la poupee qui fait non

b0100078_2013494.jpg

EP1024 おフランス ディスクAZ 1966年
A 1. LA POUPEE QUI FAIT NON(ノンノン人形) 2. CHERE VERONIQUE(僕のベロニック)
B 1. BEATNIK(ビートニク) 2. BALLADE POUR TOI(恋人に捧ぐバラッド)

 ミッシェル・ポルナレフといえば、あのへんてこりんなサングラスとモサモサ頭の独特の風貌で一世を風靡しましたね。このレコードのポルナレフさんは、まだサングラスをかけていなくて、髪型もオーソドックスな好青年という感じです。デビュー曲の「ノンノン人形」は、ジミー・ペイジさんがセッション・マンとしてレコーディングに参加しているらしいですが、あまりパっとしません。A面2曲めの「僕のベロニック」は、まるっとバディ・ホリーですが、これがじつに楽しいのです。びよ〜んと鳴るギターや変わった音色のピアノも面白いです。「恋人に捧ぐバラッド」は’吟遊詩人ポルナレフ’といった風情の朴訥としたナンバー。かっこいいです。


[PR]

by mokki_h | 2006-07-18 20:30 | ミッシェル・ポルナレフ | Comments(2)  

Commented by saya at 2006-07-18 20:39 x
おー、ミッシェル・ポルナレフですね(#^O^#)
サングラスとモサモサ頭なんですね。サングラスの大きさは、「オー・プリティー・ウーマン」でお馴染みのロイ・オービソンくらいかと思いきや、そうでもないみたいですねぇ。
さて、ポルナレフといえば「シェリーに口づけ」ですけども、とあるサイトで聞いた「ホリデイ」もなかなか良かったです。
Commented by mokki_h at 2006-07-18 21:26
全盛期のポルナレフさんのサングラスは、大きさもなかなかのもんでしたが、デザインがなんともあれなんですねぇ。白いプラスチック(セルロイドかもしれません)の四角いフレームに黒いレンズ、です。「愛の休日(ホリデイズ)」や「愛の伝説」の頃は、これです!今週はポルナレフでいきますね♪ホリデイズ オ〜 ホリデイズ セラビョン キドゥなんとか〜

<< AME CALINE レットキス >>