「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:及川恒平( 1 )

 

面影橋から

b0100078_15205389.jpg
OF-8 ベルウッド 500円
A面 面影橋から  B面 夢のまた夢

面影橋から天満橋 天満橋から日影橋

b0100078_1525597.jpg 六文銭のメンバー及川恒平さんの1972年11月10日に発売されたソロ・シングル「面影橋から」です。恒平さんの作曲で、作詞は恒平さんと田中伸彦さん。1972年7月7日の厚生年金会館でのライブ録音です。演奏はもちろん六文銭(小室等さんと原茂さんのアコースティックギター、橋本良一さんのベース、そして四角(吉田)佳子さんのウ〜ウ〜コーラス)。1971年6月発売の『よしだたくろう・オン・ステージ ともだち』(エレックレコード ELEC-2002)のB面5曲目で聴ける、ハーモニカの入ったちょっと速いテンポの拓郎さんバージョン(タイトルは「面影橋」)もかっこいいのです。B面の「夢のまた夢」の作詞はジャケットのイラストも描いておられる北村魚(とと)さん、作曲は恒平さんです。
b0100078_23212993.jpg
季節はずれの風に乗り
季節はずれの赤とんぼ
流してあげよか大淀に
切って捨てよか大淀に
[PR]

by mokki_h | 2007-09-15 15:30 | 及川恒平 | Comments(2)