「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ザ・ドリフターズ( 1 )

 

ドリフのほんとにほんとにご苦労さん

b0100078_203428.jpg
b0100078_20342833.jpgTP-2273 東芝音楽工業 400円 
A面 ドリフのほんとにほんとにご苦労さん  
B面 冗談炭坑節 
 
いやじゃありませんか
学生さん
試験試験とせめられて
恋をしている暇もない
せめて知りたや
キスの味


 1970年の4月25日に東芝音工さんから発売されたザ・ドリフターズのシングル盤「ドリフのほんとにほんとにご苦労さん」ですよ。野村俊夫さんの原詞で、なかにし礼さんの替詞(なかにしさんがちょっとばかり手直しされたのでしょうね、きっと)、倉若晴生さんの作曲、川口真さんの編曲。一番から順番に、加藤茶さん(いやじゃありませんか花子さん)→仲本工事さん(学生さん)→荒井注さん(チョンガー)→高木ブーさん(新婚さん)→いかりや長介さん(家の山の神)→全員(いやじゃありませんか男なら)と各人のソロがそれぞれに合った違う雰囲気に的確に転調されていい感じで展開していきます。長さんのおなじみの「しゅっぱーつ!」とか「つづけーっ!」とか「つぎぃぃーっ!」とか「元気を出してーっ!」とか「いこうかーっ!」とか「つっこめーっ!!」いう威勢のいい掛声が、歌の合間に、じつに心地よく響き渡るんですわ☆B面は、民謡の炭坑節に、なかにし礼さんの面白可笑しい歌詞をつけて、川口真さんの編曲で歌われる、のんびりムードの「冗談炭坑節」。

ハァー 朝もはよからヨー 
新婚さんはナイ ハヤロヤッタナイ
めしも食わずにヨー
チュッチュチュッチュしてるナイ
すぐに飽きるよ
b0100078_20344693.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-09-23 20:40 | ザ・ドリフターズ | Comments(4)