カテゴリ:萩原健一( 9 )

 

前略おふくろ様

b0100078_13454643.jpg
DR 3005 ポリドールレコード 500円

A1 メイン・テーマ A2 三郎のテーマ 
B1 テーマ曲  B2 秀次のテーマ
 
 1975年の10月から1976年の4月まで(パート1)と1976年の10月から1977年の4月まで(パート2)の毎週金曜日夜9時から日本テレビ系で放映(こっちは中京テレビだがね)されていた、ショーケン主演の大人気人情ドラマ『前略おふくろ様』のオリジナル・サウンド・トラック盤っス。A面2曲目の「三郎のテーマ」も最高にええですが、ここはひとつA面1曲目の「メイン・テーマ」を口真似でいってみませう。

ででげでげでん (ちゃ~ららららいらら)
た~かたらら らん (ちゃ~ららららいららら)
ででげでげどん (ちゃ~ららららいらら)
た~かたらら らん (ちゃ~ららららいららら)
とんて たらららん(ぱぁ~)
た~たたらら たら~とん (ぱぁ~)
とんて たらららん(ぱぁ~)
てとたれろ たれろれん(ぱぁ~)
とんて たん てろろろん
とんて たれろろ て たれっと とんと とんたれろろん
とててと てけとん

ででげでげでん ちゃからん(ぱぁ~)
た~かたらら たからん (ぱぁ~)
とんて たらららん(ぱぁ~)
た~たたらら たら~とん (ぱぁ~)
とんて とんたらららん(ぱぁ~)
とんて たれろろ て たれっと とんと ろんたれろろん
とててと てけとん
ででげでげで~ん 
[PR]

by mokki_h | 2010-05-27 19:58 | 萩原健一 | Comments(8)  

化石の森

1973年
b0100078_5244118.jpg
b0100078_5252264.jpg
b0100078_526156.jpg
b0100078_5265565.jpg
b0100078_5275524.jpg


クリックで拡大するざますよ
[PR]

by mokki_h | 2010-03-24 13:59 | 萩原健一 | Comments(0)  

泣けるわけがないだろう

b0100078_19272172.jpg
b0100078_19274180.jpgTODT-3660 東芝EMI 
税込定価1000円 

1. 泣けるわけがないだろう 
2. I LOVE YOU さえ言えない
3. 泣けるわけがないだろう
(オリジナル・カラオケ)
 
慰めなんか
抱けやしない
ふりむく季節には
なにも残っちゃいない
風が吹いてるだけ


 1996年の1月31日に発売されたショーケンの8cmCDシングル「泣けるわけがないだろう」です。1996年の1月7日から3月24日までの毎週日曜日、夜9時からTBS系で放映されていたショーケン主演のドラマ東芝日曜劇場冠婚葬祭部長』の主題歌で、作詞は松井五郎さん、作曲はチューブの春畑道哉さん、編曲は西平彰さん。二曲目も同ドラマのこちらは挿入歌で、かーっこいいアーバンなスローブルース「I LOVE YOU さえ言えない」。赤と黒でまとめたジャケットのデザインがお洒落でまたいいんですわ☆

だらしないBROKEN HEART  I LOVE YOUさえ言えない
慰めのMOON LIGHT  好きなだけBLUES
b0100078_1928928.jpg
b0100078_2163742.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-03-26 19:34 | 萩原健一 | Comments(2)  

もう一度抱いて

b0100078_20165267.jpg
b0100078_20172750.jpgBMA-2038 バーボンレコーズ 700円
A面 もう一度抱いて
B面 Sexy Lonely Night
 
