「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ジェフ・ベック( 4 )

 

ミュージック・ライフ 1973年7月号

b0100078_2024205.jpg
シンコーミュージック 定価300円

 ロック・ジェネレーションのための雑誌『ミュージック・ライフ』1973年7月号の「来日三大グループ、インタビュー集」には、ほぼ同時期に来日公演をしたベック・ボガート&アピス、ハンブル・パイ、テン・イヤーズ・アフターのコンサート・レポートとインタビュー記事が載っていますが、なかでも目玉となるのは表紙にもジャジャーンと登場のBB&A。b0100078_2027539.jpg1973年5月14日からの来日公演の様子をカラーと白黒の写真を使って紹介、そして、最初のうち、ベック先生はあんまり話をしなくて、ほとんどカーマイン・アピスのおしゃべりばかりで途中からなんとか話を聞けたというインタビュー。ロンドンでゴーイン・ダウンをやっていた時に「やあ、僕はドン・ニックス。その曲を書いたのは僕だよーん」と自己紹介されたのがドン・ニックスとの交流の始まり、とか、レッド・ツェッペリンでのジミー・ペイジのプレイはあんまり好きではないけど、ツェッペリンを離れてプレイする時は好き、とか、恋はみずいろをやったのはミッキー・モストがヒット間違いなしとかいって、そのまま言われる通りにギターを弾いただけ、もう最悪でしたわ、とか、ピーポーゲットレディみたいな曲が好き、とか、でも一番のお気に入りはスティービー・ワンダーなんですわ、とかいろいろ語っておられますが、それに続いての高中正義さんと石間秀機さんによるステージ評がとっても面白いのでまるっと引用させていただきます。

奇想天外なベックのギターにダウン/高中正義

 BB&Aの3人が登場する前に、ステージに並べられたPA・システムが先ず僕の目を捕えてしまいました。ツイーターが18、アンプが10、モニターが4といった具合に、大音響の中で演奏する際、最高に近い状態でプレイ出来るセッティングに只々、感心してしまった訳です。いよいよ、3人の登場。とても3人のプレイとは思えぬ音の幅、その豊かさにビックリです。全くスタイルは違いますが、現代のクリームが彼らなのかもしれません。ベックのギターはやはりブルーノート、基本的にはブルースを基盤にしているのはレコード同様明らかでしたが、なにしろメチャクチャ、とにかく奇想天外なフレーズが息つく間もなく飛び出してくるのです。彼には、キング・クリムゾンのロバート・フリップを除いた他のギタリストにはみられない独創的なフレーズのひらめきがあるのです。そして、何よりもベックというギタリストはとても恵まれていると思います。何故なら物凄いテクニックがある上、それ以上にそのテクニックを使いこなすフィーリング、そしてムードがあるからなのです。多くのギタリストに言えるのは、テクを磨けば、感情が仲々追いつかないということ。そんな問題点をベックは解決していました。そして最大の驚きはベックを含む3人のバランスのとれた力量です。そして、そのノリも実にファンキー。ベックのソウルへの憧れは有名でしたし、事実、彼はティムとカーマインのリズムにファンキーなノリを求めていましたが、ベックのギターはやはり、イギリスの音でしかなかったというのも面白い発見でした。しかし、彼は今後増々、ソウル特有のノリをうまく消化していきそうな気がします。コンサートがハード一辺倒の印象で、彼のギターの細やかな面が余り聞かれなかったのは心残りでしたが、同じギタリストとして、ベックはやはり、何をしでかすか分からない魅力あるスーパー・ギタリスト以外の何者でもなかったのでした。

もう一発出し切っていなかった底力/石間秀機

 何年か前の深夜放送で”ハートせつなく”という曲を耳にした時に、初めてベックの名前を知った。その曲の感じの良さに参ってしまったし、ベックのギターはそのすごい電気ショックを伝えてくれた。そしてこの曲は今だに忘れられない曲の1つになっている。あの何とも感じの良い、優しいそして力強い音は、今だにレコードを引き出して聞き入りたい程のものだ。ヤードバーズ時代から現在まで、多くのグループ活動を経て来ながらも、いつも、何か自分の一徹なものを残しているベックがこれからどんな風に進んで行くか、興味を引くかもしれない。先日、武道館でその演奏を聞いてみて、やはりベックのギター・テクニックには何かすごいものを感じた。さすがはベック、曲の乗り出し等は典型的なものだ。勝手な想像とイメージでステージを見たせいか、何かピントが合わなかったが、それもベックのせいじゃなく、自分の好みのせいだと知った。というのは、昔のベックにはもっと深みのある、あの力強い中にもやさしさを感じたのに、今度の生ではまったくそれが感じられなかった。もっと大きく包み込むものを期待して行った僕には残念でならなかった。あれもベックに違いないけどレコードで伝わってくるその良さが、何故生では無かったのか不思議だし、もしこのままのベックだったら、この後僕には何の魅力も伝わってこない。最近のレコードはあまり耳にしていないが、あの他の二人と一緒ではベックのベックたるものが消えてしまいそうだ。彼のやり方を自分の好みにあてはめて考えたらこんな具合に感じる。何か昔のことにこだわる様だけど、あの快いベックの音楽は何処へ行ってしまったのか、とてもはがゆい。やっぱりベックとて人間なのだから。ベックのあの独特のテクニックは、そして迫力は他に類のない素晴らしいものとしていつまでも残るだろうけれども、もっとゼイタクを言わせてもらえば、その奥にベックのあの快い感じをもっとはっきり表してくれたらどんなにすばらしいことか。ベックは変にサービス精神を出すことなど考えずに、自分の心からの表現で、多くの人にその魅力や暖かさを感じさせることの出来るプレイヤーのはずだ。表現の仕方は今の僕の好みではないけど、何かもっと底に力を持って一発出し切らないでいる様に思えてならない。ベックにギターの魅力を教えられた僕にとっては一寸もの足りなく思えたコンサートだった。JEFF BECKガンバレ!!
b0100078_19232791.jpg

