カテゴリ:西田佐知子( 10 )

 

アカシアの雨がやむとき

b0100078_19201682.jpg
DJ-1062 日本グラモフォン 290円 
A面 アカシアの雨がやむとき  B面 夜霧のテレビ塔
 
アカシアの雨がやむとき 青空さして鳩がとぶ
むらさきの はねのいろ それはベンチの片隅で


 1960年の4月に発売された西田佐知子さんの昭和歌謡史に燦然と輝く大ヒット曲「アカシアの雨がやむとき」の初版シングルです。名前の表記が「佐知子」でなくて「佐智子」ですよ。さちこさんはさちこさんでも「さちこ」の「ち」が「知」でなくて「知」の下に「日」の入った「智」で「さちこ」。西田佐智子さんです。漢字が一字違うだけで受ける感じもなんとなく違いますね。お顔もふっくらしてちょっと別人のようにも見えますわ。b0100078_1921672.jpg天然色のセカンド・ジャケットで名前と曲名だけの小さな扱いになってしまったカップリング曲「夜霧のテレビ塔」を歌っておられた原田信夫さんのお顔もちゃんと載ってます。レーベル面ではいちおう原田さんがB面になっていますが、夜霧のむこうにボンヤリと浮かんだテレビ塔がベンチの片隅と共に描かれていたり、顔写真の大きさが西田さんとほぼ同じくらいであるところからみるとこの2曲、最初はどうやら両A面扱いだったみたいですね。

恋も捨てた 夢も捨てた 俺なのに
何故に身に沁む 夜風の寒さ
あゝ テレビ塔も夜霧に濡れて
遠く 霧笛がひとつむせび泣いてるさ

b0100078_19275673.jpg

[PR]

by mokki_h | 2013-01-04 22:50 | 西田佐知子 | Comments(0)  

初めての街で

b0100078_2124456.jpg
b0100078_2125480.jpgDR 6363 ポリドールレコード 600円
A面 初めての街で  
B面 ラスト・コール  

初めての街で
いつもの酒
ちょっと気取って
ひとりぽっち


 1979年の11月1日に発売された西田佐知子さんのシングル盤「初めての街で」です。誰もが耳にしたことのある『清酒 菊正宗』のCMソングですが、「やっぱり俺は」のあとのフレーズがお馴染みの「菊正宗」から「一人じゃない」に変えてありますよ。「一人じゃない」でも全然かまいませんが、うーん、なんとなくヘンな感じ。ここはやっぱり「菊正宗」と歌われたほうがピッタリしっくりきますわね、やっぱり。作詞・作曲は永六輔さんと中村八大さんの六八コンビ、編曲は井上鑑さん。B面は、阿木燿子さんの作詞、宇崎竜童さんの作曲、馬飼野俊一さんの編曲「ラスト・コール」。
b0100078_21295027.jpg

[PR]

by mokki_h | 2008-06-18 21:35 | 西田佐知子 | Comments(6)  

星に希いをかけるとき

b0100078_2245657.jpg
b0100078_226598.jpgDJ-1378 日本グラモフォン 290円
A面 星に希いをかけるとき  
B面 愛の別れ
夜の静寂に 祈りささげる
心のやすらぎに
くちずさむ 愛のうた
とこしえの幸あれと
星に希いをかけるとき


 1963年に発売された、西田佐知子さんのシングル盤「星に希いをかけるとき」です(「希い」は「ねがい」と読んで下さいましね)。鈴木道明さんの作詞・作曲、前田憲男さんの編曲。ジャケットの雰囲気そのままのロマンチックな歌詞と西田さんのドラマチックな歌唱が素敵ですわ☆ B面は、タンゴのリズムにのせて歌われるせつない歌「愛の別れ」。水木かおるさんの作詞、中島安敏さんの作・編曲。

行ってもいいわ とめないわ
だけどあなたが 傷ついて
かなしいときは 振り向いて
いつもわたしは 影になり
あなたの後ろに いるでしょう
[PR]

by mokki_h | 2008-05-23 22:08 | 西田佐知子 | Comments(0)  