抱きあって夜明けまで眠るかい
もうぬくもりもさめて
冷たい爪先をからめ
「オォーベイベェ」なんて言う



b0100078_201976.jpg 1983年の11月に発売されたショーケンのシングル盤「もう一度抱いて」です。ゆったりとしたレゲエビートにのせて歌われる、このかっこいいラブソングの作詞は女優の藤真利子さん、作曲はダンシンオールナイトのもんたよしのりさん、編曲と演奏はドンジャンR&Rバンド。ジャケット写真は、カルカッタでのスタジアムコンサートと武道館における公演を収録した同年4月発売の2枚組ライブ盤『SHANTI SHANTI』(いしだあゆみさんとの夫婦デュエットが聴けるのは、D面1曲目の「ア・ブランニューデイ」ですよ。いくつ季節 過ごしてはきても あなたとひとつになれない かげりがつつむ オーォォ ブランニョーデイ♪ いいんだなぁ、これが。)と同じですね。ショーケンの自由でラスタなボーカルに絡む、テレキャスのフロント・ピックアップを使った石間秀機さんのやさしくてねちっこい音色のギターのオブリが、またこれいいんですわ☆
b0100078_20384631.jpg
b0100078_14152035.jpg
b0100078_1416532.jpg
b0100078_1416404.jpg
b0100078_14173238.jpg
b0100078_14181191.jpg
b0100078_1418599.jpg
b0100078_14193791.jpg

[PR]

by mokki_h | 2008-08-04 20:44 | 萩原健一 | Comments(6)  

SEE SAW

b0100078_215059.jpg
b0100078_215531.jpgMOSE-127 ALFA MOON 見本盤
A面 SEE SAW  
B面 友

恋の計りは ゆれている
まるでシーソーのように
とどまるところ知らない
熱い吐息は かけてゆく


 1987年の2月25日に発売されたショーケンのアルバム『Straight Light』(MOON-28040)からのシングルカット「SEE SAW」です。作詞・作曲は速水清司さん、編曲とプロデュースは井上堯之さん、バックの演奏はアンドレ・マルロー・バンド。イカシた帽子を被ってテレキャスターをぶら下げたショーケンが、伝説のギタリストロイ・ブキャナンさんみたいでかっこいいですわ☆b0100078_2162825.jpgヘッドのところにさり気なく吸いかけのタバコが差してあるのもかっこいいし、アルバムジャケット裏でキース・リチャード風のポーズをとるショーケンも、歌詞カード裏で右肩にストラップをかけたショーケンもみんなかっこいい!それで、はたしてこのテレキャスが速水さんのものなのか、堯之さんのものなのか、それともショーケン自身の持ち物なのかわかりませぬが、もちろんショーケンのギター演奏が録音されている、なんてことはありませんわね。
b0100078_2194087.jpg
b0100078_21104557.jpg
b0100078_21112868.jpg

[PR]

by mokki_h | 2008-05-31 21:18 | 萩原健一 | Comments(8)  

ホワイト&ブルー

b0100078_2158210.jpg

BMA-2006 バーボンレコーズ 700円
A面 ホワイト&ブルー  B面 フラフラ(春よ来い)

1981年の5月に発売されたショーケンのシングル盤「ホワイト&ブルー」です。バックを務めるのは、石間秀機さんと速水清司さんの2本のギターに田中清司さんと原田裕臣さんのツイン・ドラムスと林雅克さんのベース、そして篠原信彦さんのキーボードというオールマンみたいな南部編成ドンジャンR&Rバンドb0100078_722751.jpg作詞・作曲は速水清司さん。B面の「フラフラ(春よ来い)」は、ショーケンと石間さんの作詞、篠原信彦さんの作曲。みんなフララフラフラ〜狂って狂ってフラフラ。ショーケンwithドンジャンR&Rバンドを堪能できるのは、2枚組の『DONJUAN LIVE』(Bourbon BMC-7010〜11)。尭之さんのツッチャカツッチャカ「テンダー・ナイト」、定番の踊り疲れたディスコの帰り「大阪で生まれた女」、清司さんのすえた匂いする赤茶けた「今夜きりさ」、俺とおまえは「ぐでんぐでん」、ロックンロールはマーみたい「ラストダンスは私に」、ハードなブルース「コンクリート・ジャングル」、孤独の人生をゆくオーライベイベェ「ローリング・オン・ザ・ロード」どれもこれももう最高にかっこいいですわ。アイライクアイライクドンジャンロックンロールバンド!
[PR]

by mokki_h | 2007-05-15 22:01 | 萩原健一 | Comments(2)  

