カテゴリ:スリー・ドッグ・ナイト( 3 )

 

スリー・ドッグ・ナイト・ベスト4

b0100078_1834989.jpg
HP-4609 東芝音楽工業 600円
A-1 喜びの世界 A-2 アウト・イン・ザ・カントリー
B-1 ママ・トールド・ミー B-2 サンライト

 ビューティフル・ロックの王者スリー・ドッグ・ナイトのヒット曲を4曲収めたお得な17cmLP盤ダンヒル・シリーズ『スリー・ドッグ・ナイト・ベスト4』ですよ。b0100078_1854814.jpgA1は1971年の全米チャートで6週間1位の座をキープした大ヒット曲「喜びの世界」、A2はポール・ウィリアムスさんとロジャー・ニコルスさんの手によるお洒落で最高に素敵なナンバー「アウト・イン・ザ・カントリー」、B1はランディー・ニューマンさんのファンキーなトーキング・ナンバー「ママ・トールド・ミー」、B2はジェシ・コリン・ヤングさんの爽やかな曲「サンライト」。

というわけで、本日は「喜びの世界(Joy To The World)」をいつものように適当に真似して気持ちよーく歌ってみるとしましょうかね☆

CC♯D](ジャジャッジャン!と勢いよく)
ジェリマヤ ウォズア ブルフローッグ
CC♯D](もういっちょジャジャッジャン)
ウォズア グッド フレンドオブマーイン
CC♯D]アネバアンダ[D7]ストゥッダシンゴー
G]ワーズヒーセ[Gm]ッド
バラ[D]ヘルップトヒム[A]ドゥリンクヒズ[D]ワァァーイン
エンドヒ[G7]オールウェイズハッサム[A]マイティファイン[D]ワイン

シング[D]ジョーイトゥーダワールド
A]オールダボーイズアン[D]ガールズ ナウ
D]ジョイトゥーダ[D7]フィッシズインダ
G]ディープブルー[Gm]シー
D]ジョーイトゥ[A7]ユーアン[D]ミー

CC♯D
イッフ アーイワーダ キングオブダワールド
CC♯D
テルユー ワラッ ドゥー
CC♯D]スロウアウェイダ[D7]カーズダ
G]バーズアンダ[Gm]ウォー
D]メイクスウィート[A]ラブトゥ[D]ユー

シングナウ[D]ジョーイトゥーダワールド
A]オールダボーイズアン[D]ガールズ 
D]ジョイトゥーダ[D7]フィッシズインダ
G]ディープブルー[Gm]シー
D]ジョーイトゥ[A7]ユーアン[D]ミー

ここで間奏を入れてもよし、入れなくてもまたよし

CC♯D
ユーノウ アイラヴダ レイデーズ
CC♯D
ラブトゥー ハブマイファン
CC♯D]アイマ[D7]ハイネット
G]フライヤアンダ[Gm]レインボーライダ
D]ストレイトシューティン[A]サノバ[D]ガン
アセッド[G7]ストレイトシューティン[A]サノバ[D]ガン

D]ジョーイトゥーダワールド
A]オールダボーイズアン[D]ガールズ 
D]ジョイトゥーダ[D7]フィッシズインダ
G]ディープブルー[Gm]シー
D]ジョーイトゥ[A7]ユーアン[D]ミー

ここでキーが一度上がりますが、面倒なのでもとのキーのままでサビを歌って終らせましょう、そうしましょう。

D]ジョーイトゥーダワールド
A]オールダボーイズアン[D]ガールズ 
D]ジョイトゥーダ[D7]フィッシズインダ
G]ディープブルー[Gm]シー
D]ジョーイトゥ[A7]ユーアン[D]ミー
b0100078_18121960.jpg

[PR]

by mokki_h | 2008-10-25 18:15 | スリー・ドッグ・ナイト | Comments(2)  

オールド・ファッションド・ラヴ・ソング

b0100078_19595822.jpg

HR-2933 東芝音楽工業 400円
A面 オールド・ファッションド・ラヴ・ソング AN OLD FASHIONED LOVE SONG
B面 ジャム JAM

古臭~いラブソングがラジオでかかっとる
音楽に包まれて聞こえてくるのは
「絶対行かへんで、えか」いう誰かさん達の指きりげんまんやて


 「An Old Fashioned Love Song」は、ポール・ウィリアムスが作詞・作曲したものです。ポール・ウィリアムスは、ロジャー・ニコルスと共に、これまでカーペンターズの「愛のプレリュード(We've Only Just Begun)」や「雨の日と月曜日は(Rainny Days And Mondays)」をはじめ数多くのヒット曲を書いているライターです。このポール・ウィリアムス〜ロジャー・ニコルスのコンビの作品は、多くのアーティストに注目されており、オリジナル・キャストやアン・マレーなども取り上げていますが、スリー・ドッグ・ナイトも、このコンビの作った「アウト・イン・ザ・カントリー」をヒットさせています。
b0100078_2095499.jpgそのポール・ウィリアムスが珍しく独りで作詞・作曲したのがこの「オールド・ファッションド・ラヴ・ソング」ですが、これまでのウィリアムス〜ニコルスのコンビの作品に劣らない佳曲です。「喜びの世界」に比べると、ずっとソフトで甘く、メロディアスなものになっています。ギターとオルガンがそうした甘さを強調しており、深い美しさを持つ作品に仕上がっております。

[PR]

by mokki_h | 2006-07-15 20:24 | スリー・ドッグ・ナイト | Comments(7)  

喜びの世界

b0100078_20153179.jpg

HR-2775 東芝音楽工業 400円
A面 喜びの世界 JOY TO THE WORLD(3分38秒)
B面 アイ・キャン・ヒア・ユー・コーリング 
      I CAN HEAR YOU CALLING(2分56秒)
b0100078_842174.jpg
 スリー・ドッグ・ナイトは白人男性グループとしては珍しく、3人のリード・ヴォーカリスト(ダニー・ハットン、チャック・ネグロン、コリー・ウェルズ)と4人のインストゥルメンタル・セクション(ギターのマイク・オールザップ、ベースのジョー・シャーミー、キーボードのジム・グリーンスプーン、ドラムスのフロイド・スニード)という編成です。この3名のヴォーカリストは、各々ソロ・ヴォーカリスト、あるいはロック・バンドのヴォーカリストとして1960年代の中ごろからプロとしての活動を始めていますが、なかなか芽が出ず(ダニー・ハットンは1965年9月のモンキーズのオーディションに応募しています)、1967年に3人で組んでヴォーカル・グループを結成することになります。やがて、4人の楽器奏者をメンバーに加えて7人組になり、グループ名をスリー・ドッグ・ナイトとして1968年にダンヒルからデビューしました。

b0100078_20264847.jpg スリー・ドッグ・ナイトは、自分達で作曲をしないで、他人のふんどしで相撲を取無名のアーティストや新鋭のシンガー・ソング・ライター等の楽曲を見つけ出し、彼らなりのアレンジで聴かせるグループですが、その選曲とアレンジのセンスは抜群のものがあります。「喜びの世界」は「Green Back Dollar」や「Pusher」などで知られるソングライター、ホワイト・アクストン作の、痛快かつハート・ウォーミングな愛の讃歌です。

[PR]

by mokki_h | 2006-06-27 20:33 | スリー・ドッグ・ナイト | Comments(0)