「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:柳ジョージ( 3 )

 

さらばミシシッピー

b0100078_14505913.jpg
b0100078_11414991.jpgL-380A ワーナー・パイオニア 600円
A面 さらばミシシッピー  
B面 Bright Light In The City
Wait! stop to turnig 
ギター爪弾く アンクルサム
Wait! stop to turnig 
お前のこない フェリーボート


b0100078_14541814.jpg 1980年の11月28日に発売された柳ジョージ&レイニーウッドのヒットシングル「さらばミシシッピー」です。煙草を燻らすジョージさんの横顔のモノクロ写真を使ったジャケットが、いとブルージーでかっこいいですわ。そしてこの煙草をストラトのヘッドのところにひょいと差すわけですよ、そうクラプトンさんみたいに。これがまたなんともかっこいいんです。でももうクラプトンさんは何年か前に煙草を止められたんですよね。そう、煙草なんて百害あって一利なし、出来ることなら吸わないほうがいいに決まってます。なーんかロックミュージシャンっぽくないですが、まずは健康第一ですもんね。
b0100078_14562346.jpg
b0100078_1502614.jpgL-1580 ワーナー・パイオニア 700円
A面 星空の南十字星  
B面 涙をふいて・・・

Darling I need your loving
Oh darling, darling I need your loving


 1982年の3月25日に発売された柳ジョージさんのシングル盤「星空の南十字星(サザンクロス)」です。TBS系で木曜の夜10時から放映されていたドラマ『さりげなく憎いやつ』の主題歌で、バックの演奏はJ・WALK。b0100078_1514595.jpg「さらばミシシッピー」と同じようにジョージさんの柔和な横顔を使ったジャケットですが、もう煙草はくわえておられませんよ。カラー写真というのもありますが、煙草がないだけでじつに健康的でクリーンな雰囲気。とはいえ簡単には止められないのが煙草。ジャケット裏には、煙草に火をつけるジョージさんがしっかり写っております。やっぱりジョージさんには煙草がよく似合いますわぁ。
[PR]

by mokki_h | 2008-01-13 15:08 | 柳ジョージ | Comments(2)  

雨に泣いてる・・・

b0100078_20243533.jpg
BMA-1015 徳間音楽工業 600円
A面 雨に泣いてる・・・  B面 少年の日

b0100078_2027212.jpgWeeping in the rain, Weeping in the rain
頬濡らす そぼ降る雨の 
優しさに溺れることも できないで


1978年の12月1日に発売された柳ジョージ&レイニーウッドの大ヒットシングル「雨に泣いてる・・・」です。最初にこの曲を聞いたのは、78年の12月16日から翌年の1月13日まで、フジTV系で土曜日の夜10時から放映(5話完結)されていたショーケン主演のサスペンス・ドラマ『死人狩り』(衝撃的なバスの転落シーンから始まります。ショーケンは刑事さん役で、犯人役はたしか宇津宮雅代さん)の中でした。まぁ、なんてかっこいい曲なのよ、いいわぁ☆って一発で気に入ってしまったんです。それともう一曲、ブルージーでぐっとくる、ひとり飲むバーボンが 涙に溶け込んでウーウー「ひとり酔い」もこのドラマの中で流れていました。デイブ・メイスンさんの「ワールド・イン・チェンジス」によく似たジャッジャッジャーン ドンドンタトン ジャッジャッジャーンいうイントロがついているやつです。はい、こちらもホントかっこよかったですわ。それでこの「雨に泣いてる・・・」、これより4ヶ月前の1978年8月1日に発売されたひとつ前のシングル「同じ時代に」のB面に英語バージョンが収録されているわけですが、ドラマで流れていたのが、たしか日本語だったような気もするし、おそらく英語だったような気もする。どうにも記憶が曖昧ミーマインなんですよ。
b0100078_2032286.jpg
BMA-1005 徳間音楽工業 600円
A面 同じ時代に  B面 Weeping In The Rain

同じ時代に 同じ季節を
過ごしてはきたけど 夢がちがった


b0100078_2029486.jpg そうそう、ショーケンとジョーちゃんの組み合わせというと、1980年に発売された2枚組のライブ盤『熱狂雷舞』(徳間音楽工業 BMC-7006,7007)も忘れられませんね。冒頭はもちろん「Weeping In The Rain」(歌なしですが、ショーケンの唸りがかっこいい!)。それから当時のショーケンの十八番、踊り疲れたディスコの帰り「大阪で生まれた女」や、おなじみの、飲んで飲んで飲まれて飲んで「酒と泪と男と女」はもちろんのこと、アイ・ショット・ザ・シェリフみたいなかっこいいレゲエ・ナンバー、アイ・リメンバー・ザ・ナイト「本牧綺談」もよかったですが、なんといってもPYG時代の永遠の名曲自由に歩いて愛して」の再演がうれしかったですわぁ。もう最高☆
[PR]

by mokki_h | 2008-01-11 20:51 | 柳ジョージ | Comments(2)  

微笑の法則

b0100078_21262618.jpg
b0100078_2127422.jpgBMA-1028 徳間音楽工業 600円
A面 微笑の法則  
B面 FENCEの向こうのアメリカ

smile on me, smile on me
ほほえみは目もとを走る 
smile on me♪


b0100078_21294257.jpg 1979年秋の資生堂化粧品のTVCMに使われた柳ジョージ&レイニーウッドのヒットシングル「微笑の法則」です。ストラトを持った和製エリック・クラプトン柳ジョージさんは、ほんとクラプトンさんみたいでかっこよかったですね。ギターがフェンダーでなくてグレコいうところがまた律儀でかっこいいんです。はい、ストラトを使われる前は、おもにグレコのフライングVを使っておられましたよね。ショーケンのバックを務めておられた頃もフライングVを弾くお姿が、かーっこよかったです。ガンガン弾きまくるとか細かいテクニック云々でなくて、音と音の行間というか、音からにじみ出てくるキャリアというか、所謂「ねれた感じ」がいいんですよねぇ、好きですわぁ☆
[PR]

by mokki_h | 2008-01-10 21:38 | 柳ジョージ | Comments(7)