カテゴリ:中島みゆき( 5 )

 

こんばんわ

b0100078_21385643.jpg
7A0266 キャニオン・レコード 700円 
A面 こんばんわ  B面 強い風はいつも
 
こんばんわ 久しぶりね どうにか無事でいるようね
どうしたの 知らん人を見るような眼をしてさ


 1983年の3月1日に再発売された中島みゆき様のシングル盤「こんばんわ」です。1976年の3月25日にシングル第3弾として発売された時のタイトルは「こんばん」ではなくて「こんばん」でした(※見本盤として放送局等に配布された非売品シングル盤のタイトルだけが「こんばんは」であり、通常盤はすでに「こんばんわ」に変更されていたという説が有力です、はい)。ジャケットだけでなく、裏の歌詞カードのタイトルも歌詞本文も、楽譜のとこも、もちろんレーベル面もすべて、徹底的に「こんばんは」から「こんばんわ」に変えられているわけですが、これ、最初の「こんばんは」のほうがしっくり来ますわ。「こんばんわ」とか「こんにちわ」の「わ」っていうのが「は」よりもなーんか馬鹿っぽくていや、みゆき様が「こんばんは」は間違いで「こんばんわ」と書くのが正しいのよ、なんて強く主張されるならば、「あー、やっぱりそうですよねぇ、発音はKONBANWAなのだから『わ』が正解です、うんうん。『わ』は『わ』、そして『は』は『は』、もうあったりまえですね。はいはい簡単なことです、えーえー。『は』だったらこれKONBANHAですもんね、ね。はっはっは、こりゃ可笑しい。おー、しかもこれは半透明のカラーレコードじゃないですか。限定盤なんですか?おぉ、そうなんですか。そいつは目出度いですなぁ、しかもみどり色のみどりちゃんなんて、さっすがのおセンスざんす☆いやぁめでためでたで二度目出度い!あっはっは、あっはっは」などとどーでもいいわけのわからん調子のいいことをたぶん言ってはみるのだろうけれど、それでもやっぱり私は「こんばんは」を選ぶ。
b0100078_2155429.jpg
b0100078_22103156.jpg
b0100078_22105717.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-01-29 22:15 | 中島みゆき | Comments(8)  

ひとり上手

b0100078_2024291.jpg
7A0025 キャニオン・レコード 700円
A面 ひとり上手  B面 悲しみに

 ジャケットに写っている景色がとっても寒そうな、中島みゆきさんの1980年10月21日発売のシングル「ひとり上手」です。みゆきさんの歌に身を委ねるもよし、自分で歌って勝手に自分の歌声に酔うもよし。

b0100078_20333352.jpg まずはイントロからレコードの真似をしてみましょう。レコードのキーはF#mなのでギターの2フレット目にカポをつけてやりましょう。チャンチャンチャンチャ〜ンの「チャ〜ン」はEm7です。Emのフォームで4弦を押さえるはずの指を離すだけでOKです。



b0100078_2046449.jpg 次のチャイヤン チャ〜ンの「チャ〜ン」でEm6です。Emのフォームに2弦の4フレット目(2フレットにつけたカポのところから2つ上にいったところです)を押さえた音を加えてあげましょう。




b0100078_20555219.jpg チャララ チャ〜ンの「チャ〜ン」では、おなじみのAmを弾きましょう。






b0100078_212582.jpg 次のチャイカ チャ〜ンの「チャ〜ン」はEmです。






b0100078_2174441.jpg チャイラ チャ〜ンの「チャ〜ン」でAmをもう一度。






b0100078_2112521.jpg チャラララ ララ〜ララ〜ンの「ラ〜ン」で今度はEmをもう一回。






b0100078_21164046.jpg チャララ チャ〜ンの「チャ〜ン」で短くAmをはさんで






b0100078_21185536.jpg タリタタタタンでB7にいって







b0100078_21222828.jpg チャララ チャラララ チャラララ〜はEmのフォームで4弦→3弦→2弦→1弦→2弦→3弦→4弦→1弦→2弦→3弦→4弦の順のアルペジオを2回繰り返しましょう。




