カテゴリ:原ゆう子( 3 )

 

愛の罪人

b0100078_10111491.jpg
b0100078_1011353.jpgC-23 キャニオン・レコード 600円 

A面 愛の罪人  
B面 逃亡者
 
もしも 
あなたから
きらわれたら
ああ この私
死んでしまうわ


 1976年の10月に発売された原ゆう子様のシングル盤「愛の罪人」です。1976年の11月はじめから12月の終りにかけての月曜日から金曜日まで、っていうことは平日ですね、はい、平日の午後1時からの30分、TBS系で放映されていた奥様向けテレビドラマ『花王 愛の劇場 幻の殺意』(小林千登勢さん主演)の主題歌で、なかにし礼さんの作詞、藤家虹二さんの作・編曲。演奏時間が2分28秒とやけに短いのは、普通なら三番まであるはずの歌詞が二番で終ってしまっているからですよ。
 B面は、お洒落でかっこいいジャズ演奏をバックに歌われる愛の逃避行応援ソング逃亡者」。こちらもなかにし礼さんの作詞、藤家虹二さんの作・編曲による同ドラマの、歌詞が二番までしかない短かめな(演奏時間は2分32秒)挿入歌。

逃げましょう 逃げましょう
愛しあっているなら
友達も何もかも
みんなすてて行きましょう
[PR]

by mokki_h | 2009-08-02 10:22 | 原ゆう子 | Comments(5)  

矢車日記

b0100078_2152640.jpg
b0100078_216117.jpgA-297 キャニオン・レコード 500円 

A面 矢車日記  
B面 背中のあなた
 
うしろ姿の女の背中に 
細い径がある
径をたどれば
女の胸には 
涙の谷がある


 1976年の2月に発売された原ゆう子様のシングル盤「矢車日記」です。小谷夏こと久世光彦さんの作詞、中村泰士さんの作曲、馬飼野俊一さんの編曲。同じ写真をジャケットに使った1976年の3月に発売されたゆう子様のカヴァー曲中心のアルバム『青春(はる)がゆく』(キャニオン C-3067)に、B面の「背中のあなた」、それからひとつ前のシングルA面「風物語」とB面「冬の女」と共に収録されておりますよ。
b0100078_2171812.jpg

 まずA面の1曲目が「矢車日記」。1974年の9月に小林幸子さんの歌で発売されていますが、オリジナルは西田佐知子さんというわけで、ゆう子様のちょっと力を抜いた歌い方がいかにも西田さん風でいい感じ。2曲目が「風物語」。アルバムタイトルの『青春(はる)がゆく』は、三番の歌詞【私ひとりを置きざりに 青春(はる)はうつろい あゝ ゆくばかり】からとられておるのであります。b0100078_2195441.jpg3曲目は敏いとうとハッピー&ブルーの「かわいそうな女」のカヴァー。4曲目に「矢車日記」のB面「背中のあなた」ときて、5曲目がひとつ前のシングルのB面「冬の女」。ここまでの5曲すべて中村泰士さんの作曲(作詞は、A-1とA-4が小谷夏さん、A-2とA-5が山川啓介さん、A-3が水野礼子さん)6曲目は、1970年3月25日に発売されたいしだあゆみさんの大ヒットシングル、泣くの歩くの死んじゃうの「あなたならどうする」のB面曲、本当のことを 言うのが怖い あなたの心を 知っているから「今夜は帰って」のカヴァー。なかにし礼さんの作詞、三木たかしさんの作曲。b0100078_21103345.jpgB面の1曲目は誰でも知っている西田佐知子さんの大ヒット曲、こんなに別れが 苦しいものなら 二度と恋など したくはないわ「女の意地」。2曲目は、金野孝=浜圭介さん作詞・作曲の、生まれた時からみなし子で 親の顔さえわからずに 夜に生まれて夜に育った「おんな道」。3曲目が伊東ゆかりさんのヒット曲、一度目は泣いた 二度目も泣いた「わたし女ですもの」のカヴァーで、4曲目がさくらと一郎の1974年の7月21日に発売された大ヒットシングル、貧しさに負けた いいえ世間に負けた「昭和枯れすゝき」のひとりデュエットカヴァー。5曲目に矢吹健さんの、女ですもの あなたの過去など 聞かないほうが しあわせな私「女ですもの」がきて、ラスト6曲目は中村泰士さんの作詞・作曲、どいあきらさんの補作詞による、みんなあげたわ あなたにだけは 裸になれた わたしのこころ「つかれたわけじゃないわ」。
b0100078_21195578.jpg

アルバムジャケット裏の素敵なお写真☆
(クリックでびやっと拡大して御覧くださいませ)
b0100078_2123757.jpg
DR-1158 日本グラモフォン 400円
A面 赤坂の夜は更けて  B面 女の意地
b0100078_2125273.jpg
DR 1573 日本グラモフォン 400円
A面 女の意地  B面 傷ついた花びら
[PR]

by mokki_h | 2009-08-01 21:31 | 原ゆう子 | Comments(2)  

風物語

b0100078_23584845.jpg
H-5 ディノスレコード/キャニオン・レコード 500円 

A面 風物語  B面 冬の女
 
帰りたい 帰りたい あゝ 何処ともなく 帰りたい
誰かが呼ぶよな 夕まぐれ 私ひとりを 置きざりに
青春(はる)はうつろい あゝゆくばかり


 休養のためにしばらく故郷の秋田に帰省された後、東芝さんからキャニオンさんへレコード会社を移籍されて、1975年11月に発売された田代麻紀様改め、原ゆう子様(御本名の杉原優子様に限りなく近い芸名なのですわ)の再出発シングル「風物語」です。山川啓介さんの作詞、中村泰二さんの作曲、あかのたちおさんの編曲。1975年の10月から12月までの毎週金曜日夜の8時からTBS系で放映されていた悠木千帆さん主演、ずうとるび等出演の不人気ドラマ『ばあちゃんの星』の挿入歌で、左右のチャンネルから聴こえてくるアコースティックギターのアルペジオがじつに美しい、フォーク調のしっとりしたナンバー。B面も山川啓介さんの作詞、中村泰二さんの作曲、あかのたちおさんの編曲で、こちらはぜんぜんフォークっぽくない演歌風味の哀愁歌謡曲「冬の女」。

眠るあの人の 手のひらに
指輪握らせて 部屋を出る
ごめんねあなたと つぶやきながら
私には似合わない 幸せが怖い
b0100078_001868.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-07-31 00:06 | 原ゆう子 | Comments(0)