「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:酒井和歌子( 3 )

 

新初恋

b0100078_1491521.jpg
b0100078_14124966.jpgSONA 86011 CBS・ソニー 370円 

A面 新初恋  
B面 星のたて琴

教科書片手にキスをした
逢ったその日にキスをした
なぜっておいらにきくのかい
海がとっても青いから
 
 
 酒井和歌子様のシングル盤「大都会の恋人たち」で仲良くデュエットしておられた清潔感溢れる好青年=江夏圭介さんの単独デビューシングル「新初恋」どえす。b0100078_1413279.jpgあたまのところから最後までボーカルがずぅっとひとりコーラスというかひとりユニゾンで終始するのがなんともヘンな感じ。こういったカントリー風味の朴訥とした雰囲気の曲には小細工なしの素直なストレート投球のほうが絶対似合っているように思えますゾ。まぁ、終わってしまったことをあれこれ言っても今さらどーしようもこーしようもありませんわな、これ。作詞は寺山修司さん、作曲は白野隆一さん、編曲は森岡賢一郎さん。そうそう、歌詞カードのタイトルのところだけ「新」と「初恋」の間に中黒が入った「新・初恋」の表記になっておりますが、社会派映画のオープニング風のかっこいい見開きジャケットのタイトルも、その裏の寺山さん自筆の歌詞(詩)の題名も、それからレーベル面もすべて中黒なしの「新初恋」なので、これが正式なタイトルである、そうであーると勝手に認定いたしますよ。和歌子様とのお仕事から約半年後の1968年10月の発売。B面は、水野礼子さんの作詞、白野隆一さんの作曲、森岡賢一郎さんの編曲によるとってもロマンチックなナンバー「星のたて琴」。

あのひとの淋しそな 肩に星が降る
幸福を祈ってる 僕の星が降る
さよならは 君のためだよと
夜空の星が光ってる
b0100078_1414686.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-11-07 14:17 | 酒井和歌子 | Comments(0)  

こんにちは!そよ風さん

b0100078_21101447.jpg

 1969年の1月27日から4月14日までの毎週月曜日、夜の8時からTBS系で放映されていた酒井和歌子様主演のドラマ『こんにちは!そよ風さん』のPR用に配布されたソノシートですよ。素敵素敵な和歌子様の【ひとりごと】が5分半も聴ける、この幸せ!

「こんにちは、あたし酒井和歌子。今年の4月15日で20才になります。現在、身長162センチ、体重48キロ、うふ、あとは内緒にさせて☆ とにかく小学校の頃はやせっぽちのノッポで、一番後ろに並んでたワ。でも今は普通ネ。家族は両親と兄が一人、兄はチョット怖いなァ。でも、思いやりのあるいい兄だワ。ボーイフレンドはいないの。小学校の頃は男の子とよく遊んでたけど、中学に入ってからは口もきけなかったわ。意識し始めたのネ。お仕事の時はいいんだけど、学校でお友達にボーイフレンドの話など聞かされると、うらやましくて、欲しいなァって思うワ。でもなんとなく男の子に近づけないの。積極的じゃないからいけないのネ。このへんよく自己批判するんだけど、どうもあたしは、物事を考え込み過ぎたり、深刻にとり過ぎたりするのネ。うふ、それでいい時もあるんでしょうけど、冒険的判断も必要だと思うワ。あたしは東京に生まれて東京で育ったから、他の街はよく知らないの。だから旅行は大好き☆4年生の時、劇団若草に入って、雑誌のモデルのお仕事などもよくやりました。東宝に入社したのは、中学3年生の時。一番の思い出の映画って言えば、『日本の青春』。あの時、俳優として、映画に何かを感じた気がするんです。」

「ファンの方から、よくぎこちないヘンな格好だ、なんて言われるんですけど、はんっ、じつは左利きなんです。お箸は右で持ちますけど、やっぱり扱いはヘタね。食事のシーンは苦手だナ。もうひとつの苦手は、ゴーゴーの場面。ゴーゴーは大好きなのよ。でも、あたしの踊るのを見て、どじょうすくいだ、って言うひともいるんです。今モーレツに研究中。運動神経はあるつもりよ。水泳もすぐおぼえたし、バレーボールの特訓もどうにかこなしたし。でも、この間スケートで、初めてスピードの靴を履いたら、氷にキスしちゃった。」

