「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:渚ゆう子( 7 )

 

コンパクト7 渚ゆう子

b0100078_20544024.jpg
b0100078_205518.jpgTP-4259 東芝音楽工業 600円 

A1. 京都慕情 A2. 二人の大阪 
B1. 京都の恋 B2. 夏の日の想い出
 
苦しめないで
あゝ責めないで
別れのつらさ知りながら
遠い日は二度と帰らない
夕やみの桂川


 林春生さんの作詞&ベンチャーズの作曲による「京都慕情」(1970年12月1日発売)と「京都の恋」(1970年5月25日発売)という京都ソングを代表する二大ヒットナンバーをそれぞれA面とB面の1曲目にもってきた、渚ゆう子さんの33回転の4曲入りお徳用17cmLPですよ。赤いスケスケの素晴らしいミニのお召し物で可愛いらしいポーズをとっておられるゆう子さんがとってもとっても素敵ですわぁ☆しっとりした「京都慕情」と疾走感溢れる「京都の恋」。私は、こっちのほうが好き。あ、ボクはこっちだなぁ。あらら、ワチきはこっちがいい。ほー、ウチはこっちやワ。へほ、アタイはこっちだわさ。ほふほふ、あてはこっちだス。ひょ、わったいはこっちだの。ぬふ、うらはこっちぶべ。べぼ、だばばばごっぢぶぶ。ぴぽ、ぱぴぷぺぴぽ。しゅしゅしゅ、きゅきゅきゃきゅきゃきゅ。ねなね、ぬーんふぬんなねのんのん。ってな調子で、皆様の好みはおそらく半々にわかれるでしょうが、このコンパクト盤ではいちおう「京都慕情」が「京都の恋」を抑えてA面の座についておりますね。B面2曲目の「夏の日の想い出」は日野てる子さんの1965年の大ヒット曲のカヴァー。
b0100078_20554480.jpg

b0100078_20562222.jpg
b0100078_2057056.jpgTP-10098 東芝EMI 600円

A面 京都の恋
B面 京都慕情

恋によごれた 女は
明日から
白い京都の 片隅に
想い出をすてるの
想い出をすてるの


 ひゅー!お着物姿もじつじつによろしゅうございます☆はい、こちらは、余計な曲は入れないで、肝心の京都ソング2曲だけをそのままカップリングした、1976年の再発盤シングルでございます。ジャケットではタイトルの字体もそのサイズも同じで、どっちがどっちとはいえない両A面スタイルですが、レーベル面とジャケット裏の歌詞カードの位置を見れば一目瞭然、はっきりくっきり「京都の恋」がA面になっていますよ。

おまけ
[PR]

by mokki_h | 2009-09-01 21:03 | 渚ゆう子 | Comments(8)  

東京に三日 田舎に四日

b0100078_1072228.jpg
b0100078_1075860.jpgTP-2860 東芝音楽工業 500円 

A面 東京に三日 田舎に四日  
B面 恋の日が来るのね
 
東京に三日 田舎に四日
あなたと二人で
太陽にまみれ 恋にまみれて
暮らしたいわ


 1973年の6月に発売された渚ゆう子さんのシングル盤「東京に三日 田舎に四日」です。パーパパヤ パーパパヤいう女性バックコーラスが最高にかっこいいソウル歌謡の傑作ナンバーで、浜口庫之助先生の作詞・作曲、川口真さんの編曲。b0100078_109179.jpg胸にぐっとくるこのイカした感じは、ちょうど同じ年(1973年)の同じ頃(7月)に発売されたマイガール歌謡の怪作名作、中川浩夫とアンジェラスの「ヨコハマ物語」(山口あかりさんの作詞、植田嘉靖さんの作曲、上持城夫さんの編曲)とちょっと似ておりますね。パーパヤパヤ パーパヤパヤ。B面もハマクラ先生の作詞・作曲、川口真さんの編曲による美しいソウル歌謡「恋の日が来るのね」。ストリングスと鉄琴のやらかい響きが、やさしくてとっても素敵なの☆

何処かにいるあなたを
私は待っていたの
いつかは私の恋人になる人
あなたは来ました 風のように
[PR]

by mokki_h | 2009-08-30 10:12 | 渚ゆう子 | Comments(4)  

めぐり逢い

b0100078_22164393.jpg
b0100078_22173466.jpgTP2615 東芝音楽工業 400円
A面 めぐり逢い 
B面 おんなの日記

