カテゴリ:サントラ( 15 )

 

風と共に去りぬ'76

b0100078_181340100.jpg
b0100078_1814547.jpgSFL-2098 ヴァーティゴレコード 600円 
A面 風と共に去りぬ'76  
B面 夏の日の恋
 
タラーララー
タラーララー
タラーララーラ
タラーララー


 ザ・フーのロック・オペラ『Tommy』の映画におけるサントラの編曲・指揮をつとめておられたマーティン・フォードさんの楽団マーティン・フォード・オーケストラの1976年の7月25日に発売されたシングル盤「風と共に去りぬ'76」です。誰もが知っている映画『風と共に去りぬ』の主題曲「タラのテーマ」を、40名からなるストリングスの華麗なメロディーを生かしながら大流行のディスコ・サウンドでゴージャスに料理した作品。曲のあちこちでピーター・フランプトンさんみたいなトーキング・モジュレイターのもがもがいう音が聴こえてきますよ。B面はパーシー・フェイス・オーケストラの演奏で広く知られる、映画『避暑地の出来事』の主題曲「夏の日の恋」のディスコ・バージョン。
[PR]

by mokki_h | 2009-09-04 18:17 | サントラ | Comments(9)  

人類ついに月に立つ

b0100078_20115270.jpg
88448 DE フィリップス 製造元/日本ビクター 非売品
 
 1969年の7月21日に人類として最初に地球以外の天体である月に立ったアポロ11号の宇宙飛行士さん達の快挙を、劇的な月着陸第1声を中心に編集された、アメリカ航空宇宙局の録音による「月面着陸」記念レコード『人類ついに月に立つ』ですよ。 
b0100078_2015218.jpg

[A面]
ケネディ大統領のお言葉:『なぜ月へ行くのだ』とある人々は言う。『なぜ、それを我々の目標として選ぶのか?』と。そうした人々はたずねるがよい 『何故高い山に登るのか』、『何故35年前に大西洋を飛んだのか』、『(※)何故ライスがテキサスと試合をするのか』と。(※)アメリカン・フットボールでライス大学にとってテキサス大学は宿敵の関係にあるわけです。 我々は月へ行くことを選んだ。この年代(1960年代)に月旅行を実現し、その上にほかの事もしようとしているが、なぜなら、それらがやさしいからでなく困難だからなのだ。

発射管制センター:こちらは、アポロサターン発射管制センター。アポロ11号打上げゴー。今回のアポロ計画は人類の最初の月面着陸を目指す飛行です。発射15秒前。誘導システム船内に切りかえ。12、11、10、9、点火開始、6、5、4、3、2、1、0 全エンジン噴射中、上昇!、上昇しました。(9時)32分。アポロ11号の打ち上げ。発射塔を越えました。
b0100078_20172351.jpg

解説者:そしてこの火を噴く、耳をつんざく轟音の一瞬に、10年以上にわたる何千人もの人々のたゆまぬ努力と、幾世紀にもわたって培われた無数の人々の夢が結実しました。それは壮厳なサターン5型ロケットが、歴史の一頁に人間を、そして、未来に向けて人類を、打ち上げた時でありました。

1969年7月16日、まさに午前9時32分、全世界の人々の鼓動は瞬間止まった。ニール・アームストロング、エドウィン・オルドリン・ジュニアおよびマイケル・コリンズの三人の宇宙飛行士が、恐らくは、再び同じではあり得ぬ世界を後に、宇宙を越え、もう一つの天体、月への最初の人類着陸を目指して飛躍したときであった。アポロ11号の画期的な旅程が始まったのである。

続く3日半のあいだ、アポロ11号は天空高く昇り続けた。人間と科学技術の偉業が、いささかの狂いもなく、なしとげられている中で全世界の眼と耳は、宇宙船が地球軌道に打ち上げられ、次いで月軌道コースに突進するのを追っていった。乗組員が司令船(コロンビア)と月着陸船(LEM,イーグル)の切離しとドッキングを行い、またその後に残ったサターン5型ロケットを、太陽軌道にすてさる仕事に、我々は驚嘆した。私達はアポロ11号が二日の間、月面目標地に向かい、確信をもって進んでゆくのを忍耐強く見つめて待った。三日目には月軌道突入に成功し、月の引力を利用しながら、次の24時間のあいだ、月軌道を周回した。ついに四日目には、コロンビアとイーグルの劇的な切り離しが行われた。まさにそのとき、アポロ11号の飛行は、人間の最も記念すべき偉業へと第一歩を踏みだしたのである。東部夏時間、午後4時頃、マイケル・コリンズがコロンビア内にあって月軌道を周回している時に、ニール・アームストロングとエドウィン・オルドリンは、月に向かうイーグルの下降を始めたのだった。
b0100078_20183766.jpg

