太陽に愛されたい

b0100078_20593915.jpg

BS-1530 キングレコード 500円
A面 太陽に愛されたい  B面 地球を抱きしめよう

愛されたい もいちど 太陽に〜

b0100078_2113394.jpg 紅一点ピンキーのソロ転向で、新たにラブリーズ(小林美也子さんと江口佐枝子さんのお2人)をリードヴォーカルに加え、グループ名にニューがついてニュー・キラーズと改めて、1972年5月20日に発売されたのが「太陽に愛されたい」です。ルイス高野さんのディンディンいうベースが復活して大暴れしております。ちらちらっと入る、ジョージ浜野さんのちょっとブライアン・オーガーみたいなグルーヴィーなオルガンもじつにかっこいい。サンシャイン その手を前に出しビバビバ いま胸を弾ませのところがちょっとあららら〜ですが、ラブリーズの素人っぽい歌もこれはこれで新鮮でいいもんです。作・編曲は、いずみたくさん。
b0100078_19314383.jpg
b0100078_10135415.jpg
BS-1542 キングレコード 500円
A面 熱風  B面 禁じられた愛の行方   

 5日後の1972年5月25日には、ソロになったピンキーのセカンド・シングル「熱風」が発売されています。ダダダダと下がってくるディストーション・ギターに爽快なブラスセクションが被ってくるイントロのアレンジは、シカゴの「長い夜」を思わせます。余裕たっぷりのピンキーの歌に、ゴージャスで完璧なオールスターズ・レオンの演奏。これぞプロフェッショナル。作詞は山口あかりさん、作・編曲は鈴木邦彦さん。
[PR]

by mokki_h | 2006-12-04 21:09 | ピンキーとキラーズ | Comments(0)  

<< 噛みつきたい ロック天国 >>