しあわせも あの人も
ひと夜の夢かしら
涙にぬーれたままで 
ひとり街に出るの


 1972年の2月5日に発売された渚ゆう子さんのシングル盤「めぐり逢い」です。同じ年の前半(たぶん)に日本テレビ系で毎週月曜日の夜9時から放映されていた、近藤正臣さん&大谷直子さん主演のメロドラマあの橋の畔で』の主題歌。「京都慕情」をちょっとだけテンポアップしたような明るい曲調のナンバーで、メロディもなーんとなくどことなく似ていますよ。作詞は橋本淳さん、作曲は筒美京平さん、編曲は高田弘さん。B面「おんなの日記」も同ドラマの主題歌で、こちらは(たぶんおそらく)エンディングに使われていた、しっとりとした哀しい雰囲気の曲です。辻本茂さんの作詞、筒美京平さんの作曲、高田弘さんの編曲。流れに浮かぶ夕月に あなたがみえる あの日のように。
[PR]

by mokki_h | 2008-01-23 22:20 | 渚ゆう子 | Comments(2)  

風の日のバラード

b0100078_20173324.jpg
b0100078_20182610.jpgTP2707 東芝音楽工業 500円
A面 風の日のバラード 
B面 あの人の居ない街

ひとりゆく 風の街
淋しくって 誰かに甘えたいの


 1972年の7月25日に発売された渚ゆう子さんのシングル盤「風の日のバラード」です。ゆったりホンワカした曲調のこの旅の歌は週刊明星の募集歌ということで、峰けい子さんという方が作詞されたものを橋本淳さんが手直し(補作詞)されているそうです。作・編曲は筒美京平さん。緑の木々の中に佇む自然なジャケット写真がまたいい感じですね☆
[PR]

by mokki_h | 2008-01-22 20:21 | 渚ゆう子 | Comments(2)  

雨の日のブルース

b0100078_2051663.jpg
b0100078_12414043.jpgTP2500 東芝音楽工業 400円
A面 雨の日のブルース 
B面 忘れな草をこの胸に

小雨に濡れている(トントン)夜の
小さな坂道の(トントン)クラブ


 1971年の8月5日に発売された渚ゆう子さんのシングル盤「雨の日のブルース」です。大ヒットした「京都の恋」とよく似た曲調のベンチャーズ歌謡風味のナンバー。橋本淳さんの作詞、筒美京平さんの作・編曲です。小道具に使った透明なビニール傘が、ぼやーんとした雨らしいいい雰囲気を醸し出しているこちらは初期ジャケット。何か事情でもあったのでせうか(やっぱりビニール傘が邪魔だったのかもしれません)まもなく、雨とはあまり関係のなさそうな黄色い花をあしらったジャケットに変更されて発売されました。
b0100078_1242927.jpg

[PR]

by mokki_h | 2008-01-20 12:46 | 渚ゆう子 | Comments(2)  

京都慕情

b0100078_2144016.jpg

TP-2357 東芝音楽工業 400円
A面 京都慕情  B面 女の指輪

遠い日の愛の残り火が 燃えてる嵐山
すべてすべてあなたのことが どうして消せないの


 1970年12月1日に発売された渚ゆう子さんのシングル盤「京都慕情」どす。原題は「Reflections in a palace lake(お宮の池の水面のきらきらきれい)」。大ヒット「京都の恋」に続くベンチャーズ作曲の京都シリーズ第2弾。ビートに乗った「京都の恋」もいいですが、こちらのしっとりしっぽりムードもまたええどすなぁ。林春生さんの作詞、川口真さんの編曲、演奏は東芝レコーディング・オーケストラ。遠い日は二度と帰らない 夕やみの桂川・・。
[PR]

by mokki_h | 2007-05-28 21:16 | 渚ゆう子 | Comments(2)  

京都の恋

b0100078_1224897.jpg

TP-2282 東芝音楽工業 400円
A面 京都の恋  B面 宮崎の二人

わたしの心に 鐘が鳴る 
白い京都に 雨が降る


1970年5月25日発売の渚ゆう子さんの大ヒットシングル「京都の恋」です。原題は「Kyoto Doll(京都のお人形さん)」。山内賢さんと和泉雅子さんの「二人の銀座」と並んでもっとも広く知られているベンチャーズ歌謡の最高峰。ジャパニーズ情緒たっぷりの琴の調べとペンペンのエレキギター、ドンドンドコドコいうドラム、正直なベースと控えめで上品なストリングス。作詞は林春生さん、編曲は川口真さん。演奏は東芝レコーディング・オーケストラ。
[PR]

by mokki_h | 2007-05-27 12:13 | 渚ゆう子 | Comments(4)