西田佐知子恋を唄う

b0100078_20543317.jpg
SMR-3036 日本グラモフォン 1700円

バツグンの歌唱 ヒット曲に貫禄を示すサッちゃんのノド

b0100078_2130777.jpg 1969年に発売された西田佐知子さんのヒットソング・カヴァー・アルバム『西田佐知子恋を唄う』です。「前に歌った人のレコードは、つとめて聴かないことにして、私は私なりの”恋”を歌ってみました。歌詞の解釈とか、恋愛感情の表現のしかたは、人それぞれ違うから・・」と西田さんは仰ってます。すべての編曲は早川博二さん、演奏はポリドール・オーケストラ。


b0100078_21323730.jpgA-1 知りすぎたのね
ロス・インディオスの1968年のヒット曲。作詞・作曲は、なかにし礼さん。
知りすぎたのね あまりに私を
知りすぎたのね 私のすべて



A-2 恋心
エンリコ・マシアスさん作曲、パスカル・ブランクさん作詞のシャンソン。菅原洋一さんは、なかにし礼さんの訳詞で歌われていましたが、西田さんは永田文夫さんの訳詞で。
恋は不思議ね 消えたはずの灰の中から
何故に燃える ときめく心 せつない胸



b0100078_21331144.jpgA-3 ゆうべの秘密
小川知子さんの1968年の大ヒット曲。作詞はタマイチコさん、作曲は中洲朗さん。
ゆうべのことは もう聞かないで
あなたにあげた わたしの秘密




A-4 ウナ・セラ・ディ東京
ザ・ピーナッツのヒット曲。マヒナ・スターズのバージョンも大ヒット。岩谷時子さんの作詞、宮川泰先生の作曲です。
哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ
ウナ・セラ・ディ東京 あぁ


A-5 命かれても
森進一さんの1968年のヒット曲。鳥井実さんの作詞、彩木雅夫さんの作曲。こういったディープな演歌も西田さんが歌われると、やはりひと味違います。
惚れて振られた おんなの心
あんたなんかにゃ わかるまい


A-6 銀座ブルース
和田弘とマヒナ・スターズのヒット曲。ジャジーなアレンジでサラリと歌う西田さんのかっこいいことっていったらないですわぁ☆
たそがれゆく銀座 いとしい街よ
恋の灯つく銀座 夢買う街よ



b0100078_21432843.jpgB-1 恋の季節
御存知ピンキーとキラーズの1968年の秋から冬にかけてのウルトラ・ヒットナンバー。ショーケンも映画『涙のあとで微笑みを』の中で、かーっこよく歌っておりました。
夜明けのコーヒー ふたりで飲もうと
あの人が言った 恋の季節よ




b0100078_2138135.jpgB-2 知りたくないの
菅原洋一さんのヒットで知られる、なかにし礼さんの訳詞によるカントリー・ナンバー。「過去のことなんかどうだっていいじゃないの、いまの二人が愛しあってさえいれば、なんて気持ち、すごくわかるような気がするわ」
あなたの過去など 知りたくないの
済んでしまったことは 仕方ないじゃないの




b0100078_21384781.jpgB-3 恋のしずく
伊東ゆかりさんの大ヒット曲。安井かずみさんの作詞、平尾昌晃さんの作曲。伊東ゆかりさんの純愛ムードもいいですが、西田さんの大人の恋の味、これがまたいいのですわ。
肩をぬらす 恋のしずく
濡れたままでいいの このまま歩きたい



B-4 青い月夜
奥村チヨさんの1968年のヒット曲。橋本淳さんの作詞、井上忠夫さんの作曲。西田さんはこういったGSタイプのナンバーも得意なのです。「青い青い月夜のくちづけを」のひとりコーラスがじつに美しい☆
霧にまかれた あなたの窓辺
ともる灯りが とてもいとしい


B-5 
ペギー葉山さんの”爪を噛む癖”をヒントに平岡精二さんがペギーさんのために作詞・作曲されたという和製シャンソンの傑作。
二人暮らしたアパート 一人一人で出て行くの
すんだ事なの今はもう とても綺麗な夢なのよ


