黒いねこ面

b0100078_20195999.jpg
秋田書店 270円
黒いねこ面 P.5〜217  赤い服の少女 P.218〜241

b0100078_20212442.jpg楳図かずおさんの大長編怪奇コミックス黒いねこ面』です。暑い暑い夏の夜には、やっぱり怖〜い漫画が似合いますね。『黒いねこ面』は有名な『怪猫伝』を元にしたお話で、始めの50ページほどは、「竹庵、まちくたびれたぞ!ゴホンゴホン 今日もまた何かおもしろい話をせい」「まずはお薬を調合いたします」パラパラ「できたか。ふん、いつも苦いばかりで全然効き目がないわ!たまには効き目のある薬をつくれい」ゴホンゴホン ゴホン ジューッ「あっ」「と、殿っ!」「三太夫!この残りをそこの魚バチに入れてみい」ザーッ(ブクブク・・)「おのれっ竹庵 余に毒を盛ろうとしたなっ」「お待ち下さい!手違いです!薬を間違えましたっ」「いうなっ!誰に指図されたのじゃ!」ニャ〜ゴ「あっ。おのれっ、怪しいネコめ」ギャ〜ッ チリーン「おお!その鈴の音は・・クロ!」「ぬぬっ。おのれ竹庵、きさまがそのネコをはなったなっ。ええい、思い知れっ」バサッ「うっ」バタッ「ものども竹庵の妻子をひっとらえいっ!」と江戸時代のエピソードがあり、b0100078_20222177.jpgやがて時はながれ、コチコチコチ ボ〜ンボ〜ン「二時か・・おそい」ゴーッ ぴかっ バタン「生れたか」「は、はい。柴田先生・・じつは」「はっきりしろ、男か女かどっちだ」「ネコです・・」「なに!」バタン 「あっ」ニャ〜ゴ と続くわけですが、お話に出てくる赤ちゃんの名前が、大傑作『のろいの館』の主人公、赤ん坊少女「タマミちゃん」と同じく、またまた「たまみちゃん」なのですよ、これが。楳図さんは「たまみちゃん」いう名前が殊の外お気に入りだったんですね。
[PR]

by mokki_h | 2007-08-12 20:51 | 楳図かずお | Comments(6)  

Commented by 月本夏海 at 2007-08-13 08:04 x
そう言えば、楳図先生はタマミちゃん好きですよね。
面ものでは、たしか少年マガジンに連載された『肉面』も恐ろしゅうございました。
Commented by mokki_h at 2007-08-13 08:27
おはようございます、月本夏海さん!
おぉ、月本さんも覚えておいででしたか『肉面』。あれは怖かったですねぇ、私は小さい頃に、床屋さんで順番を待っている時、これを読んだんです、たしか。面ものではないのですが、やはり少年マガジンに載っていた『半魚人』も印象に残っておりますわ。
Commented by s-345mama369 at 2007-08-13 09:33
キャッ♪黒い猫面!!
す・て・き♪♪♪
このころの楳図作品、大好きです!!
猫だから・・・たま・・・んで、たまみ・・・・でしょうか?

あと、あたしの大好きな作品に、『笑い仮面』がありますけど、覚えてみえますか?
蟻・・ですよ、蟻・・・。
Commented by mokki_h at 2007-08-13 10:16
おはようございます、345mamaさん!
たまみちゃん、というとじつは私、玉美ちゃんという好きな子がおりましたんですよ、昔。玉美ちゃんはジュリーのファンでしたわ。

『笑い仮面』ですか、うーん残念ながら覚えておりませぬ。蟻、蟻、蟻。蟻が出てくるんですね?蟻、蟻、うーむ、やっぱり思い出せません。
Commented by 月本夏海 at 2007-08-13 14:57 x
朝方、すこし雨が降って今日は涼しいと思ったのも束の間、またもや超暑い!これじゃ、やる気おきましぇーん。
ところで、「半魚人」で思いだしましたが、楳図作品の絵で何が怖いって、口をがばって開けたときに何となく上下がつながっている部分がある!!ことですわ。
Commented by mokki_h at 2007-08-13 15:52
暑いdis暑いdis!あっついので西瓜をしゃかしゃか食べましたが、まだ暑いdis〜。口をがばって開けたときの、鍾乳洞みたいなあれ、ですね?私もあれがたいそう怖いと感じますわ。

<< 友達よ泣くんじゃない 友部正人 >>