下降開始から月面着陸まで
イーグル:ラジャー。イーグルは切り離された。
ヒューストン:ラジャー。様子はどう?
イーグル:イーグルは翼を持った。

ヒューストン:イーグル、こちらはヒューストン。下降噴射点火にゴー
の指令だぜ、どうぞ。
イーグル:ラジャー。了解了解。

イーグル:ゴーだ。しっかりゴー。着陸60秒前。点火。下30フィート、2.5フィート。少し埃が立っている。30フィート、2.5フィート。わずかに影。前4フィート、前4フィート、右へ少し流れている。6.5フィート。
ヒューストン:あと30秒、了解。
イーグル:うん、うん。
イーグル:接地灯は?よし、エンジン停止。(音声不明瞭)下降。船内管制ともに自動。下降ロケット司令ただちに終了、エンジン・アームはずす、413が入った。
ヒューストン:確認した、イーグル。

静かの基地:ヒューストン、こちらは「静かの基地」。イーグルはいま着陸したよ。
ヒューストン:ラジャー。静か・・静かの基地。地上で確認した。こちらでは大勢の連中が青くなりそうだったけど、いまひと息ついたよ。ありがとう。
静かの基地:こちらこそサンキュ。

静かの基地:ヒューストン、最終段階が随分長く思えたかもしれないな。自動目標装置によると、われわれは、大きさがフットボール競技場・・えぇっと、フットボール競技場位のクレーターの真ん中に向かって下降させられるところだった。そのクレーターの周囲の、クレーターの同じから倍くらいの大きさの範囲内に、大きな岩や石が数多くあったし、P-66(非自動飛行)に切りかえ、手動で降下する必要が生じ、岩場を越えて、割合良い所を探したんだ。
ヒューストン:結構だと思うよ、静かの基地。この部屋の中は勿論、世界中に笑顔が満ち溢れてるよん。

静かの基地:なーるほど。ここにも二人いるよん。
ヒューストン:ラジャー。見事な操作だったぞ、お二人さん。
コロンビア:それから母船にいるもう一人もお忘れなきよう。
ヒューストン:ほい。
静かの基地:この辺りを詳細にこれから見てみるが、あらゆる形状、角度、粒状のものが集まっている。岩と名のつくものは何でもありそうだ。色は、そうだな・・どういう方角から見るかによって、かなり色が違うようだ。一概に何色だとは言いにくい。しかし、この近くにある岩や石の中には、いくつか変わった色のものがありそうだ
。どうぞ。

ヒューストン:ラジャー。確認した。
b0100078_2021376.jpg

[B面]
人類ついに月に立つ(月面第1声)
静かの基地:ヒューストン。こちらは静かの基地だ。船内減圧の準備完了。どうぞ。
ヒューストン:静かの基地。こちらヒューストン。船内減圧はゴー。船内減圧はゴー。

静かの基地(アームストロング):いまハッチを開く。オーケー、ヒューストン、今出口に立っているぞ。
ヒューストン:了解。ニール。テレビに映像が映り出した。オーケー、ニール、君が梯子を下りてくるのが見えるる。
静かの基地(アームストロング):いま梯子の最後の段にいる。今着陸船から離れる。これは人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な躍進だ!
(アームストロング):表面は・・微細な粒子で粉っぽいから、爪先でそーっとすくい上げることができる。まるで炭の粉のように、薄い層になって、ブーツの裏と両側にくっついてしまう。ボクの足跡は、1インチの何分の一か、たぶん8分の1インチくらいしかめりこまないけど、ブーツの跡と裏底の跡は、細かい砂のような粒子の上にはっきりと見える。まったく独特の荒涼とした美しさ。アメリカの高地の砂漠とよく似ているな。同じ、とは言えないが、ここは大変きれいだわぁ☆

