カテゴリ:石橋正次( 2 )

 

鉄橋をわたると涙がはじまる

b0100078_207468.jpg
b0100078_208770.jpgCW-1255 クラウンレコード 500円
A面 鉄橋をわたると涙がはじまる 
B面 ふたりの海辺

鉄橋をわたると 
君の家が見える
汽車から飛び降り
もいちど逢いたい


 夜明けの停車場に続いて、1972年の6月1日に発売された石橋正次さんのシングル盤「鉄橋をわたると涙がはじまる」です。丹古晴巳さんの作詞、叶弦大さんの作曲、小山恭弘さんの編曲と、前作と全く同じスタッフで同じ路線を狙った哀愁歌謡。これまた見事に大ヒットしました。「てっきょう」いう言葉の響きからして、なにかこう、じわぁーっと哀愁が漂ってきますもんね。はい、こちらもシャバダーと素敵なスキャットがバックに流れますが、今回は伊集さんでなくてシンガーズ・スリーが担当していますよ。シャバダバダー♪
[PR]

by mokki_h | 2008-02-05 20:16 | 石橋正次 | Comments(6)  

夜明けの停車場

b0100078_19563027.jpg
b0100078_19572468.jpgCW-1220 クラウンレコード 400円
A面 夜明けの停車場 
B面 今日という日を

きらいでもないのに なぜか
別れたくないのに なぜか
ひとりで旅に出る
俺は悪い奴


 永遠の青春スター森田健作さんの永遠の好敵手石橋正次さんの1972年の1月25日発売の大ヒットシングル「夜明けの停車場」です。作詞は丹古晴巳さん、作曲は叶弦大さん、編曲は小山恭弘さん。1972年の2月20日から翌年2月28日までの1年間、毎週日曜日の夜8時から日本テレビ系で放映されていた人気学園ドラマ『飛び出せ青春!』(主題歌は、もちろんこれまた大ヒットした青い三角定規の歌う「太陽がくれた季節」)の挿入歌。ちょっと舟木一夫さんを思わせる、石橋さんの哀愁漂う歌声がいいですわぁ。バックに流れる気持ちのいいスキャットは、11PMのシャバダバシャバダバーシャバダバシャバダバーの伊集加代子さんですよダバダーダダバダーバダバー☆
b0100078_1958555.jpg
P-164 日本コロムビア 400円
A面 太陽がくれた季節 
B面 青春の旅
[PR]

by mokki_h | 2008-02-04 20:02 | 石橋正次 | Comments(8)