ワンフェロウミィ

シーズジャスマイ カインドブガール
シーメイクスミービーファーイン
フークッド エバービリーブ ダッシー
ウッビーマーイン

シーズジャスマイ カインドブガール
ウィダウトハーアイムブルー
アンディフ シーエバーリーブスミ
ワックッダイドゥー
ワックッダイドゥー

アンドウェンウィゴーファラ ウォーキンダパークシー
ホールズミーアン スクイーズマイヘェンド
ウィルゴーオンウォーキンフォー アワーズアンドトーキンナ
バウ オールダティングスウィブプランド

シーズジャスマイ カインドブガール
シーメイクスミービーファーイン
フークッド エバービリーブ ダッシー
ウッビーマーイン

シーズジャスマイ カインドブガール
ウィダウトハーアイムブルー
アンディフ シーエバーリーブスミ
ワックッダイドゥー
ワックッダイドゥー

(間奏)トカラチンテトン トカラチンテトン
トカラチンテトン トカラチンテトン

シーズジャスマイ カインドブガール
シーメイクスミービーファーイン
フークッド エバービリーブ ダッシー
ウッビーマーイン

シーズジャスマイ カインドブガール
ウィダウトハーアイムブルー
アンディフ シーエバーリーブスミ
ワックッダイドゥー
ワックッダイドゥー

シーズジャスマイ カインドブガール
シーメイクスミービーファーイン
フークッド エバービリーブ ダッシー
ウッビーマーイン
 
【ためになる解説】
 ベニー・アンデルソンは1963年から1966年まで、北欧のポップス界の中心的存在であった人気グループ「ヘプスターズ(The Hepstars)」の一員として活躍し、その後作曲家を始めて、すでに何曲かのヒット曲を発表しています。ビョルン・ウルヴェースは1963年から今日に至るまで、スウェーデンでもっとも成功しているフォーク・グループ「フ−テナニ−・シンガーズ」の一員としてテレビやレコードで活躍する一方、作曲にも早くから携わっていました。2人の最初の出会いは、1964年に地方公演でたまたま属しているグループが一緒になった時らしく、その時お互いの才能を認めあったそうです。2人の曲は、他のグループが取り上げて演奏をしていたのですが、1966年に「ヘプスターズ」が解散すると、作曲だけでなく歌も演奏も2人でやろうということで「ビョルンとベニー」の2人組が誕生したというわけです。

(2006年7月9日の記事に耳コピのお歌を加筆して再投稿)
[PR]

# by mokki_h | 2009-12-27 19:49 | ビョルンとベニー | Comments(4)  

雨宿り

b0100078_17163274.jpg
b0100078_1719980.jpgAV-16 キャニオンレコード 500円 

A面 雨宿り  
B面 明日天気になあれ 

雨は雨だれ 夜しぐれ
春は春雨 ささめ泣き
急ぐ足では ないけれど
なぜか悲しい 雨宿り


 1973年の4月25日に発売されたケメのシングル盤「雨宿り」です。作詞は門谷憲二さん、作曲はケメ、編曲は東海林修さん。「通りゃんせ」同様にエレックさんで企画・制作されたものを大手のキャニオンさんで発売するという独特の戦略がとられておりますよ。それはそうとしてケメがちぎろうとしている柿は、1.皮をむいて 2.ひもにつるして 3.乾燥させる、所謂『干し柿』にして食するしぶ柿ですな。あれ美味いんですよねぇ、表面の白くなったところが妙に甘くて。大好きなんですわぁ干し柿☆ おこたに入って二つ三つ 食べたい気持ちになりまする。B面はケメの作詞・作曲・編曲による、お洒落で可愛らしいひとりふた役ボサノヴァソング「明日天気になあれ」。
b0100078_1719476.jpg


今日写真とろう
ミロを連れてくわ
セルフタイマーなんだ
ころんじゃだめよ
芝生の上を小犬が歩く
明日天気になあれ 明日天気になあれ
[PR]

# by mokki_h | 2009-12-06 17:21 | 佐藤公彦 | Comments(0)  

好き好き!テンプターズ☆(その2)

大好きなテンプターズのブロマイド特集、第2弾どすえ。

b0100078_1954995.jpg
b0100078_195423100.jpg
b0100078_19543548.jpg
b0100078_19544860.jpg
b0100078_1955053.jpg
b0100078_19551545.jpg

[PR]

# by mokki_h | 2009-11-29 19:56 | ザ・テンプターズ | Comments(2)  

ラブ・サイン

b0100078_16134738.jpg
FS-1052 フィリップスレコード 400円
A面 ラブ・サイン  B面 雨の星(レイニー・スター)

町のはずれの プラタナスの木に
みつけたよ ラブ・ラブ・サイン
月のひかりに 泣いているような
きみが書いた ラブ・ラブ・サイン


 大ヒットしたデビューシングル「小さなスナック」に続いて1968年の8月25日に発売されたパープル・シャドウズのセカンドシングル「ラブ・サイン」ですし。前作同様、作詞は牧ミエコさん、作曲はリーダーの今井久さん(ジャケット写真の左から2番目のお方)。甘くてとろけるようなメロディーに「わかっていてくれたんだね」とか「おもっていてくれたんだね」なーんていうちょっとばかし恥ずかしいセリフが挿入されるロマンチックGS歌謡。B面は、しつこくむらさき色にこだわった歌詞に何か揺るぎない自信のようなものを仄かに感じさせる「パープル・スカイ」。ジャジーでクールなサウンドがじつにかっこいいのだ☆こちらも牧ミエコさんの作詞、今井久さんの作曲。

レイニー・スター 雨の夜にひとしずく
涙をながして あなたは消えた
雨の夜に ただひとつ
なみだの輝き むらさきの星
b0100078_1614931.jpg

[PR]

# by mokki_h | 2009-11-28 16:15 | パープル・シャドウズ | Comments(0)