カテゴリ:南沙織( 10 )

 

17才

b0100078_1951684.jpg
b0100078_195254.jpgSONA 86183 CBS・ソニー 400円 
A面 17才  
B面 島の伝説
 
誰もいない海
二人の愛を 確かめたく
あなたの腕を
すりぬけてみたの


 1971年の6月1日に発売されたシンシアの記念すべきデビューシングル「17才」ですよ。b0100078_1954228.jpg有馬三恵子さんの作詞、筒美京平先生の作・編曲による永遠不滅のアイドルポップス第1号

好きなんだもの
私は今 (パッパヤッパー)
生きている (アーアー)

ガチャガチャと騒々しいユーロビートに乗せた森高千里さんのリメイク盤が発売されたのは18年後の1989年の5月25日のこと。可愛らしい振り付けととっても素敵な衣裳が評判となって、こちらも大ヒットしましたね☆
b0100078_19572359.jpg
LRS-2022 ワーナー・パイオニア 非売品
A面 17才
B面 溝なしのつるっつる
b0100078_201583.jpg

[PR]

by mokki_h | 2008-08-30 20:20 | 南沙織 | Comments(4)  

哀しい妖精

b0100078_22223393.jpg
b0100078_2223551.jpg06SH 58 CBS・ソニー 600円 
A面 哀しい妖精  
B面 空色のインクで
 
いくつの手紙出せば
あなたに逢えるかしら
いくつの涙流せば
この想い届くでしょう


1976年の9月1日に発売されたシンシアのシングル盤「哀しい妖精」です。作詞は松本隆さん、作曲はジャニス・イアンさん、編曲は萩田光雄さん。b0100078_22501310.jpgアメリカーンなアコースティック・サウンドが気持ちいいシンシア版「風に吹かれて」。間奏には、ちゃーんとディラン風のハーモニカも入ってますよ、プフープフー♪

あぁ恋人よ その答はあなたが教えてね

B面は、中里綴さんの作詞、田山雅充さんの作曲、萩田光雄さんの編曲による和風な哀愁フォーク歌謡「空色のインクで」。

わたしに便箋をください
あなたがつかってたものを
淋しくなったら便りをします
青空の色をしたきれいなインクで
[PR]

by mokki_h | 2008-08-22 22:41 | 南沙織 | Comments(0)  

早春の港

b0100078_1144295.jpg
b0100078_1154541.jpgSONA 74 CBS・ソニー 400円
A面 早春の港  
B面 魚たちはどこへ

ふるさと持たない
あの人の
心の港に
なりたいの


 シンシアの1973年の1月21日に発売されたシングル盤「早春の港」です。作詞は有馬三恵子さん、作・編曲は筒美京平さん、ジャケット写真撮影は、はいもちろん篠山紀信さん。ザッブーンいう大きな波の音に続いて聴こえてくるアコースティックギターがじつに爽やかです。好ーきとも言わないし おーたがいに聞かない
b0100078_1161842.jpg
見開きジャケットの中に写っている白いハイソックス姿のシンシアのモノクロ写真もいい。白いくつ下が、はい、とってもよく似合ってますわ☆ B面も有馬&筒美先生コンビの春のふるさとソング「魚たちはどこへ」。春の魚たちは どこへ消えていった 遠い生れ故郷 捨てたか
b0100078_1183066.jpg

[PR]

by mokki_h | 2008-03-08 11:14 | 南沙織 | Comments(4)  

哀愁のページ

b0100078_1111197.jpg
b0100078_11121889.jpgSOLY-7 CBS・ソニー 450円
A面 哀愁のページ  
B面 美しい娘たち

みんな女の子は
哀しみが好きよ
さよならするたびに
きれいな花びらに変わるのね


 Say!What do you think of loneliness?「純潔」に続いて1972年の9月21日に発売されたシンシアの5枚目のシングル盤「哀愁のページ」です。いつものように作詞は有馬三恵子さん、作・編曲は筒美京平さん。レコードのお値段がいつもより50円高いのは、原油価格の高騰による原材料費の上昇云々、というわけではなくて、えっ消費税率が12.5パーセントにアップされたの?そうなの?なんてことも消費税そのものがないわけですからもちろんその理由ではありません。はい、50円だけ高いその理由は、ジャケット。そうレコードジャケットが篠山紀信さん撮影による写真と雑誌『明星』と『平凡』からのそれを組み合わせた、ちょっとした、それでいてなかなか豪華な写真集になっているんですね。これはCBSソニーさんからの嬉しい嬉しいプレゼントですわ☆50円でこれだ けのものを付けていただけるならば、諸手をあげて歓迎いたしますですよ。B面は『平凡』の募集歌で、土橋正之さんという方の原詞を有馬さんが補作され、筒美京平さんが曲をつけられた「美しい娘たち」。
b0100078_11165012.jpg
b0100078_11171668.jpg
b0100078_11172813.jpg
b0100078_11174122.jpg
b0100078_111754100.jpg
b0100078_1118656.jpg