[PR]

by mokki_h | 2007-07-23 20:30 | ジェフ・ベック | Comments(4)  

迷信

b0100078_22335197.jpg
ECPB-227 CBS・ソニーレコード 500円
A面 迷信 SUPERSTITION(4分18秒)
B面 スウィート・スウィート・サレンダー SWEET SWEET SURRENDER

 ジェフ・ベック先生が弾いておられるストラトは、このジャケットではラージ・ヘッドのやつなのですね。ヘッドの小さいやつのほうがかっこいいような気もしますが、これはこれで、またいいもんです。「迷信」はスティーヴィー・ワンダーさんがベック先生のために作ってあげたものを、モータウン・レコードがベック先生のリリースよりも先にスティーヴィーさんのシングルとして発売し、これが大ヒット。先生はえらくご機嫌を損なわれたらしいのですが、仮にスティーヴィーさんの「迷信」が後に出ていたとしても、結果は同じだったでしょうね。BBAのハードロックなアレンジももちろん良いのですが、スティーヴィーさんのオリジナルは、もうかっこよすぎて勝負になりません。クラヴィネットの前奏からして、最高ですもんね。
b0100078_18423574.jpg
JET-2168 ビクター音楽産業 500円
A面 迷信  B面 ユーヴ・ゴット・イット・バッド・ガール

b0100078_22385860.jpg B面の「スウィート・スウィート・サレンダー」はドン・ニックスさんのアルバム『Hobos,Heros and Street Corner Clowns』に収録されているバラードで、メロディとコード進行が「アイ・シャル・ビー・リリースト」に似ています。このスタジオ・バージョンはアコースティック・ギターの入った、オリジナルに近いアレンジですが「迷信」、「スウィート・スウィート・サレンダー」共にBBAの73年5月18、19日の大阪公演の実況録音盤『Beck Bogert Appice Live』でのプレイのほうが数段良いですね。トーキング・モジュレイターを使ったユニークなプレイが魅力の「黒猫の叫び」もオリジナルはこの『Hobos,Heros and Street Corner Clowns』に入っています。

b0100078_22394097.jpg BBAライブの「スウィート・スウィート・サレンダー」では、緩急自在の見事なフレーズとその構成、絶妙なピッキングとタイミング、どれをとっても素晴らしい天下一品のギター・ソロを聴くことができます。同じ面の3曲目、カーティス・メイフィールドさんの「アイム・ソー・プラウド」の間奏も甘美です。「リヴィン・アローン」や「ホワイ・シュッド・アイ・ケア」などのハードでスピーディーな曲でのベック先生はいいに決まっていますが、こうしたしっとりじっくり聞かせる曲での先生のギターはまさに『ハートフル・オブ・ソウル』であります。

[PR]

by mokki_h | 2006-09-05 22:54 | ジェフ・ベック | Comments(0)  

ヘヴィー・ベック!

b0100078_21201061.jpg
OP-4586 東芝音楽工業 600円
A面 1. 監獄ロック Jailhouse Rock 2. 絞首刑執行人のひざ Hangman's Knee
B面 1. ライス・プディング Rice Pudding

b0100078_21214734.jpg 最近はジェフ・ベック先生も、クラプトンさんのようにもっぱらストラトをメインにしておられるようですが、レスポールを抱えたお姿は、やはりかっこいいですね。BBAの時の黒っぽくて、ブリッジとテールピースがひとつになったやつも良かったですが、ジャケットに写っているサンバーストのレスポール・スタンダードは、見事なトラ杢が夕陽を浴びて輝く海のごとし、の素晴らしさで、ベック先生のギターを持つ角度がこれまたかっこいいのです。ジャケットの裏面には『いまや伝説と化したジェフ・ベックのギター・プレイ!』とあり、下の方の囲みには、わざわざJeff Beck uses Gibson Les Paul Model with powerful Marshall 100 watt Amplifires. とギブソンとマーシャルの宣伝文のようなものが書いてあります。

