「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ジャック&ベティー( 1 )

 

みち

b0100078_2251940.jpg

TP-2191 東芝音楽工業 370円
A面 みち  B面 トンネル小路

 1969年8月1日発売の男女デュオもの「みち」歌うはジャック&ベティー。なにか写真のイメージとコンビ名が不似合いな感じであれですが、お二人は普段の活動ではオールディーズものをレパートリーにされていたのでしょうかね。或いはミスマッチ感覚の面白さを狙ったものなのかもしれません。岡部公甫さんの作詞・作曲で、渋谷毅さんの編曲が、どこか垢抜けた雰囲気をつくりだしています。男女デュオというと、たいていは、好きだの嫌いだのといったたわいもなよくありがちな話題を歌ったものが多いわけですが、この「みち」はちょっと違っていて、当時、社会的な問題になりつつあった公害をいちはやくテーマに取り上げております。環境庁が発足したのは2年後の1971年のことです。

いつも眺めている東京の空 スモッグでいっぱい
灰色の空 だけど私達の大切な空

いつも踏みしめている東京の土 危険がいっぱい
灰色の土 だけど私達の大切な土

その土の上で考えている
いつかはきっと いつかはきっと
素敵な花を咲かせましょう


ジャックさんが「いつかはきっと」と歌うところに、ぐっと力が入ります。ベティーさんの後追いのハーモニーも清々しくていい感じです。
[PR]

by mokki_h | 2007-01-17 22:37 | ジャック&ベティー | Comments(2)