オルドリン:(後ろを向いて)下がってハッチを少し閉めたいと思うんだけど、勿論、出るときに鍵をかけてしまわんようにしないと、ね。
アームストロング:あっはっはっは。
オルドリン:オーケー、梯子の一番上にいる。ここから遠隔制御装置を見下ろせる。・・・(雑音)一段ずつ簡単に軽く跳んでおりられる。
アームストロング:あぁ、たいへんに心地良し。歩行もとってもらくチンよ。

オルドリン:表面が非常にやわらかい感じのためだと思うけど、後方にややひかれるような傾向が少しあるみたい。(アームストロングとオルドリンの声が混ざり)
アームストロング:君は今、そこで大きな岩の上に立っているんだ。
オルドリン:岩はかなりすべすべしているといっているんだ。
アームストロング:行きたい方向に体を傾けるように注意せんといかんよ。さもないと・・。
オルドリン:(気をつけて!)あのクレーターのふちはだいぶん柔らかいぞ。
アームストロング:そうそう、そうだとも。ホーントに柔らかい。

オルドリン:へい、ニール。紫色の岩があるかもしれへん、っていってただろ?
アームストロング:おっ、紫色の岩を見つけたの?そうなの?
オルドリン:えっへん、そうとも。

オルドリン:ニールは今、銘板のカバーを取っておりますよ。
アームストロング:(読む)この銘板には「西暦1969年7月、惑星地球からはじめて人間が月に降りたった。我等は全人類のために平和のうちにやってきた」と書かれている。そして乗組員の署名と、アメリカ合衆国大統領の署名がきざまれている。
ヒューストン:あぁ、そうだ、彼らは今ちょうど旗をたてた。星条旗を(音声不明瞭)見ることができる。えーと、ニールとバズ、大統領が今、ホワイトハウスから君たちに話をされたいそうだ。どうぞ。

静かの基地(アームストロング):それは光栄です。
ヒューストン:どうぞお話し下さい、大統領、こちらヒューストン、切ります。

ニクソン大統領のメッセージ:ハロー、ニール君、バズ君。私は今、ホワイトハウスの楕円の間から君達に電話をしておる。これは勿論今までのうちでもっとも歴史的な電話であろう。あなた方の行為を我々がどれほど誇りに思っているかを言い表わす言葉を知らない。全てのアメリカ人にとって、また、全世界の人々も、きっと我々と同様にこの業績の偉大さを認めるに違いない。君達が成し遂げたことによって、宇宙は人間の世界の一部となったのだ。君達が静かの海から我々に話しかけてくるとき、我々は、地球に平和と静けさをもたらすために、なお一層の努力をしようと奮いたたされるのだ。人類の歴史に於ける、この何ものにも代え難い一瞬に、地球の全人類は真に一つ・・君達の業績を誇りに思う気持ちにおいて一つであり、又、地球への君達の無事な帰還を祈る上でも一つなのだ。

静かの基地(アームストロング):どうもありがとうございます、大統領。アメリカ合衆国ばかりでなく、平和を愛する国々、そして興味と関心と探究心および、未来へのビジョンをもつ人々を代表して、我々がここに来られたことは、この上ない名誉と光栄であります。今日、この事業に参加できた事は、我々にとって名誉であります。

かくして歴史は作られた・・

そして、かくして一国民のその運命との出会いは達成されました。ジョン・F・ケネディが、月計画が始められるはるか以前の1961年当時に言ったように、『宇宙は、今や開かれている。そして、その意味を分かち合おうとする我々の熱意は、他の何人の努力によっても、左右されるものではない。我々が宇宙に向かって行くのは、人類が成さねばならぬものは、それが何であろうとも自由な人間たちによって全て参加されなければならぬからだ』今や、アポロ11号は歴史となりました。そしてこれは終焉ではなく・・ほんの端緒にしか過ぎないのであります。
b0100078_20221816.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-07-18 20:24 | サントラ | Comments(6)  

アテンションプリーズ

b0100078_22172495.jpg
TC-1154 東芝音楽工業 330円 
A-1 アテンションプリーズ A-2 俺は飛ぶ  
B面 恋かしら なぜかしら
 
