カテゴリ:ブライアン・オーガー( 1 )

 

タイガー

b0100078_2035921.jpg

DP-1626 日本グラモフォン 400円
A面 タイガー  B面 オー・ベイビー・ウォンチュー

b0100078_20195733.jpgブライアン・オーガーとトリニティというとなんといってもジュリー・ドリスコールさんがヴォーカルで参加しているアルバム『ストリート・ノイズ』収録の必殺チューンインディアン・ロープマン」が滅茶苦茶かっこよくて最高ですね。LDの『ビート・クラブ』でb0100078_20215617.jpg見ることの出来る、グルーヴィーなトリニティの演奏に乗って歌い踊るジュリーさんのモノクロ映像も(口パクとはいえ)かなり楽しめます。横に揺れるアクションがなんともかっこいいです。

 シングル「タイガー」にはジュリーさんは不参加で、オルガンのブライアン・オーガーさん、ドラムスのクライヴ・デヴィッド・サッカーさん、そしてベースのデヴィッド・エドモンド・アンブローズさんのトリオトリニティの単独の演奏ですが、「インディアン・ロープマン」に負けず劣らずのかっこよさです。虎が吠えているようなオーガーさんのハモンドが暴れまくります。

タラタッタ タラタッタ タタ ギュワワォォウッ!
タイガァァ アイムカミン フォユゥゥ〜

B面は「オー・ベイビー・ウォンチュー」。原題は「Oh Baby Won't You Come Home To Croydon Where Everybody Beedle And Bo's」という長ったらしいものです。ディランの「雨の日の女」みたいな、ざわざわと騒がしいブルース調の曲。
[PR]

by mokki_h | 2007-01-13 20:57 | ブライアン・オーガー | Comments(0)