愛の休日

b0100078_15573025.jpg

ECPA47 CBS・ソニー 400円
A面 愛の休日 HPLIDAYS(3分20秒)
B面 愛の物語 NOS, MOTS D'AMOUR(3分15秒)

 This is ポルナレフさん、です。おもちゃのようなサングラスにプードルのような頭、同時期のT・レックスやデビッド・ボウイなどのグラムロックに対抗したのでしょうか、見た目では充分勝ってます、たぶん。「愛の休日」は当時のキャッチコピー「ロックとロマンの出逢い」にふさわしい、とてもロマンチックな曲です。オリコンチャートの最高位は6位、26万枚の売り上げと「シェリーに口づけ」と並ぶ大ヒットを記録し、ポルナレフさんの代名詞となりました。B面の「愛の物語」も、ポルナレフさんならではの素敵なメロディと甘い歌声が聞けます。こういったロマンチックなムードの曲には、やたらと「愛のなんとか」といった邦題がつけられていますが、ちょっと前に流行した「冬のソナタ」のオリジナル版には、「白い恋人たち」や「ダンシング・クィーン」などと一緒に、ポルナレフさんの「愛のコレクション」が(インストですが)、チュンサンのお母さんの「カン・ミヒのテーマ」として効果的に使われておりました。

ホリデイズ オォ ホリデイズ セラビョ〜ン キド ソンデシェ〜ル
[PR]

by mokki_h | 2006-07-22 16:06 | ミッシェル・ポルナレフ | Comments(4)  

Commented by sayako-c at 2007-05-08 22:54
TBありがとうございます^^
なんかこのポルナレフさん、すごいですねぇ・・・。人形みたいです^^;
本当にロマンチックな曲ですよね。
Commented by mokki_h at 2007-05-08 23:55
ポルナレフさんのサングラス、冗談みたいで面白いですよね。コスチュームもラメラメのきらきらしたやつだったりして、なんとも派手でヘンでした。「渚の想い出」とか「哀しみの終わるとき」なんかもロマンチックでなかなかよいですよ。
Commented by Nob at 2007-07-17 22:31 x
わ! 憶えてますよ~ このジャケット。 ゴージャスですよね(笑)
そうそう、「哀しみの終わるとき」 も好きでしたが、いろいろ聴いていると曲と題名がゴチャゴチャになってきます(笑)
Commented by mokki_h at 2007-07-17 23:22
「哀しみの終わるとき」もよかったですね。映画の主題歌でしたかね?カトリーヌ・ドヌーブさんか誰かさんの主演だったでしょうか。映画は見ていないんですが、青っぽいレコード・ジャケットにドヌーブさんが写っていました、たぶん。男のひとはマストロヤンニさんでした。そういえば何年か前の『タモリ倶楽部』で「哀しみの終わるとき」が効果的にバックに流れる、中村れい子さんとタモリの短いメロドラマ風の面白可笑しいコーナーがあったのを覚えております。

<< 愛の伝説 愛の願い >>