西田佐知子恋を唄う

b0100078_20543317.jpg
SMR-3036 日本グラモフォン 1700円

バツグンの歌唱 ヒット曲に貫禄を示すサッちゃんのノド

b0100078_2130777.jpg 1969年に発売された西田佐知子さんのヒットソング・カヴァー・アルバム『西田佐知子恋を唄う』です。「前に歌った人のレコードは、つとめて聴かないことにして、私は私なりの”恋”を歌ってみました。歌詞の解釈とか、恋愛感情の表現のしかたは、人それぞれ違うから・・」と西田さんは仰ってます。すべての編曲は早川博二さん、演奏はポリドール・オーケストラ。


b0100078_21323730.jpgA-1 知りすぎたのね
ロス・インディオスの1968年のヒット曲。作詞・作曲は、なかにし礼さん。
知りすぎたのね あまりに私を
知りすぎたのね 私のすべて



A-2 恋心
エンリコ・マシアスさん作曲、パスカル・ブランクさん作詞のシャンソン。菅原洋一さんは、なかにし礼さんの訳詞で歌われていましたが、西田さんは永田文夫さんの訳詞で。
恋は不思議ね 消えたはずの灰の中から
何故に燃える ときめく心 せつない胸



b0100078_21331144.jpgA-3 ゆうべの秘密
小川知子さんの1968年の大ヒット曲。作詞はタマイチコさん、作曲は中洲朗さん。
ゆうべのことは もう聞かないで
あなたにあげた わたしの秘密




A-4 ウナ・セラ・ディ東京
ザ・ピーナッツのヒット曲。マヒナ・スターズのバージョンも大ヒット。岩谷時子さんの作詞、宮川泰先生の作曲です。
哀しいことも ないのに なぜか 涙がにじむ
ウナ・セラ・ディ東京 あぁ


A-5 命かれても
森進一さんの1968年のヒット曲。鳥井実さんの作詞、彩木雅夫さんの作曲。こういったディープな演歌も西田さんが歌われると、やはりひと味違います。
惚れて振られた おんなの心
あんたなんかにゃ わかるまい


A-6 銀座ブルース
和田弘とマヒナ・スターズのヒット曲。ジャジーなアレンジでサラリと歌う西田さんのかっこいいことっていったらないですわぁ☆
たそがれゆく銀座 いとしい街よ
恋の灯つく銀座 夢買う街よ



b0100078_21432843.jpgB-1 恋の季節
御存知ピンキーとキラーズの1968年の秋から冬にかけてのウルトラ・ヒットナンバー。ショーケンも映画『涙のあとで微笑みを』の中で、かーっこよく歌っておりました。
夜明けのコーヒー ふたりで飲もうと
あの人が言った 恋の季節よ




b0100078_2138135.jpgB-2 知りたくないの
菅原洋一さんのヒットで知られる、なかにし礼さんの訳詞によるカントリー・ナンバー。「過去のことなんかどうだっていいじゃないの、いまの二人が愛しあってさえいれば、なんて気持ち、すごくわかるような気がするわ」
あなたの過去など 知りたくないの
済んでしまったことは 仕方ないじゃないの




b0100078_21384781.jpgB-3 恋のしずく
伊東ゆかりさんの大ヒット曲。安井かずみさんの作詞、平尾昌晃さんの作曲。伊東ゆかりさんの純愛ムードもいいですが、西田さんの大人の恋の味、これがまたいいのですわ。
肩をぬらす 恋のしずく
濡れたままでいいの このまま歩きたい



B-4 青い月夜
奥村チヨさんの1968年のヒット曲。橋本淳さんの作詞、井上忠夫さんの作曲。西田さんはこういったGSタイプのナンバーも得意なのです。「青い青い月夜のくちづけを」のひとりコーラスがじつに美しい☆
霧にまかれた あなたの窓辺
ともる灯りが とてもいとしい


B-5 
ペギー葉山さんの”爪を噛む癖”をヒントに平岡精二さんがペギーさんのために作詞・作曲されたという和製シャンソンの傑作。
二人暮らしたアパート 一人一人で出て行くの
すんだ事なの今はもう とても綺麗な夢なのよ


B-6 ベッドで煙草を吸わないで
大人気お色気アクション・ドラマ『プレイガール』でも広く知られる女優、沢たまきさんの大人のムードたっぷりの1966年のヒット曲。岩谷時子さんの作詞、いずみたくさんの作曲。
ベッドで煙草を吸わないで 私を好きなら火を消して
ひとみを閉じて やさしい夢を

b0100078_21402243.jpg

[PR]

by mokki_h | 2008-04-15 21:49 | 西田佐知子 | Comments(2)  

Commented by Nob at 2008-04-16 19:31 x
うわ! やっぱり綺麗ですわ~ 
当時は歌が上手くてこれだけの美人は少なかったですよね。
一番聴いてみたいのは、「ベッドで煙草を・・・」かな。 
やはり大人の女性のイメージ♪
ところで、「銀座ブルース」のオリジナルは松尾和子さんでしたっけ?
カラオケで歌いたいのですが、なかなかデュエット相手がいないです(笑)
Commented by mokki_h at 2008-04-16 23:16
こんばんは、Nobさん!
いいですよね西田佐知子さん☆やせっぽち美人度は浅丘ルリ子さんと双璧でしたね。内ジャケットにこのアルバムを録音された時のインタビューが載っているんですが、前に比べていくらか太ったんじゃない?と聞かれて「前より5キロ増えました。それでも42キロなんですよ」なんておっしゃってます。
そうそう、「銀座ブルース」のオリジナルは松尾和子さん&マヒナスターズだと思いますよ。では「ベッドで煙草を吸わないで」と「銀座ブルース」のセットで承りますね☆(西田さんの「銀座ブルース」はこのアルバムの白眉ですわ。ぜひ聴いてみてくだされ!)

<< 煙草のけむり 美しすぎて >>