カテゴリ:エディ・土屋&ボブ( 1 )

 

男のポケット

b0100078_1854764.jpg
b0100078_1865845.jpgPW-557 クラウンレコード 600円
A面 男のポケット  
B面 風に吹かれて生きれ
 
男の男のポケットは
悲しい涙の捨て場所だ
古びたベンチの こもれ陽だけが
いまの俺の 友達だ


1978年に発売された男性デュオ、エディ・土屋&ボブのシングル盤「男のポケット」です。高田ひろおさんの作詞、壇一郎さんの作曲、青木望さんの編曲。さてどっちがエディさんでどっちがボブさんなんでしょう?たぶんおそらく右側で煙草を手にしたままポーズをとっておられる人がエディさんで、左側の菅原洋一さんみたいな風貌のメガネをかけた人がボブさんでしょうね。エディさんにはライトがあたってますが、ボブさんは影になってしまっておりますし、だいいちエディさんにはちゃんと土屋いう苗字が付いてますが、ボブさんはただのボブですもんね。それでこのシングル盤、例によって白レーベルの見本盤なんですが、ジャケットの右下にあるタイトルのその下にある名前の表記がエディ・土屋でなくてエディの後に「ー」を付けたエディー・土屋となっていて、それがよほど気になったのか「ー」をわざわざ緑色のマジックインキで消してありますよ。

エディ「あー、これ違うやん!」
ボブ「ん?」
エディ「ほれ、ここよ、ここ。名前のとこ。エディがエディーになってる」
ボブ「あれま、ほんとね。でもそれくらいいいんじゃない?声に出して読めばエディもエディーも一緒だし。」
エディ「えー、ダメダメ!エディとエディーは全然違う。画数が変わってしまうでしょ、画数が。」
ボブ「画数?(あ、野末陳平の『姓名判断』か、そんなもん興味ありまへん。どうせ俺はただのボブだし)」
エディ「そうよ、画数。一画増えると全ての運命が変わってしまうのだ!あーどうしましょ、大変大変。」
ボブ「とりあえず、これで消しとく?」
エディ「お、サンキュベルマッチ☆ボブ!」

B面は「風に吹かれて生きれ」。「生きよ」でも「生きろ」でもなくて「生きれ」です。「生きれ」っていう命令形、普段あんまり使いませんが、なんかいい感じですわ。2番目のフレーズは「抱きしめれ」ですよ、これもいい。

風に吹かれて 生きれ
荒野の夕日を 抱きしめれ
鳥に泪を わけてもらえ
星に夢をたくすな
人はみんな旅人だ
[PR]

by mokki_h | 2008-09-28 18:10 | エディ・土屋&ボブ | Comments(0)