「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:クラフト( 2 )

 

さよならコンサート

b0100078_0495185.jpg
L-108E ワーナー・パイオニア 600円 
A面 さよならコンサート  
B面 夜の銀河鉄道
 
今日がとうとう来たんだね さよならコンサート
明日からきみはそこには もう座らなくなる


 1975年の11月25日に発売されたクラフトのシングル盤「さよならコンサート」です。さだまさしさんの作詞・作曲、クラフトとさださんの編曲。ちゃーんと曲名に合わせてジャケットにある日のステージ風景をいい感じでとらえたワンショットを使ってあるのが、律儀で素敵☆B面は、三森たかしさん(ベースの三森丈夫さんと名前が似てますが別人で、当時大学生だったアマチュアの方らしいです)の作詞、三井誠さんの作曲、クラフトと柳田ヒロさんの編曲による「夜の銀河鉄道」。どうにも野暮ったいA面よりもぐっと都会的でお洒落なサウンドが聞けます。

丘の上で僕は 星を数えながら
カシの木にもたれて ひとり言
b0100078_0502738.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-02-17 00:54 | クラフト | Comments(2)  

僕にまかせてください

b0100078_20463599.jpg
b0100078_2049586.jpgL-1235 ワーナー・パイオニア 500円 
A面 僕にまかせてください  
B面 鳳仙花
 
両手をあわせたかたわらで
揺れてるれんげ草
あなたの大事な人を僕に
まかせてください


 1975年の4月10日に発売された四人組フォークグループ、クラフトのヒットシングル「僕にまかせてください」です。メンバーはジャケット写真の左からベース担当(しかも左利き☆)の三森丈夫さん、リーダーでリードボーカルとギター担当の三井誠さん、ドラムス担当の松藤一美さん、ギター担当のヒゲの森谷有孝さん。1975年の4月から9月まで毎週土曜日夜9時から日本テレビ系で放映されていた下町人情ホームドラマ『ほおずきの唄』(出演/近藤正臣さん、島田陽子さん、他)の主題歌で、作詞・作曲はさだまさしさん、編曲はクラフトと中村弘明さん。B面は陽気なサウンドが楽しいトロピカル風味な「鳳仙花」。こちらも、さだまさしさんの作詞・作曲。

鳳仙花の種が はじけてとぶみたいに
口紅つけ お化粧してみても
きみには似合わない
b0100078_20553171.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-02-16 20:58 | クラフト | Comments(6)