カテゴリ:高田恭子( 2 )

 

星空のマサチューセッツ

b0100078_19233443.jpg
b0100078_19261538.jpgFS-1031 フィリップスレコード 370円
A面 星空のマサチューセッツ 
B面 夢の牧場

あの人の声がする
星空を見上げては
思いは走る マサチューセッツ


 「バラが咲いた」のマイク真木さん率いる和製ポップス・フォークのスーパーグループザ・マイクスの1968年に発売されたシングル盤「星空のマサチューセッツ」です。b0100078_19265025.jpgマサチューセッツといえば、そうビー・ジーズですね。はい、こちらはタイトルに「星空の」とついていますがビー・ジーズの「マサチューセッツ」の秀逸な日本語カヴァーで、なかにし礼さんが訳詞をされているんですよ。マイクスのメンバーは、ジャケット写真の後列一番左が「若者たち」のヒットで広く知られているモダン・フォークグループ、ブロードサイド・フォーのメンバーだった鶴原俊彦さん、真ん中がロビー和田とニュー・フォークスのリーダー、ロビー和田さん、一番右が御存知マイク真木さん、前列右の片膝を立てている男性がブロード・サイド・フォーの横田実さん、b0100078_19295121.jpgそして床に腰を下ろしておられる紅一点が、短命に終わったこのスーパーグループ、ザ・マイクス解散後の1969年、浜口先生作詞・作曲の名曲、恋はみじかい夢のようなものだけど おんなごころは 夢を見るのが好きなのみんな夢の中」の大ヒットで世に出られることとなる高田恭子さんであります。B面は、日高義さんの作詞、村井邦彦さんの作曲によるファンタスティックなフォークロック風オリジナル・ソング「夢の牧場」。

月の光に 魅せられた夜 夢みたあの牧場 
バラや野菊が 泉のほとりで愛をささやいて

[PR]

by mokki_h | 2008-02-24 19:45 | 高田恭子 | Comments(8)  

みんな夢の中

b0100078_21393871.jpg
BS-970 キングレコード 370円
A面 みんな夢の中  B面 耳のうしろで

今宵は浜口庫之助メロディーの名曲「みんな夢の中」をギターをポロンポロンと鳴らしながら歌ってみましょう。

C]koi wa miji[F]ka[C]i
C]yumeno [F]yo o na[C]mono dake[G7]do
C]onna goko[F]ro [C]wa yume wo miru[G7]noga sukina[C]no
C]yumeno kuchi[Am]zuke yumeno[Em]nami[Dm7]da[G7]a
EmからDm7→G7といくところがとっても美しくていいですね。
C]yorokobimo[F]kanashimi[C]mo minna[F]yume[C]no[G7]na[C]ka

C]yasashii ko[F]toba[C]de
C]yumega[F]haji[C]matta no[G7]ne
C]itoshii hi[F]to [C]wo yumede tsuka[G7]mae tano[C]ne
C]mimo koko[Am]ro mo agete[Em]shima[Dm7]ta ke[G7]do
C]nande oshi[F]ka[C]ro douse[F]yume[C]da[G7]mo[C]no

 
b0100078_2262543.jpg 高田恭子さんは同志社女子高等学部卒業後、関西でフォークソングのアマチュアコンサート等に出演していました(竹田の子守歌を歌ったのは高田さんが最初です)。その後マイク真木氏にスカウトされ上京、マイク氏率いるザ・マイクスで活動されていましたが、ザ・マイクスは解散。昭和43年、報知新聞社主催による「第1回カンツォーネコンクール」に応募しこれに優勝、直後「ルチアーノ・タヨーリと共に」で彼と共演し、デュエットもしました。その折に歌った「花咲く丘に涙して」が好評を博し、タヨーリからも大変ほめられ、彼の来日記念盤LPに実況録音で「カーザビアンカ」をレコーディングしました。その後、NHKの「世界の音楽」等にも出演し、コンクール優勝の副賞としてイタリア旅行と、サンレモ音楽祭に出席、帰国と同時に浜口庫之助作詞・作曲の「みんな夢の中」で昭和44年3月1日にレコード界にデビュー、同年のレコード大賞新人賞を受賞しています。この年にデビューした新人歌手には、ちあきなおみ、ピーター、千賀かほる内山田洋とクールファイブ等がいました。オリコンチャートでの最高位は同年5月26日付の第17位。この週のベスト3は、第1位=由紀さおり「夜明けのスキャット」、第2位=森進一「港町ブルース」、第3位=カルメン・マキ「時には母のない子のように」でした。

※第4位以下は、
4位=ピンキーとキラーズ「七色のしあわせ」5位=ザ・タイガース「美しき愛の掟」6位=鶴岡雅義と東京ロマンチカ「君は心の妻だから/泣いた日もある」7位=はしだのりひことシューベルツ「風」8位=北島三郎「仁義」9位=内山田洋とクールファイブ「長崎は今日も雨だった」10位=いしだあゆみ「涙の中を歩いてる」11位=ジリオラ・チンクエッティ「」12位=橋幸夫「京都・神戸・銀座」13位=いしだあゆみ「ブルー・ライト・ヨコハマ」14位=ヒデとロザンナ「粋なうわさ」15位=ザ・ゾンビーズ「二人のシーズン」16位=森山良子「禁じられた恋」17位=高田恭子「みんな夢の中」18位=ピンキーとフェラス「マンチェスターとリバプール」19位=メリー・ホプキン「グッドバイ」20位=青江三奈「新宿サタディナイト」

喜びも 悲しみも みんな夢の中〜
[PR]

by mokki_h | 2006-10-14 22:07 | 高田恭子 | Comments(2)