カテゴリ:朋ひろこ( 3 )

 

北へ帰る

b0100078_23591865.jpg
b0100078_23593993.jpgTP-2559 東芝音楽工業 400円 
A面 北へ帰る  
B面 夢でなければいいけれど
 
追われて逃げた つらさも耐えて
唇かんで 北へ帰る
凍てつく窓に 男の名前
書いては消して 汽車で帰る
つかれたからだ 破れたこころ
覚えたたばこ 忘れたまこと


 1971年の11月に発売された朋ひろこ様の三枚目のシングル盤「北へ帰る」です。ドラムがドンドンドコドコ、ベースがビンビンビビビン、エレキギターがチャカチャカ刻む、ロック風味のアップテンポなかーっこいいリズム演歌で、ひろこ様のワイルドに唸る激情ボイスが曲調にとってもよく似合っております(そうそう、ひろこ様の歌声・歌いっぷり・歌いまわしが、時々、平山三紀さんのそれとそっくりに聞こえる瞬間がありますの。ええ、平山三紀さんですよ)。阿久悠さんの作詞、猪俣公章さんの作曲、馬飼野俊一さんの編曲。B面は阿久悠さんの作詞、鈴木征一さんの作曲、馬飼野俊一さんの編曲による古風なタイプのオーソドックスな演歌「夢でなければいいけれど」。

仲の良い友だちが お店を辞めた
あのひとと幸せに なるわと云った
化粧も変えて控えめに ドレスも地味に
そんな娘がなぜかしら 悲しくなった
夢でなければいいけれど しあわせならばいいけれど
[PR]

by mokki_h | 2009-07-28 00:06 | 朋ひろこ | Comments(2)  

朝の別れ

b0100078_19101632.jpg
b0100078_19105993.jpgTP-2470 東芝音楽工業 400円 

A面 朝の別れ  
B面 港のおんな
 
女はひとつの 恋だけを
死ぬまで大事に 守れるが
男は月日が たつうちに
涙のきずなが とっても邪魔になり
ちがった夢を 追いかける


 1971年の9月に発売された朋ひろこ様の二枚目のシングル盤「朝の別れ」ですふ。ジャケット写真の印象が前作「女のなみだ」のひろこ様とは「ん?はて?こちらはどちらさん??」っていうくらい、そう、ほとんど別人さんのやうに違っとりますが、お目目やお鼻、お口のかたち、それからお顔の輪郭等々それぞれを部分的にじっーと冷静に並べて見比べてみれば、お二人がちゃーんと同一人物であるのがわかります(別人に見えるのは、光の加減と、前髪をあげてピンできゅっととめたぺたっとした髪型のせいかしらん?)。松井由利夫さんの作詞、大沢浄二さんの作曲、馬飼野俊一さんの編曲。B面はイントロや間奏、アウトロのそこかしこからボォーーッいう臨場感のある汽笛が聞こえてくる、松井由利夫さんの作詞、大沢浄二さんの作曲、池田孝さんの編曲による波止場ソング「港のおんな」。

私は嘘を つかないわ
だから あんたも いつわらないで
たとえ港の 女でも
私は 生きて 生きて 生きて
あゝ この恋を この恋を
つらぬきたいの
b0100078_19142554.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-07-27 19:23 | 朋ひろこ | Comments(2)  

女のなみだ

b0100078_6345452.jpg
b0100078_6351493.jpgTP-2381 東芝音楽工業 400円 

A面 女のなみだ  
B面 涙かれて
 
男なんかにゃ わからない
どうせ盛り場 嘘の町
だまされて 捨てられて 傷ついて
男なんかにゃ わからない
女のなみだ


 可愛い顔をしたバリバリの演歌シャウター朋ひろこ様の1971年の2月に発売された記念すべきデビューシングル「女のなみだ」ですよ。松井由利夫さんの作詞、大沢浄二さんの作曲、森岡賢一郎さんの編曲。1971年の1月10日から4月4日までの毎週日曜日、夜の9時から日本テレビ系で放映されていた、五木寛之さん原作、芦田伸介さん主演のドラマ『涙の河をふり返れ〜艶歌より』に新人歌手・眉京子役として出演されるはずだった、人気絶頂の藤圭子さんの代役に大抜擢されるという輝かしい経歴を持つ、そのハスキーで情感たーっぷりのすんごい歌声は、ちょうどエリック・クラプトンさんの後釜を務めたピーター・グリーンさんがクラプトンさんに勝るとも劣らない、そう、ちっとも負けていない、ひょっとしたら勝っているかもしれない見事なフレージングで、聴衆をんがーっと唸らせた事実を我々に想起させるのであります。B面はひろこ様の超激情ボイスの威力がA面に比べて更に300パーセントアップする、松井由利夫さんの作詞、大沢浄二さんの作曲、池田孝さんの編曲によるドラマチックな哀歌「涙かれて」。見開きジャケット裏の大サービスミニスカショットがこれまたベリベリグッドあるね☆
b0100078_6361941.jpg

男がいるから 女が苦しむの
ひどい仕打ちに 泣かされてきたの
もう恋なんか 真ッ平ごめんよ
命までかけて一途に つくしたのに
あゝ恋なんか いらない
b0100078_6405555.jpg

【豪華スペシャルおまけ】

朋ひろこ様の熱海後楽園大ホールに於ける『東芝歌の祭典』御出演を告知する1971年当時のチラシでっせ。中央あたりのひろこ様のお写真のすぐ右下には『ヤングヤングフェスティバル』に5月5日の子供の日に出演予定の初期かぐや姫時代のこうせつさんの写真。(クリックでガッと拡大して御覧下さいませ、プリーズ)
[PR]

by mokki_h | 2009-07-26 06:54 | 朋ひろこ | Comments(4)