B-6 ベッドで煙草を吸わないで
大人気お色気アクション・ドラマ『プレイガール』でも広く知られる女優、沢たまきさんの大人のムードたっぷりの1966年のヒット曲。岩谷時子さんの作詞、いずみたくさんの作曲。
ベッドで煙草を吸わないで 私を好きなら火を消して
ひとみを閉じて やさしい夢を

b0100078_21402243.jpg

[PR]

by mokki_h | 2008-04-15 21:49 | 西田佐知子 | Comments(2)  

悲しい夢

b0100078_21284150.jpg
SDR-1452 日本グラモフォン 370円
A面 星のナイト・クラブ  B面 悲しい夢

つらい 涙をおさえ
今日もあなたに会ったけど
恋は 恋は 出来ないわ


 シングルのB面曲というのは、たいてい、その曲名も目立たぬようにどこかにひっそりと小さな字で書いてあったりして、「よろしければ、もしよろしければ、こちらも聴いてくださいな。あ、もちろん気が向いた時でけっこうですよ。」風な、おまけ若しくは添え物のような扱いを受けている気の毒な存在なわけですが、それでもテンプターズのオーママママ「おかあさん」のB面「秘密の合言葉」みたいに「A面もそこそこいいけど、こりゃB面の方が断然いいわぁ」いう場合が、たまにありますね。西田佐知子さんの1969年9月発売のシングル盤「星のナイト・クラブ」のB面「悲しい夢」もそんな一曲。ベースがドゥ〜ンドゥドゥ〜ンと抑え気味にビートを刻み、ギターがトテツチトテ〜ンと儚く鳴るGSっぽいサウンド。ぐっとくるメロディーに絡む上品で優しいストリングスもいいです。橋本淳さんの作詞、筒美京平さんの作・編曲。 いやと云えないわたし どうぞ怒らないでほしい 恋は 恋は 嘘つきよ。
[PR]

by mokki_h | 2007-09-12 21:31 | 西田佐知子 | Comments(4)  

一対一のブルース

b0100078_2352623.jpg
DJ-1251 日本グラモフォン 290円
A面 一対一のブルース  B面 夜が切ない

b0100078_23532263.jpg火と火を重ねりゃ 
めらめらと
胸の炎が 燃えあがる
一対一の恋をして
つらいさだめに 
泣いている
あたいはゼロの 
女さ 女さ


 西田佐知子さんのグラモフォン移籍後の初シングルとして1959年の11月に発売された「夜が切ない」と「一対一のブルース」をA面とB面を逆にして1962年に再発売された「一対一のブルース」です。もう、タイトルからしてかっこいいですね「一対一のブルース」。ブルースっていうだけで充分かっこいいですが、なんといっても「一対一」いうのがいい。タイトルに負けず、歌詞も曲もグッとくるほどかっこいいんですわ。「つらいさだめに泣いている」と西田さんが早口で喋るように歌うところもいいです。作詞は梅本たかしさん、作曲は望月弘さん。藤原秀行さんのドラマチックな編曲がこれまたいいのです。
[PR]

by mokki_h | 2007-07-30 23:59 | 西田佐知子 | Comments(5)  

どうなるの?

b0100078_2204887.jpg
DJ-1322 日本グラモフォン 290円
A面 故郷のように  B面 どうなるの?

b0100078_22214087.jpg
どうなるの 私
どうなるの 私たち
あんなに愛しあったのに
気も狂うほどだったのに
なぜか なぜか
瞳 そらす 二人


 1963年の3月に発売された西田佐知子さんのシングル盤「故郷のように」です。NHK-TV「夢であいましょう」より、とありますから、番組のなかで作られた曲なのでしょうね、たぶん。浅田飴の永六輔さんの作詞、中村八大さんの作・編曲による「故郷のように」は、思い込んだら試練の道を〜みたいなちょっと軍歌調のメロディーでそれなりに面白いものですが、それよりも同じ六八コンビの手になるB面「どうなるの?」のほうが断然いいですね。深い深い夜の底へと沈んでいくようなジャジーな世界。西田さんのけだるいボーカルがなんとも素晴らしいのです。演奏は宮間利之とニューハード。

