カテゴリ:ピンク・ピクルス( 3 )

 

一人の道

b0100078_20192626.jpg
SN-1205 テイチクレコード 400円500円の定価改訂シール
A面 一人の道  B面 あなたの手紙

b0100078_20202116.jpg雨の降る日も風の日も
一人の世界を突っ走る
何のために進むのか
痛い足をがまんして

大きな夢はただひとつ
五つの色の五つの輪


 ピンク・ピクルスの3枚目のシングル盤は、マラソンランナー円谷幸吉さんのことを歌った「一人の道」です。茶木みやこさんの作曲、今江真三郎さんの作詞。イントロに「10メーター後方にヒートニー、円谷あと350メーター、がんばれ円谷」野瀬四郎アナウンサーの実況が入っています。最初は茶木みやこさん作曲、今江真三郎さん作詞の「あなたの手紙」のB面でしたが、「一人の道」が話題を呼び、ジャケット写真はそのままでA面とB面を入れ替えて発売されました。
[PR]

by mokki_h | 2007-08-15 20:26 | ピンク・ピクルス | Comments(6)  

天使が恋をおぼえたら

b0100078_20445846.jpg
SN-1166 テイチクレコード 400円
A面 天使が恋をおぼえたら  B面 五時になったら
b0100078_20455493.jpg
天使が恋を おぼえたら
ただの女になるという
わたしが恋の炎に狂うなんて
もう天使なんかじゃない
なんかじゃないわ


 
シモンズと並ぶ我が国の代表的女性フォーク・デュオピンク・ピクルスの「僕にさわらせておくれ」に続く2枚目のシングル盤「天使が恋をおぼえたら」です。作詞・作曲は、日本のレノン=マッカートニー北山修さんと加藤和彦さんのコンビ、編曲は青木望さん。しっとりとした哀し気なメロディーをピクルスの二人が美しく歌っています。ホーンをさりげなく使った、都会的で落ち着いた雰囲気の編曲もいいですね。B面は明るい曲調の可愛らしい「五時になったら」。藤良朗さんの作詞、加瀬賢三さんの作曲、編曲はこちらも青木望さん。五時になったらダイヤル廻して あなたの声が聞きたいわたし 五時になったら髪をとかして あなたの誘いを待ってるわたし
b0100078_7275673.jpg

[PR]

by mokki_h | 2007-08-14 20:59 | ピンク・ピクルス | Comments(0)  

僕にさわらせておくれ

b0100078_19191024.jpg
SN-1087 テイチクレコード 400円
A面 僕にさわらせておくれ 
戸田良子・作詞 大杉文雄/二村健二・作曲

B面 小さな恋 
島田光代・作詞、作曲

b0100078_19273253.jpg僕にさわらせておくれ」は、中学・高校とフォークソングの虜になっていた茶木みやこさんと、中学・高校と聖歌隊にいた小林京子さんの二人が、同志社女子大学学芸学部英文学科3年在学中に、ピンク・ピクルスとして、たまたま友人がつくったこの曲を歌ったもので、MBSラジオの『チャ・チャ・ヤング』という番組にオーディション・テープを送ったところ、b0100078_1904529.jpgその美しいメロディーと趣のある歌詞がリスナーの間で反響を呼び、大ヒットとなりました。1971年発売。

もちろん日本語で歌われていますが、ここは敢えて意味なく「僕にさわらせておくれ」を適当に英訳してみましょう。メロディを変えればそのままブルースの歌詞としても使えそうです。

Please let me touch to the black hair of you
Please let me touch to your black hair
I will apply it picking up one small shell
to the hair of puzzled

1番はきみの黒い髪にさわらせておくれ、と歌っています。
小さな貝殻ひとつ拾って、惑いのその髪につけてあげよう。ジョン・レノンさんもLove is Touchと歌っていますね。Touch is loveです。

Please let me touch to the lip of you
Please let me touch to your lip
I will apply it picking up the dew that hangs to the grass
to the sweet lip

2番はきみの甘い唇です。草にかかった露その甘い唇につけてあげよう、と歌っています。

Please let me touch to your hid nape
Please let me touch to your nape
I will apply it picking up the dew of the melting light
to the dazzling nape

3番はきみのかくれたうなじにさわらせておくれ、です。
とける光の露その眩しいうなじにつけてあげよう。

Please let me touch to the white chest of you
Please let me touch to your white chest
I will apply it picking up two beautiful fallen leaves
to the chest of wave

要求はエスカレートしていきます。4番はきみの白い胸にさわらせておくれ、と歌われます。きれいな落葉ふたつ波うつその胸につけてあげよう。

Please let me touch to the body to which you burn
Please let me touch to your body
I will apply a white cloth picking up one piece
to the trembling body

最後の要求はきみの燃えるそのからだです。5番は白い布を一枚拾ってその震えるからだにつけてあげよう、と歌っています。美しいラブ・ソングの傑作です。

[PR]

by mokki_h | 2006-09-09 19:41 | ピンク・ピクルス | Comments(5)