b0100078_21482765.jpg








歌に入ってからは、「私の帰る家は〜」から「街角〜」までがEm→G→Am→C→B7、「冬の雨に」から「さがすのよ」までがEm→Bm→Am→B7→B7→Emです。サビにいく前の「心が街角で」から「すねる〜」まではAm→Em→Am→B7、サビの「ひとり上手と」から「わけじゃないのよ」までがEm→G→Am→B7、Em→G→Am→Em→B7→Emというマイナーの循環コードを弾きましょう。 

[PR]

by mokki_h | 2006-10-27 21:52 | 中島みゆき | Comments(0)  

おもいで河

b0100078_21184665.jpg
V-30 キャニオン・レコード 600円
A面 おもいで河  B面 ほうせんか

[Am]おもいで河へと[Dm]身を投げて
もう
[Am]私は[E7]どこへも[F]なが[E7]れな[Am]

 1978年8月21日発売の「おもいで河」です。いかにも中島みゆきさんらしい暗く悲しい歌詞とメロディがいいです。翌年の1979年4月2日から始まったオールナイトニッポンは、そんな中島みゆきさんのイメージを大きく覆すおしゃべりが面白かったですね。みゆきさんは「この姿は世を忍ぶ仮の姿」と言っておられましたんだわナ。

窓の外は雨 ニッポン放送のあるビル街に
細い雨が降り続けています。

こんばんは たとえば 愛
ミッドナイトクールの 九条冬子です。
今夜も素敵なポエムから紹介していきます。

藁にまみれてよ そだてた栗毛
今日は売られてよ 街へ行く   ハイ

お母ちゃ〜ん 東京へ売られて来たワイネ。

中島みゆきでござ〜〜あす。

買ったのは、オールナイトニッポ〜〜ン



今日も元気だ男がうまい
[PR]

by mokki_h | 2006-10-25 21:36 | 中島みゆき | Comments(2)  

こんばんは

b0100078_21333764.jpg
AV-79 キャニオン 500円
A面 こんばんは  B面 強い風はいつも

『こんばんは』と書こうとする時、こんばんなのか それとも、こんばんなのか一瞬迷ったりしますが、この「時代」に続く1976年3月25日発売の中島みゆきさんのサード・シングルでは「こんばんは」と表記されていますね。『は』と『わ』で迷った時は『は』に決めましょう。

イントロのなんとも悲し気なバイオリンにのせて、みゆきさんの短い語りから始まります。ジャケットの寒そうな雪の夜のイラストが、この暗く悲しい歌のイメージによく合っています。 


[PR]

by mokki_h | 2006-09-28 21:18 | 中島みゆき | Comments(2)  

歌姫

b0100078_21203617.jpg
C28A-0208 キャニオン 2800円

b0100078_21254783.jpg 先日の『つま恋』での印象が強く残っているせいでしょうか、ここのところ中島みゆき様の歌が聴きたい聴きたい病に冒されております。今夜は1982年のアルバム『寒水魚』を聴くことにしました。ヒットしたA-1「悪女」、”としをとるのはステキなことです そうじゃないですか” と歌われるA-2「傾斜」、悲しくてやさしいA-3「鳥になって」、泣きながら歌うA-4「捨てるほどの愛でいいから」、伊東ゆかりが歌いそうなムーディーでメロウな曲B-1「B.G.M」、拓郎節みたいなB-2「家出」、あまりにも絶望的なB-4「砂の船」などどれも良い曲ばかりですが、B面の最後に入っている「歌姫」これが最高です。

男はいつも 嘘がうまいね
女よりも子供よりも
嘘がうまいね
女はいつも 嘘が好きだね
昨日よりも 明日よりも
嘘が好きだね


歌姫 スカートの裾を 歌姫 潮風になげて 夢も哀しみも欲望も 歌い流してくれ
[PR]

by mokki_h | 2006-09-25 21:34 | 中島みゆき | Comments(2)