近づけば 涙で 星も錆びてるの
でも 私は飛ぶ 私は飛ぶ 私は飛ぶ 飛ぶの


 1970年の8月から翌71年の3月までTBS系で毎週日曜日の夜7時半から放映されていた大人気航空TVドラマ『アテンションプリーズ』のサウンドトラック盤ですの。豪華見開きジャケットのどちらが表なのかよくわかりませぬが、皆様の素敵な御御足がちゃーんと写っている方を勝手に表と決めさせていただきましたよ。夢と希望を持って今まさに大空にはばたこうとしておられるこちらの七人のスチュワーデスさん達は、はい、ジャケット写真の一番左から順に、黒沢のり子さん、関口昭子さん、主演の紀比呂子さん、教官の佐原’万城目’健二さんを挟んで、范’ジュン・サンダース’文雀さん、皆川妙子さん、高橋厚子さん、麻衣ルリ子さん。A面の1曲目は素晴らしいハーモニーが魅力の女性デュオ、ザ・バーズの歌う同ドラマの主題歌「アテンションプリーズ」で、作詞は岩谷時子さん、作・編曲は三沢郷さん。A面の2曲目は体操のお兄さんこと砂川啓介さんが歌う同ドラマの快活な挿入歌「俺は飛ぶ」。演奏はザ・ジェットストリームス(わぁ、なんて素敵な楽団名☆夜の静寂のなんと饒舌なことでせう。)。B面はザ・バーズの歌うドリーミーな副主題歌「恋かしら なぜかしら」。

ふるさとを 遠くきて 虹をわたる 私なの
膝にギター抱いて ひとり朝を待てば
そっと頬にふれる 彼の吐息よ
b0100078_2218391.jpg
b0100078_22181965.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-06-15 22:21 | サントラ | Comments(4)  

それから

b0100078_13484125.jpg
PK-182 日本コロムビア 600円 
A面 それから  B面 ビールの泡
 
あなたに出逢って それから あなたに恋して それから
あなたに愛され それから あなたと結ばれ それから
それから それから先はわからない


 1979年の12月のある日に発売された男性三人組グループジョリー・ランバーズの歌うシングル盤「それから」です。1979年の11月19日から1980年の6月2日までの毎週月曜日夜の10時からテレビ朝日系で放映されていた連続ドラマ『女のそろばん』(原作/平岩弓枝さん 出演/山本みどりさん、新珠三千代さん、草笛光子さん、浅茅陽子さん、夏純子さん、村野武範さん、他)の主題歌で、なかにし礼さんの作詞、橋場隆さんの作曲、小笠原寛さんの編曲。なーんとなく坂田晃一さんっぽい作風の上々の哀愁ソング。B面は、なかにし礼さんの作詞、佐藤祐功さんの作曲、小笠原寛さんの編曲による同ドラマの挿入歌で、いい感じのカントリー風味のフォーク調ナンバー「ビールの泡」。

からみあった 足がたおした
のみかけのビール瓶
ビールの泡 ビールの泡 あれが二人の恋
b0100078_1349213.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-04-11 13:48 | サントラ | Comments(0)  

サスペリア

b0100078_18292166.jpg
b0100078_1831384.jpgEOR-20264 東芝EMI 600円 
A面 サスペリアのテーマ  
B面 死のワルツ
 
決して、ひとりでは見ないでください

アメリカからやってきた若く美しいバレリーナが寄宿するローマの有名なバレエ学校で次々と起る恐怖に満ち満ちた凄惨な事件の数々。その底知れぬホラー・ショック展開に引きずりまわされながら、イタリアの観客は5分間に1回ずつ劇場の椅子から飛びあがった。

 1977年の6月に公開されて大ヒットした東宝東和提供のイタリア製ホラー映画『サスペリア』(ダリオ・アルジェント監督・脚本)のサウンド・トラック盤「サスペリアのテーマ」です。演奏はイタリアのプログレ・ロック・グループ、ゴブリン(メンバーは、キーボードのクラウディオ・シモネッティさん、ベースのファビオ・ピニャテッリさん、ギターのマッシモ・モランテさん、ドラムスのアゴスティーノ・マランゴロさん)の皆さん。オルゴールの音に民族楽器のボヨーンいう音やチュリンチュリン鳴る音、そしておどろおどろしいひそひそ声がじょじょに重なっていって、やがてそれが電子音に変わり、演奏も急激にスピードを増していくという恐怖心を煽りに煽るダイナミックな展開。ラララララララ ラララララーラ。B面は1分51秒のちーっとも恐くないピアノ曲「死のワルツ」。
b0100078_1832320.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-04-05 18:35 | サントラ | Comments(2)  