ご購入はこちらでどうぞ
[PR]

by mokki_h | 2007-07-26 22:05 | 西田佐知子 | Comments(2)  

涙のかわくまで

b0100078_2181583.jpg

SDR-1317 日本グラモフォン 330円
A面 涙のかわくまで  B面 嘘は罪よ

ひきとめはしないけど 何もかも夢なのね
誰よりも愛してた あなたは憎いひと


 1967年12月27日発売の西田佐知子さんのシングル盤「涙のかわくまで」です。西田さんのけだるい歌声が最高にかっこいいビートナンバーです。ダックンダックンと盛り上がるサビもたまりません。作曲は宮川泰さん、作詞は塚田茂さん、編曲は森岡賢一郎さん。※オリコンチャートでの最高位は1968年3月4日付の第6位。B面はラテンタッチの「嘘は罪よ」。こちらもかなーりかっこいいです。水木かおるさんの作詞、小林亜星さんの作・編曲。

※イントロと終りのほうの間奏のギターは、水谷公生さんのスタジオ・ミュージシャンとしての最初の仕事だったそうです。


 ※同じ週の第1位は、伊東ゆかりさんのほほを濡らす「恋のしずく」、第2位 ザ・ダーツの好っき〜好っき〜「ケメ子の歌」、第3位 ビージーズのゴーインバックトゥ「マサチューセッツ」、第4位 フォークルの天国よいとこ一度はおいでませ「帰ってきたヨッパライ」、第5位 ブルコメの「こころの虹」、第7位 タイガースのオープリーズオープリーズ「君だけに愛を」、第8位 中村晃子さんの幸せが住むという「虹色の湖」、第9位 小川知子さんのゆうべのことはもう言わないで「ゆうべの秘密」、第10位 ザ・ジャイアンツの競作「ケメ子の唄」。以下、第11位にモンキーズの「デイドリーム」、第15位にビートルズのヘ〜ロヘロヘロ〜ッチャッチャ「ハロー・グッドバイ」、第18位には、もういっちょモンキーズ「モンキーズのテーマ」がランクインしています。
[PR]

by mokki_h | 2007-04-28 22:24 | 西田佐知子 | Comments(4)  

エリカの花散るとき

b0100078_20454757.jpg

KMG-2 協同企画・出版部 420円 
提供/日本グラモフォン 編集協力/週刊明星

b0100078_2050238.jpg 1964年に発売されたフォノシート・ブック『西田佐知子のすべて』です。33回転の青いソノシート(ここではフォノシート)4枚に収められているのは「エリカの花散るとき」「故郷のように」「アカシアの雨がやむとき」「泪がいっぱい」「死ぬまで一緒に」「10ルックスの灯」「愛の別れ」「夕日は沈まない」の8曲。挿し絵入りのそれぞれの歌詞ページに西田さんの数枚のポートレイト、そして興味深いインタビューで構成されています。

 すっきりと青く澄んだ空、風かおる五月のある日、東京・世田ヶ谷にある西田佐知子さんのお宅を訪問しました。昨年の夏に建てられたという、この瀟洒な新居はどことなくサっちんの人柄にピッタリという感じで郊外の住宅街に、ひっそりとつつましく建っています。

