「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:尾崎紀世彦( 4 )

 

どこから来たのか おまえと俺

b0100078_19192428.jpg

b0100078_19202939.jpg富士重工企画・製作の『レオーネ クーペ1400』販促用ソノシートです。歌の上手さもピカイチですが、他の国産歌手には真似の出来ないスケールの大きな欧米な雰囲気もキーヨこと尾崎紀世彦さんの魅力のひとつです。ふにゃふにゃっとしてくるっと曲がった独特のワイルドな髪型、そしてトレードマークのごっついもみあげ、民族衣装のようなファッショナブルなスタイル、片膝を立てたポーズもかっこよくキマっています。

どこからきたのか おまえとおれは
かぜにたわむれる とりのように
さすらいながれる ふたりのきずな
レオーネ レオーネ レオーネ


キーヨの素晴らしい歌いっぷりを真似しているつもりが、知らぬ間に子門真人さんになってしまっていた、なんていう話もよく耳にしますね。1971年。

どこから来たのかおまえと俺 ♪
[PR]

by mokki_h | 2012-12-29 22:20 | 尾崎紀世彦 | Comments(2)  

さよならをもう一度

b0100078_2110651.jpg
b0100078_21111945.jpgFS-1203 日本フォノグラム 400円
A面 さよならをもう一度  
B面 夕やけの誓い

このままいると こわれそうな
二人だから はなれるのさ
いつか逢える きっと逢える
さよならは 愛のことばさ


 1971年の7月25日に発売された和製トム・ジョーンズ尾崎紀世彦さんの大ヒットシングル「さよならをもう一度」です。作詞は阿久悠さん、作・編曲は川口真さん。b0100078_21114663.jpg左手に握られている、ほっそりとした妙に近未来的なフォルムのマイクが面白いですわ。拡大して見ると先っちょに『NY』の文字が確認できますから、これはおそらく『SONY製』でしょう。「キーヨの圧倒的な声量のダイナミックな歌唱に耐えられるのはSONYの高性能マイクロフォンだけ☆」ってなコピーがついて売られていたかどうかは、もちろん不明です。
[PR]

by mokki_h | 2008-04-07 21:26 | 尾崎紀世彦 | Comments(6)  

愛する人はひとり

b0100078_20254069.jpg
b0100078_2037586.jpgFS-1225 日本フォノグラム 400円
A面 愛する人はひとり  
B面 自由であれば

愛はあの日でやめた
今はつめたい胸
たとえお前が好きと
いってくれても無駄なのさ


 1971年の11月25日に発売された、尾崎紀世彦さんのシングル盤「愛する人はひとり」です。阿久悠さんの作詞、筒美京平さんの作・編曲。「あの人以外はイヤなのよ。そんな目をして見ても、ムダムダ。絶対にダメだもんね、断固拒否しま~っす。」いう内容の頑固一徹星一徹な男の歌を圧倒的な声量で歌い倒すキーヨ。かっこいいですわ~、かっこいい。疾走感を増幅させるホーンセクションと劇的に盛り上がるストリングスがこれまたいいのです。
[PR]

by mokki_h | 2007-11-07 20:38 | 尾崎紀世彦 | Comments(8)  

いまここに

b0100078_20162138.jpg
心ときめく 夜のレオーネ 

b0100078_2020415.jpg『レオーネハードトップ1400』販促用の非売品ソノシート「レオーネハードトップの唄 いまここに」です。企画製作は富士重工業。作詞は本庄一郎さん、作曲は荒川康男さん。日出づる国最高のヴォーカリスト尾崎紀世彦さんの素晴らしい歌声に酔いしれるのも、いいもんです。ジャケット写真の鮮やかな極彩色のお召し物がよくお似合いの素敵な女性は鰐淵晴子さんです。1973年。


まっ[B♭]て いたのさ このと[E♭]きを〜かんじ[Cm7]て いたのさ 
このむ[B♭]ねで あいをつれて さまよ[E♭]う 
ふ[Cm7]り かえれ[F7]ば あな[B♭]た [F7]ぎん[B♭]いろのときが
ながれ[Cm7]て い[F7]ま はじまる い[B♭]ま ここに
こころ ときめ[Cm7]く よる[E♭]の レオー[Cm7]ネ お[F7]お レオ〜[B♭]ネ〜


レオーネハードトップの唄 ♪
[PR]

by mokki_h | 2006-11-30 20:39 | 尾崎紀世彦 | Comments(6)