「あたしって、相当な笑い上戸なの。これもお仕事に困るワ。肝心な時に、フき出しちゃってNG。そのたびに監督さんや共演の方に謝らなきゃならないんですもの。 好きな食べ物は、鳥のもも焼き。果物や野菜はキライなのに、肌にいいから食べなさいって言われるし。チョコレートは好きなのに、荒れるからイケナイって言われるし。成人前はいろいろと抑えられて、つまんないわ。20才になったら、好きなことをして大人の世界もチョッピリ覗こうと楽しみにしています。高校までは学校のほうが主だったけれど、去年大学生になって、俄然お仕事が忙しくなりました。あまり何もかも頭を突っ込み過ぎて、自分の時間が持てなかったことを反省しています。だから、今年は考える時間、学校へ行く時間、お芝居を勉強する時間を持ちたいと思っています。ちゃんと2年間で卒業するつもりで、目白学園女子短期大学の国文科に入学したんだけれど、この分ではもっとかかりそう。でも、なにがなんでも入学したからには卒業したいワ。あたしって、ヘンなところに意地っぱりなの。好きな学科は哲学。哲学的お話って、聞いてるだけで面白いワ。キライなのは英語。はじめっから苦手なの。ほかに悩みって言えば、とんでもない時に出来る、にきびネ。」

♪ そよ風が バラ色の ボートをうかべて 青空の 海から 恋をはこんでくる ♪

「1月27日から、あたしにとってテレビでは初めてのレギュラー番組『こんにちは!そよ風さん』が始まります。この音楽、ピンキーとキラーズが歌っているテーマソングなの。あたしの役の西方桂子は、小さな鰻の缶詰め会社に勤めていて、あたしのイメージと、同じ庶民的な娘です。負けず嫌いで、少し気が強すぎたりするところまで似てるのよ。うふっ、でも、しっかりしてるところは、見習わなくちゃネ。」

「社会に出て、急速に人間の複雑さや人生のホロ苦さにぶつかる。それでも、いつもさわやかな、そよ風のように、清々しい桂子の19才の青春。そんなドラマです。月曜日の8時には、忘れず見てネ☆」

♪ 星屑の 夜から 恋をはこんでくる あの人が 好きだから ねていても 見にゆこう ♪
b0100078_21102771.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-08-23 20:56 | 酒井和歌子 | Comments(6)  

大都会の恋人たち

b0100078_20431518.jpg

b0100078_20462040.jpgSAS-1043 日本コロムビア 
330円

A面 大都会の恋人たち  
B面 雨をうけたら

「たのしいかい?」
「とっても」
「歩こうか」
「歩きたい」


1968年の2月に発売された永遠の清純派女優酒井和歌子様の初レコーディング曲(たぶん)は江夏圭介さんとのデュエット「大都会の恋人たち」です。和歌子様のお相手は、やはり真面目で清潔感溢れる好青年でなければなりませぬ。だらしなかったり不良っぽかったりするのは世間が許しませんわ。曲も流行りのエレキはダメダメ、こーいうオーソドックスなロスプリモス風のムーディーなものがいいんです。イントロに続くふたりの短い語りも素敵。作曲は戸塚三博さんの作曲で、万里村ゆき子さん作の歌詞もどこか古風な趣があります。

ペーブメントに 雨が降る
白くおしゃれな 雨が降る
寒くはないかい コートをあげる
寒くはないのよ あなたといれば
ふたりでひとつの コート着て
甘い小走り にわか雨


見開きジャケットになっていますが、どちらかというと夜景をバックにした裏の写真のほうがいい感じでしょうか。B面の「雨をうけたら」は江夏さんのソロ。
b0100078_20542065.jpg

[PR]

by mokki_h | 2007-04-05 20:57 | 酒井和歌子 | Comments(2)