[PR]

by mokki_h | 2007-12-23 11:24 | 南沙織 | Comments(4)  

潮風のメロディ

b0100078_22532091.jpg

b0100078_22541389.jpgSONA 86202 CBS・ソニー 400円
A面 潮風のメロディ  
B面 なぜかしら

潮風に吹かれると
想い出す あなたのこと


 1971年10月1日発売のシンシアのシングル盤「潮風のメロディ」です。作詞は有馬三恵子さん、作・編曲は筒美京平さん。イントロの[C]タンタンター[Em]ターンタターン[Dm7]タンタンター[G7]ターンターターがいかにも潮風って感じでいいですね。感傷的な歌詞とメロディーを持ったサビをちょっとだけ歌ってみましょうかね。

Am]もぅお ひとこと いわれ[Em]た~ら~
Am]こぉいーびとぉで いたの[Dm]に~
「言われたら」を丁寧に、シンシアっぽく。た~ら~

E7]ひぃとりで[Am]あーるく みなっ
E7]と はーじめて[Am]くっちづけした[Em]ひ~を
「ターンタタタ タッタタ タタッタ〜ン」とGS風のノリでリズムに乗ってメリハリつけて。

Am]あーなたも[Em]わっす[Am]れずにー
Dm7]いるーか[G7]しー[C]らー
[PR]

by mokki_h | 2007-08-24 23:08 | 南沙織 | Comments(4)  

夏の感情

b0100078_19574544.jpg
b0100078_2012411.jpg
SOLB-153 CBS・ソニー 500円
A面 夏の感情  
B面 愛の序曲

お陽様の真下で
受け入れてもいい


 
 1974年6月21日発売のシンシアのシングル「夏の感情」です。b0100078_2015686.jpgレイラ風味の「傷つく世代」と似たタイプの疾走チューンですが、こちらはホーン・セクションが炸裂する濃厚なソウル風味。作詞は有馬三恵子さん、作・編曲は筒美京平さん、そしてバックの演奏はキャラメル・ママ細野さんのノリのいいベースにつられて思わず体がクィックィッと動いてしまいますね。シンシアの歌とキャラメル・ママの演奏がバッチリシンクロする「すーぎた日々のできごーと」や「通りぬけたひとたーち」のところもたまらなくかっこいいです。かっこいいといえば「お陽様の真下で」の発音が「オヒsummerノマシタday」と英語っぽく聴こえるところがまたかっこいい。「受け入れてもいい」の後の「あっあっあっあ」も、とっても情熱的で素敵です。
[PR]

by mokki_h | 2007-04-10 20:10 | 南沙織 | Comments(2)  

グッバイガール

b0100078_20182022.jpg

06SH 412 CBSソニー 600円
A面 グッバイガール  B面 Good-bye Girl

 ちょっとドキっとするお色気ジャケットが嬉しい、1978年10月21日発売のシンシアのラスト・シングル「グッバイガール」は、元ブレッドデヴィッド・ゲイツさんが作詞・作曲して自ら歌った、1977年の映画「グッバイ・ガール」の主題歌の日本語によるカヴァーです。訳詞は中里綴さん。外国の歌を日本語に訳して歌ったものを聴く場合、外国の映画を吹き替えで見る(聴く)ときのような気持ちの悪なんかヘンな感じがすることが多いのですが、シンシアは違います。じつに自然ないい感じに仕上がっています。B面の英語バージョンもgood。最後のシングルに「グッバイガール」を選んだのはシンシア自身だったのでしょうか、センスの良さが光っておりますね。
b0100078_20193420.jpg
P-281E ワーナー・パイオニア 600円
A面 グッバイ・ガール  B面 サンデイ・ライダー