水戸黄門

b0100078_21553454.jpg
b0100078_21555956.jpgUC-37 ユニオンレコード 600円 
A面 あゝ人生に涙あり  
B面 人生街道
 
パーァァア ドォーン
コッコッコッコッコ チャーン
バッババババ ババババ ババババババ
人生楽ありゃ 苦もあるさ


 TBS系ナショナル劇場『水戸黄門』の主題歌「あゝ人生に涙あり」でござんす。山上路夫さんの作詞、木下忠司さんの作曲、池多孝春さんの編曲。3番まである人生歌詞のうち、まず1番目を助さんが、2番目を格さんがそれぞれソロで歌われて、3番目をお二人で御一緒に仲良くというとってもビューティフルな構成。そうそう、お歌の得意なうっかり八兵衛さんは裏面の「人生街道」の2番でそのご自慢のノドを聞かせてくださってますぜ、旦那。

金がないとて あわてるな
金は天下の 回りもの
俺にゃいつでも お天道様が
ついているのさ ほほほいのほい
[PR]

by mokki_h | 2009-02-10 21:59 | サントラ | Comments(2)  

でっかい青春

b0100078_1947842.jpg
SS-244 キングレコード 450円 
A1. でっかい青春 A2. 愛の子守歌   
B1. 太陽野郎 B2. ワイオミングの兄弟
 
太陽ほほえむ はるかな地平へ 若い祈りを ささげよう
ぼくの両手の でっかい青春 夢にあふれる でっかい青春


 1968年にキングレコードから発売された4曲入りのちょっと豪華な33回転17cmLP盤『テレビ主題歌集』ですふ。A面の1曲目は、布施明さんの伸びのある若々しい歌声がスカっとしてじつに気持ちいい「でっかい青春」。1967年の10月から翌68年の10月までの1年間、日本テレビ系で毎週日曜日の夜8時から放映されていた竜雷太さん主演の青春ドラマ『でっかい青春』の主題歌で作詞は岩谷時子さん、作・編曲はいずみたくさん。2曲目は竜雷太さん自らの歌唱による同番組の挿入歌「愛の子守歌」。こちらも岩谷さんの作詞、いずみたくさんの作・編曲。愛の言葉を 今日も言えずに 泣いて帰った 可愛い恋人。どちらの曲も演奏はオールスターズ・レオン。B面の1曲目は、寺内タケシとバニーズのウッ!アッ!ウッ!アッ!「太陽野郎」。b0100078_19513789.jpgこれまた日本テレビ系で1967年の11月から翌68年の4月まで毎週土曜日の夜10時(たぶん)から放映されていた夏木陽介さん主演のワイルドなドラマ『太陽野郎』の主題歌で、これまたこれまた岩谷時子さんの作詞、いずみたくさんの作曲ですわ(編曲は寺内先生)。2曲目はシャープ・ホークスの雄大なスケールの歌「ワイオミングの兄弟」。1967年の10月から翌68年の3月までNHKで放映されていたアメリカン開拓ドラマ『ワイオミングの兄弟』の主題歌で、永井ひろしさんの作詞、川上英一さんの作曲、若松正司さんの編曲。演奏はレオン・サンフォニエット。

ここは大いなる ワイオミング
ここはすばらしい ワイオミング
我らの新しい ふるさとの土地
兄弟たちよ
豊かな実りを 築こう
b0100078_19553086.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-01-25 20:03 | サントラ | Comments(6)  

愛のめぐり逢い

b0100078_12412536.jpg
b0100078_12422563.jpgL-8W ワーナー・パイオニア 600円 
A面 愛のめぐり逢い  
B面 たそがれ日記
ふたりはじっと 見つめあい
みじかい言葉で 別れたわ
恋と呼ぶには つらすぎました
落葉をふんで 往きかうひとが
幸せそうに みえる街