Q : このところ毎日お忙しくて家で一日中のんびりしてることは少ないのでしょう?
「ええ、今日も夕方からレコーディングがあるんですの。それでさっきまでレッスンをしていました。」
Q : 『エリカの花散るとき』ついで『東京ブルース』と、ずっとヒットが続いていますが、レコードの吹き込みのとき、西田さんは特にどんな点に一番気をつけるんですか?
「そう、一口に言うと、情感をこめて歌うということでしょうか。あたしの歌はブルースのものが多いでしょ。聴いてる人の心にジーンと訴えるものが強くないとダメだと思うの。だから、なによりも歌の内容に即して歌のイメージをはっきりさせて、それには何んというのかな、歌のハートをつかんで自分の気持ちが自然とそれに乗るようにしなくてはね・・これが一番難しいわ。例えばキング・コールの歌うのを聴いてると、ゾクゾクッと何かが胸に泌みこんでくるような気持ちになるでしょう。それは、キング・コールがどんな歌を歌っても自分流にこなしているということと、それから感情のこめ方が、繊細というのでしょうか、歌のすみずみまで神経がいきとどいているからだと思うの。あたし、いつもあんな風に歌えたらなぁと思うわ。」
Q : じっさいアクがつよいとか、ヘンに気取ったり飾ったりしないで、ごく自然にどんな歌でも自分で消化して歌いこなすというのは大へんでしょうね。
「ほんとにそう思います。でも、そういうのが本当の個性というんじゃないかしら。その点、エラ・フィッツジェラルドとかサラ・ボーンとか偉いと思います。ああいう歌手って最高に素晴らしいわぁ。」
Q : ところで最近のミュージカルの流行をどう思いますか。
「それじたいは無論よいことだと思うけど、ただ外国のものをこっちへ持ってきて木に竹をつぐようにしてミュージカル・ブームというのは、やはりヘンだし、ミュージカルなら何でもいいなんて意識があるとすれば、それはおかしいと思います。だけど本当に日本人のものになるような好い音楽や踊りで構成されるミュージカルだったらあたしもぜひやってみたいわ。」
Q : 話がちがうけど、あなたがゴキゲンななめというのはどんなとき?
「うーん。あたし、わりと朝寝坊なんです。だから早起きの日が何日も続いたりするとだんだん気嫌が悪くなっちゃうの。自分でもいけないなと思ってても、ついムスっとふくれたりして・・。母たちが手を焼いています。うふふ」
Q : つまり寝起きがわるいということ?
「そのかわり、寝つきはいいんです。」
Q : アカシアの雨にうたれて、このまま眠ってしまいたい〜ですか。
「ワァ、ひどい。」
b0100078_21598.jpg

[PR]

by mokki_h | 2007-03-15 21:17 | 西田佐知子 | Comments(0)  

アカシアの雨がやむとき

b0100078_19591226.jpg

DR-2006 日本グラモフォン 370円
A面 アカシアの雨がやむとき  B面 東京ブルース

 小さい頃一番好きだった歌というと私は西田佐知子さんの「アカシアの雨がやむとき」を真っ先に思い浮かべます。もっとも私がいつも聴かされていたのは西田さんの歌唱によるそれではなくて、ある時は風呂場から、ある時はトイレの中から、anytime anywhere 聴こえてきた(ちょっとばかり年の離れた)姉の歌うアカシアの雨にうたれて このまま死んでしまいたい〜でした。「うるさいっ!」と怒鳴られながらも西田さんになりきったつもりで情感をたっぷり込め(たぶん目をつむってみたり、陶酔の表情をつくってみたり、いろいろしていたものと思われます。想像ですが)練習に練習を重ねて、けっこう上手かった姉の歌が、いまでも私の耳の底に残っているんです。
b0100078_200657.jpg

DJ-1062 日本グラモフォン 290円
A面 アカシアの雨がやむとき  B面 夜霧のテレビ塔

 昭和歌謡史に燦然と輝く、水木かおるさん作詞、藤原秀行さん作・編曲の名曲「アカシアの雨がやむとき」が萩敏郎さん作詞・作曲の「夜霧のテレビ塔」とのカップリングで発売されたのは1960年、爆発的にヒットしたのは1962年のことです。「アカシアの雨がやむとき」と同様の、水木さんと藤原さんのコンビの作になる「東京ブルース」とのカップリングで再発されたDR-2006とはジャケットが違っていますが、西田さんの髪型やトレンチコート、袖口のチェックの柄、『第三の男』のラストシーンみたいな並木道などから、2枚の写真は、同じ場所で同じ時間に撮影されたものと思われます。どっちのジャケットも素敵ですが、どちらかというと西田さんの視線がこちらを向いている再発盤のDR-2006のほうがいいですね。
[PR]

by mokki_h | 2007-03-14 20:10 | 西田佐知子 | Comments(4)