こんばんわ

b0100078_21385643.jpg
7A0266 キャニオン・レコード 700円 
A面 こんばんわ  B面 強い風はいつも
 
こんばんわ 久しぶりね どうにか無事でいるようね
どうしたの 知らん人を見るような眼をしてさ


 1983年の3月1日に再発売された中島みゆき様のシングル盤「こんばんわ」です。1976年の3月25日にシングル第3弾として発売された時のタイトルは「こんばん」ではなくて「こんばん」でした(※見本盤として放送局等に配布された非売品シングル盤のタイトルだけが「こんばんは」であり、通常盤はすでに「こんばんわ」に変更されていたという説が有力です、はい)。ジャケットだけでなく、裏の歌詞カードのタイトルも歌詞本文も、楽譜のとこも、もちろんレーベル面もすべて、徹底的に「こんばんは」から「こんばんわ」に変えられているわけですが、これ、最初の「こんばんは」のほうがしっくり来ますわ。「こんばんわ」とか「こんにちわ」の「わ」っていうのが「は」よりもなーんか馬鹿っぽくていや、みゆき様が「こんばんは」は間違いで「こんばんわ」と書くのが正しいのよ、なんて強く主張されるならば、「あー、やっぱりそうですよねぇ、発音はKONBANWAなのだから『わ』が正解です、うんうん。『わ』は『わ』、そして『は』は『は』、もうあったりまえですね。はいはい簡単なことです、えーえー。『は』だったらこれKONBANHAですもんね、ね。はっはっは、こりゃ可笑しい。おー、しかもこれは半透明のカラーレコードじゃないですか。限定盤なんですか?おぉ、そうなんですか。そいつは目出度いですなぁ、しかもみどり色のみどりちゃんなんて、さっすがのおセンスざんす☆いやぁめでためでたで二度目出度い!あっはっは、あっはっは」などとどーでもいいわけのわからん調子のいいことをたぶん言ってはみるのだろうけれど、それでもやっぱり私は「こんばんは」を選ぶ。
b0100078_2155429.jpg
b0100078_22103156.jpg
b0100078_22105717.jpg

[PR]

by mokki_h | 2009-01-29 22:15 | 中島みゆき | Comments(8)  

Commented by (Y) at 2009-01-30 00:16 x
「わんばんこ! 鶴光でおま!」の場合には、やっぱり「こんばんわ」でなくてはなりませんよね。「はんばんこ!」では何のことか分かりませんから(笑)。ということで、僕は「こんばんわ」に一票を入れます。緑の盤面も奇麗だし。
Commented by mokki_h at 2009-01-30 06:29
おはようございます、(Y) さん!
みゆき様がこの「こんばんは」初回見本盤を大慌てで回収された、という話はまったく聞いたこともないのですが、おそらく数百枚あるいはひょっとして数十枚程度作られただけの非常にレアなものではないのだろうか?きっとそうに違いない、と(いう淡い期待を込めつつ)勝手に決めつけております。みどり色の半透明レコードはホントgoodですよね☆
Commented by (Y) at 2009-01-31 15:53 x
良く見たらテスト盤のジャケットにはAARD-VARKとしか表記されていませんね。反対に正規盤にはポニーキャニオンのロゴのみが入っています。なかなかナゾが秘められた盤のようですね(考え過ぎか?)。
Commented by mokki_h at 2009-01-31 16:55
こんにちは、(Y)さん!
えーとですね、この写真では雪に隠れてちょっと見辛いのですが、再発盤はポニーキャニオンのロゴの上に 7A0026 AARD-VARK STEREO ¥700 という表記が、見本盤はAARD-VARKのマークの上に AV-79 STEREO ¥500 の表記があります。見本盤ジャケットの裏の歌詞カードの下のところには、A.D.:古田泰穂 デザイン:岩田昭弘 イラスト:中地智 と書いてありますが、再発盤では中地さんのお名前のみしか書いてありません。そして、見本盤には演奏時間が3分10秒と誤表記(再発盤の4分10秒が正しい数字です)してあります。
Commented by (Y) at 2009-01-31 23:33 x
こんばんは、いや「こんばんわ」でしょうか(笑)。詳細な情報ありがとうございました。なるほど、ポニーキャニオンは再発なわけですか。僕は見本盤が正規盤になった時に発売元が変わったのかと勘違いしました。よく考えれば、ポニーとキャニオンが一緒になったのは80年代半ばあたりですものね。時代的なことを考えればすぐ分かりそうなことでした。失礼致しました。
Commented by mokki_h at 2009-02-01 00:02
はいこんばんは、(Y)さん!
【AARD-VARK】(アードバークって読むんでしょうか?)はキャニオンさんのヤマハ系といいますかポプコン系の人専門のレーベルという分類でいいと思います。それで、このAARD-VARKつながりで、本日は綺麗な歌声が魅力の中沢京子さんの「待ちわびて」でいってみました。
Commented by John at 2009-02-02 00:22 x
mokkiさんこちらでもまいど~(^^)/

おいらも初期のみゆきさんのシングルはほとんど持ってるんですが、買ったのがかなり遅い時期なのでラベルはPC(ポニーキャニオン)仕様だし、当然ながらタイトルは「わ」です(^-^;

だけど黒盤とカラー盤の両方は持ってます
実はカラー盤は「アザミ嬢のララバイ」~「あの娘」までの14枚をセットにした『CRYSTAL RAINBOW SINGLE COLLECTION』という形で7色×2のシングルをダブって持ってるんです
ノーマル盤は「ひとり」「孤独の肖像」「あたいの夏休み」「見返り美人」まであるんですけどね(^^ゞ

おいらもこんにち「は」・こんばん「は」派ですよ~
だってこっちが本来の意味を持ってますもんね(^^♪
Commented by mokki_h at 2009-02-02 21:38
こちらでもこんばんは、Johnさん!
あー、やはり「こんばんは」でなくて「こんばんわ」でしたか。じつは、この「こんばんわ」盤の前に「こんばんは」をここで紹介させていただいた折(今から2年ほど前です)、「こんばんは」が「こんばんわ」と改訂されて世に出ていることをまったく知らないで、「みゆきさんが『こんばんは』という時には『わ』でなくて『は』を使っておられるのだからこの場合は『こんばんは』が正しい云々、といった風なことを書きましたらば、ある方から「タイトルは『こんばんは』でなくて『こんばんわ』でしたよ」というお言葉をいただき、あれ?そうなのか、そういうことだったのか。というわけで、この『こんばんわ』盤をいただいたという次第なのでございます。

<< 待ちわびて ふたりは奇跡の中で >>