オリジナルのゲイツさんの出だしは
(1フレット目にカポで)
D]オールヨーライフユーヴ[F♯m]ウェイティド
フォー[Bm]ラ〜ヴトゥカムアン[F♯m]ステイ
アン[Em]ナウダッタイハヴ[Bm]ファウンジュー
ユー[G]マストナッ スリッパ[A7]ウェイ

シンシアの日本語バージョンの出だしは
(5フレット目にカポで)
D]お~もいで[F♯m]さえ
と[Bm]か~すよう[F♯m]な
や[Em]さしい~ひ[Bm]と~み
こ[G]えの~ひび[A7]き~

サビはこんな感じ
コズベビグッ[D]バ~イ[A]ダ〜ズノットミーンフォ[G]レヴァ~

シンシア日本語バージョンは
なみだはグッ[D]バ~イ[A]も~う 泣か[G]ない~
[PR]

by mokki_h | 2007-03-16 20:31 | 南沙織 | Comments(6)  

純潔

b0100078_2132137.jpg

SOLA 28 CBS・ソニー 400円
A面 純潔  B面 素晴らしいひと


b0100078_2117755.jpg 1972年の5月21日に発売されたシンシアのシングル盤「純潔」です。あ らしのひも か れとならば お うちが とぉびそーでも あたまにアクセントを持ってきた出だしの印象深いフレーズ(ヴァン・モリソンさんの「ワイルド・ナイト」のリフを拝借したもの」とそのリズムが伊太利亜の美人歌手ジリオラ・チンクェッティさんの大ヒット曲「」のそれを強調した風でもあってかっこいいですね。躍動感のあるシンシアの歌いっぷりにつられて自然に体がキュッキュッと動き出してしまいます。そしてサビの変わるのよ 愛されたとき〜からのひとりコーラスのところがじつに美しい☆ エレキギターの短い間奏がちょっとチープでこれがまたいい感じです。アッアアアアア アッアアアアア アッアア アア ア〜ア〜
[PR]

by mokki_h | 2007-02-07 21:21 | 南沙織 | Comments(2)  

想い出通り

b0100078_2351764.jpg

SOLB 259 CBS・ソニー 500円
A面 想い出通り  B面 ご無沙汰

   恋人は底抜けの顔で
 南沙織さんの1975年4月21日発売のシングル「想い出通り」です。作曲は筒美京平さん、作詞は有馬三恵子さん、編曲は萩田光雄さん。やらかくてノスタルジックで可愛らしいメロディーラインがいいですね。シンシアの歌もどことなく昔を懐かしんでいる風で楽し気です。ジャケットの写真もいいです。b0100078_2383224.jpgあ、右下に小さく『撮影:篠山紀信』とありますね、それはいいに決まってますわね。同じ1975年に発売されたグレープの「朝刊」(8月25日発売)は、なんとなーくそのメロディーが「想い出通り」と似ております。なーんとなくです。
[PR]

by mokki_h | 2007-02-06 23:10 | 南沙織 | Comments(2)  

傷つく世代

b0100078_19312640.jpg
SOLB-26 CBS・ソニーレコード 500円

A面 傷つく世代  B面 昨日の街から

「シンシア~きみの声が~」と拓郎さんも歌ったシンシアこと南沙織さんの1973年5月21日発売のシングル『傷つく世代』です。作詞は有馬三恵子さん、作・編曲は筒美京平さん。イントロいきなりのチャララララララ~ンはクラプトンさんの『いとしのレイラ』です。一発目だけ最後のラ~ンの音を変えていますが、二発目からはずっとレイラのチャララララ~ンが鳴り響きます。曲中ピアノでもこのリフが弾かれたりして、これがもう随所に鏤めてあります。

b0100078_19362386.jpg逢えば逢うほど あいつ 
とても謎なの

シンシアの歌もスピード感に溢れています。「の」の歌い方が刺激的でかっこいい。
あぁ どうして 人など 
愛してしまうの

「人」のところの発声がいいですね。「hitなど〜」と聞こえます。かっこいい。
だめね だめね 私 だめね かわいそうに
「だめね だめね」のところで助走をつけ、「私 だめね」でグっと溜めておいて「かわいそうに」でポーンとはじけるくだりが最高です。最後にはチャララララララ~ンがゆっくりとしたテンポで弾かれ、2分36秒の短いながらも扇情的な『傷つく世代』が終わります。

[PR]

by mokki_h | 2006-10-02 19:48 | 南沙織 | Comments(0)