b0100078_20393887.jpg
CEB-11 キングレコード 定価記載なし

ヒット・メーカー 第2集

A1 世界は日の出を待っている  A2 カラハン氏
B1 タイガー・ラグ  B2 テネシー・ワルツ

 レスポールを弾くベック先生を見ながら「レスポール、レスポール」と呪文を唱えているうちに、先生の師匠とも言うべきレス・ポールさん御本人のレコードが聴きたくなってきます。レス・ポールさんの技は信じられないくらい素晴らしく、若き日のベック先生が憧れたのも、無理からぬ話であろうと、しみじみ納得してしまいます。奥様のメリー・フォードさんとのデュエットアルバム『THE HIT MAKERS!』をレコードが擦り切れるくらい聴いて、達人の鮮やかな技を出来る限り盗んでしまいましょう。


「世界は日の出を待っている」より ♪
[PR]

by mokki_h | 2006-09-04 21:50 | ジェフ・ベック | Comments(0)  

監獄ロック

b0100078_21401425.jpg

OR-2423 東芝音楽工業 400円
A面 監獄ロック JAILHOUSE ROCK (3'12")
B面 プリンス  PLYNTH (3'04")

これぞハートをゆさぶるヘヴィー・ロックン・ロールの名演!!

 もちろん今だってジェフ・ベックは大スターである。けれども1970年を迎えて、彼の名は一部のブルース愛好者のみにとどまらず、一般のヒット・ソングのファンの間でも大変にポピュラーなものとなるに違いない。と言うのも今度ジェフ・ベック・グループの2枚目のアルバム「ジェフ・ベック!(COSA NOSTRA BECK-OLA OP-8814)」から素晴らしい新曲がシングル盤で発売されることになったからなのである。
 「監獄ロック」、あのエルヴィス・プレスリーの古典的ロックン・ロールが、ジェフ・ベックの手によって新しいブルースの魂を吹き込まれ今ここに甦ったのだ。この曲のヒットによって、より多くのポピュラー・ファンがジェフ・ベックの素晴らしさを知ってくれるとしたら、本当に嬉しいことである。
 
b0100078_2304827.jpg さて、エリック・クラプトン、マイク・ブルームフィールドと並んで世界の三大ギタリストとうたわれるジェフ・ベックについては今更説明を要しないが、とにかくヘヴィ・ギタリストの最高峰として数多くのアーティストに影響を与えている。独創的なフレイズをもつ即興演奏はまさに天才的感覚の横溢であり、フィードバック奏法、スライディング、極端に行うスケールダウン等ヤードバーズの頃からジェフ・ベックの試みて来た演奏方法はロックン・ロールのギター・プレイに革命的功績を残して来た。
 ところで、ジェフ・ベックは解散を伝えられているヴァニラ・ファッジのメンバーを加えて新しいジェフ・ベック・グループを結成する筈であったが、去年11月2日、ケント州メイルストーンで愛用のカスタム・メイドのT型フォードを運転中に大事故を起こし車は大破、彼もかなりの重傷を負ってしまった。病院の方は一週間で退院したものの数カ月は演奏活動を出来る状態ではないらしく、新しいグループの方も全く進展していない。一日も早く全快して、元気なジェフのニュースを聞きたいものだ。そして実際に彼のステージを見ることの出来ない私達にとってはジェフ・ベックの発表する新しいアルバムが待たれるのである。1970年の新しいジェフ・ベックを知る為にも‥‥。


★監獄ロック 1969年におけるポピュラー界の最大のニュースに、エルヴィス・プレスリーの華麗なるカムバックがあげられる。8月にラス・ヴェガスで行われたプレスリーのショーには、世界中のアーティストがこれを見るために集まった。この時のエルヴィスのギャラは100万ドルと言われているが、確かにそれだけの価値のある大スターなのである。ヘヴィー・ロックのアーティスト達にもエルヴィスの影響は想像以上に大きなものがあり、それはジェフ・ベックも例外ではない。昨年の7月にレコーディングされた「COSA NOSTRA BECK-OLA」にこの「監獄ロック」と「オール・シュック・アップ」のプレスリー・ナンバーが入っていたことは、決して驚くにはあたらないことなのだ。ロッド・ステュワートの強烈なヴォーカルを引き立て、そのメロディー・ラインに沿って展開されるジェフのアドリブに注目して頂きたい。
 
★プリンス これも「COSA NOSTRA BECK-OLA」に収められていた曲である。この時のジェフ・ベック・グループはヴォーカル=ロッド・スチュワート、ピアノ=ニッキー・ホプキンス、ベース・ギター=ロン・ウッド、ドラムス=トニー・ニューマン、それにジェフ・ベック。いずれも凄腕の連中を集めたスーパー・グループである。作詞作曲はスチュワート、ホプキンス、ウッドの三人。

[PR]

by mokki_h | 2006-05-22 22:18 | ジェフ・ベック | Comments(0)