 1976年の4月のある日に発売された愛川由美さんのシングル盤「愛のめぐり逢い」でござりまする。1976年の4月から9月まで毎週土曜日の夜10時からTBS系で放映されていたテレビ時代劇『隠し目付参上』の主題歌で、山口洋子さんの作詞、猪俣公章さんの作曲、小杉仁三さんの編曲。ジャケット写真の左から赤頭巾がかっこいい韋駄天のお駒(秋野暢子さん)、吉岡鉄五郎(竜雷太さん)、発明家の春楽(江守徹さん)、松平伊豆守/九十九内膳正(三船敏郎さん)、左吉(沖雅也さん)、紫頭巾がイカす菊次(大谷直子さん)、そしてからくり人形の三太という豪華レギュラー陣。B面は同番組の挿入歌「たそがれ日記」。こちらも作詞は山口洋子さん、作曲は猪俣公章さん、編曲は小杉仁三さん。

北窓にもたれて 季節のかわりめ
見つめています たった一人で
夕やけとんぼ 追いかけて
遠くに消える わらべ歌
[PR]

by mokki_h | 2009-01-24 12:45 | サントラ | Comments(2)  

二人で走ったフロンテ

b0100078_1424935.jpg
鈴木自動車工業株式会社 非売品  
A面 いいヤツが乗るフロンテ  B面 二人で走ったフロンテ
 
流れる雲を おいかけて
あなたと走った スズキフロンテ
輝く道を どこまでも
二人で走った スズキフロンテ


 我が国を代表する軽自動車ホンダN360に対抗すべく1967年に颯爽と登場したスズキフロンテ360の販売促進用の33回転ソノシートですし。b0100078_14244028.jpgシャンソン歌手、大木康子さんの「二人で走ったフロンテ」とカレッジフォークのコーラスグループ、シャデラックスの歌う「いいヤツが乗るフロンテ」の共に山上路夫さんの作詞、いずみたくさんの作曲によるスズキフロンテのためのCMソングのカップリング。ジャケットでは「二人で走ったフロンテ」のほうを「いいヤツが乗るフロンテ」の上にもってきているので、「あ、これは『二人で走ったフロンテ』がA面なのだわ。字もちょっと大きめに書いてあるし、間違いないわ」と誰もが勝手に思うわけですが、さにあらず。シートのレーベル面の表示を見ると、あれ、シャデラックスのほうがA面、大木康子さんのほうがB面になっておりますがな。b0100078_14265999.jpg単純な印刷ミスなのか、それともジャケットのほうをうっかり間違えちまったのか、はたまたどちらもA面つまり両A面扱いなのか、いやいやそんなことでなくてなんでもかんでもどうでもただ適当に割り振っただけなのか、ま、どっちがA面でどっちがB面でもこちらは全然まったく構いませぬが、シャデラックスの皆さんが「ぜひ大木さんをA面に!」と爽やかに、そしてあまりにも男らしく仰るので、ここはいちおうそういうことで、はいよろしく。それぞれの面にそれぞれのカラオケのおまけ付☆

あの街で見かけた スズキフロンテ
この道ですれちがう スズキフロンテ
あいつも可愛い人のせて
光の中を走っていったよ
フロンテ フロンテ
いいヤツが乗る スズキフロンテ

あいつの心が 僕にもわかる
口笛吹いて 走っていったよ
フロンテ フロンテ
いいヤツが乗る スズキフロンテ
b0100078_14312783.jpg
b0100078_14313124.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-01-18 14:50 | サントラ | Comments(5)  

ちょっとうれしいカローラ

b0100078_16565123.jpg
b0100078_16574745.jpgKE-1 非売品  
A面 ちょっとうれしいカローラ  
B面 レース!レース!レース!

ひとり それもいい
ふたり それもいい
三人 それもいい
五人 それもいいさ
ちょっとうれしい カローラ


 我が国を代表する大衆車トヨタカローラのCMソング「ちょっとうれしいカローラ」を収録した非売品33回転シングル盤です。作詞は阿久悠さん、作曲は寺内貫太郎小林亜星さん。ジャケットに写っている家族はジェリー藤尾ファミリーですよ。薪を背負ってよいしょよいしょ歩いているおじさんを「さあ、乗って乗って!」と親切に助けてあげるというほのぼのCMのワンシーン。
b0100078_16582667.jpg
B面は、小林康和さんのナレーションによる自動車レース解説「レース!レース!レース!」。ブーーーン ブーーーン 栄光のチェッカーフラッグを求め、一瞬のミスも許されない男の世界 マシーンレース!ブーーーン 
b0100078_16591315.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-01-05 17:02 | サントラ | Comments(4)