別れの詩

b0100078_2262396.jpg

KA-1047 ミノルフォンレコード 600円
A面 別れの詩  B面 雨のしおり

b0100078_10271243.jpg 
 ショーケンはサブちゃんのままですね。大人気連続TVドラマ『前略おふくろ様』の撮影時に撮られた写真かもしれません。「別れの詩」は東海林良さんの作詞、大野克夫さん作曲。イントロのストラトの乾いた音がとってもいいです。弾いておられるのは速水清司さんでしょうか。

さよならだけじゃ 帰れそうにもないと
くちびるゆがめて そっと見つめるきみよ

穏やかな歌い方のショーケンもいいもんです。

B面は、井上堯之さん作詞・作曲の「雨のしおりスタンド・バイ・ミーみたいなメロディーの軽いタッチの可愛らしい曲。カラカッカと刻まれるリズムギターが印象的です。1977年発売。
[PR]

by mokki_h | 2007-01-10 22:09 | 萩原健一 | Comments(2)  

傷だらけの天使

b0100078_20323666.jpg
DR 1888 ポリドールレコード 500円
A面 1. 傷だらけの天使 2. 天使の憂鬱  
B面 1. 天使の享楽 2. 天使の欲望

井上堯之バンドというと『太陽にほえろ!』のテーマ曲と並んで広く知られているのが、この『傷だらけの天使』でしょう。最近も軽快でかっこいいこの曲をTV-CMでよく耳にしますね。このテーマ曲が流れると、ショーケンがコンビーフとトマトをワ〜イルドに食べて牛乳をグビグビっと飲む例のオープニングシーンがフラッシュバックします。B面1曲目のおどけた調子のホンキートンク・ピアノが楽しい「天使の享楽」もいいです。
 
ドラマのなかで、岸田今日子さんが演じておられた、ショーケン扮する木暮修の所属する探偵事務所の社長=『綾部のばあさん』が部屋でいつも聴いていた暗〜くて気味の悪い曲も印象深いですね。あの不気味な歌は「マヅルカ」という昔のドイツ映画の主題歌だそうで、歌っているのはその映画の主演女優でもあったポーラ・ネグリさんという人だそうです。 イッヒ リ〜〜ベ ディ〜ッヒ

マヅルカ ♪
[PR]

by mokki_h | 2006-10-23 20:58 | 萩原健一 | Comments(0)  

ブルージンの子守唄

b0100078_20544639.jpg
DR1703 ポリドールレコード 500円
A面 ブルージンの子守唄 BLUE JEAN LULLUABY
B面 少年の魂 SOUL OF A BOY

 「ブルージンの子守唄」は、作詞は阿久悠さんですが、作曲が加藤和彦さん、瀬尾一三さんが編曲を担当しています。ショーケンも時代の流れでフォークしております。

もや〜もやしたなら くちづけしようよ〜 

メロディもバックの演奏もなんとなく拓郎さん風です。タイトルもそうなのですが、ブルージーンではなくてブルージンと歌っています。

ごわ〜ごわブルージン さわ〜ってごらんよ〜
ふたりで歌おうよ ブルージンのララ〜バイ
 
 
BLUE JEAN LULLUABYという英題がついていますから、「ブルージーン」のはずですが、なぜか「ブルージン」。同時期の拓郎さんの「加川良の手紙」には「ホワイトジーン」が出てきますが 

拝啓 僕はとても残念でした 
あの日 君がホワイトジーンでなかったことが〜
 

ホワイトジンとは歌っておりませんね。ホワイトジーンです。ジンは ジン ジン ジン ジン サントリージン のジンですものね。「ブルージン」は、阿久悠氏の要望だったのかもしれません。1972年7月1日発売。

[PR]

by mokki_h | 2006-08-26 21:09 | 萩原健一 | Comments(0)